戻る - 参加 

まえすとろ日記へようこそ!

2005/9/22 (Thu)  再び今日から泊まりの仕事......。

今週に入って特に涼しくなり、秋を感じさせる日々が続いている。
ありがたいことに相変わらず忙しい。
今日は昼間事務所で仕事をし、午後から1泊2日のブラスの指導に出かける。明日夜、大宮に戻り、再びその足で山形へ。

昨年の「第九」の指導に続き、今年も山形へ数多く行き来している。
10月8日に山形県長井市でブラスの演奏会を指揮させていただく。
そのプログラムは、お馴染み『A.リードの名曲の数々』
多くの吹奏楽の演奏会や、コンクールにアレンジものが多い中
「せっかく吹奏楽の演奏会なんだからオリジナルの曲がやりたい!」
そんな中、企画したプログラムであったが......、

先日(9月17日)に作曲家リード博士が亡くなった......。

軍楽隊のイメージしかなかった当時の私を含め日本の聴衆に、
吹奏楽独特の美しい響きと、ブラスならではの劇的な音楽表現、そしてロマンチックな旋律の数々、それらを、吹奏楽の素晴らしさを教えてくれた偉大なる作曲家であった。
そのリード博士の名曲の数々を今回は....と考えていたが、
本当に悲しいことに(結果的に)追悼の演奏会になってしまった。

今日まで私の元に沢山の音楽家から、そのニュースと追悼の思いがメール等で寄せられきたが、今日も、ある(熱烈なリードフアンの)吹奏楽指導者から演奏会の激励と、リード死去の悲しみの気持ちのメールをいただいた。

悲しみと追悼の気持ちで、毎日演奏会にむけてリード博士の残したスコアを勉強している。
リード博士の偉業を改めて感じながら......。
                              合掌

右上写真は下記のホームページのものです
http://www.api-inc.co.jp/REED/reedFRAME.html
2005/9/21 (Wed)  夏休み終了!!

暗譜ができない......。
毎夜、譜面と睨めっこしているものの、今月末で44歳になる私の頭のハードディスクの容量が満杯で、思うように勉強が進まない。
パソコンに向かっても、時間が惜しく、メールをチェックするのが精一杯で、この日記も未だ夏休みの旅日記。だが、それも今日で完結する。

子供たちも、そして私達も大いに遊んだ夏休みであった。
お盆明けでパーク内は混雑していたものの、それも楽しさのうち。
また、ドサクサ紛れに予約したホテル(ここでは実名をだすが)‘ホテルエミオン東京ベイ’も本当にいいホテルであった。
シティーホテルには珍しく大浴場があり、今年6月オープンということもあり、すべての設備が新しく使いやすかった。
ホテル内にコンビニもあり、自販機などの価格も一般のホテルに比べ安く、また、何より部屋の(ユニットバスではない独立した)風呂が広く、入りながら夜景も楽しめ、大いにくつろげた。
パークから少し距離があることと(もちろん直通バスは出ているが)
ベットがシングル仕様であることを除いては、本当に素晴らしいホテルであった。
(一応、モニターとしての割引での宿泊であったので、ホテルのPRも兼ねて....)

旅とは本当にいい。
演奏会や演劇などもそうだが、1ヶ月以上たった今でも、こうして思い出話ができ、いつまでもその楽しさ、思い出は、子供達を含め心に残っている。
こうして家族で出かけられるのも、あと5,6年であろうが、それができる今、思い出作りをたくさんしておきたい。
ほとんどの土、日曜日が(仕事で)家にいないこの仕事だけに、
子供達と過ごす、この旅に時間を大切にしよう。

『また、皆で行こうね!しばらくは“成田止まり”だけどね......』
2005/9/16 (Fri)  成田で止まらなかった...??

自宅に帰り子供たちも疲れて寝静まった夜、その旅の続きは始まった。
奥さんの携帯に届いた1通のメール......。
「明日から、ディズニーランドにいけません
 か?2dayパスポートが大人2枚、子供1枚
 あります。」
子供と夏休みにディズニーランドへ行こうと計画していた友達の家族からのメール。
残念ながら子供が熱を出してしまい、旅行が中止に。ホテルはキャンセルしたものの、チケットだけがもらい手がなく、何件か経由して我が家へ。

「どうする?子供は疲れているし、明日から
 だなんて、それも二日連続...」と私。
「でも、家にいたってきっと暇をもてあますだろうし、それなら昼間は静かに
 家で過ごし、明日夕方から出かけて、明後日の昼までなら...」と、奥さん......。
「それにしても、どこかホテルなんて、まずとれないし、それに高いし...」
そんな会話の中、とりあえずインターネットで探すこと一時間。
『あった、ホテルE・T・B!!モニタープラン、通常料金の35%引き』

そんなこんなで、次の日の夜、家族4人はディズニーシーへ...。
何と遊んだ夏休みだろう!10数年ぶりの1週間とはいえ、いくらもらったチケットとはいえ、我ながら全くあきれる。でも、ちょっと嬉しい。

我が家の夏休みは『成田で止まらなかった......!!』
2005/9/12 (Mon)  成田止まり......最終話

家族と沢山の時間過ごし、たくさんおしゃべりし、本当に楽しい旅行であった。

一緒に、乗馬や体験教室(アイスクリーム作り)に参加できたことで、改めて子供の成長を感じ、また、ホテルのベットではしゃぐ子供たちを見て、同時に無邪気さも(娘二人とも初日に就寝中、転落をしたが...笑)、
私にたくさんの‘姿と顔’を見せてくれた。
奥さんも、日頃の(両親には大変世話になっているものの)仕事と(母子家庭状態)の母親とのストレスも、この旅行でリフレッシュできた様子。
「旅行」とは多少贅沢な響きにきこえるが、食事をしたり洋服を着ることと同様、私が泊まりが多く不在な我が家にとっては、大切な、なくてはならない時間のように感じた。

最終日は、ホテルで旅行最後の朝食を、楽しかった思い出話をしながらゆっくりとひとときを過ごし、その後航空博物館にでかけ(残念ながら夢中なのは親だけであったが)たくさんの飛行機を見て、また空港に行き、各国のお土産を、祖父母や、普段子供たちがお世話になっている近所の方に買って、(まるで海外旅行したかのように…中国、オーストラリア、オーストリア、ドイツ等のお土産を購入)そして帰路についた。

本当に楽しい4日間だった。
「あと2日夏休みは残っているものの、ゆっくり体を休めよう。」
そんな話をその夜、旅行につかれた娘達が寝静まってから話していたのだが.........

実は、これだけで夏休みは終わらなかったのだ....!?
2005/9/9 (Fri)  成田止まり......その8

ゴルフで一汗流した後は、念願のバーベキュー。
ところが、このバーベキューだけが旅行の中で唯一の失敗。
まず娘が「串に刺さっていな〜い!!」と憤慨した。その通りなのだ、これは鉄板焼。看板に偽りあり!!また、味も......(コメントを控えさせていただきます)
まあ何とかお腹を満たし、気分直しに自転車を。そこにはユニークな様々な自転車があり、子供ならず大人も(私も)魅了した。
「ねえ、パパと一緒に乗ろう!」との誘いに、見事にあっさりふられ、姉妹仲良く乗車。
その姿に、嬉しくもあり、悲しくもあり。

明日は最終日。
楽しかった「成田止まり」も最終話をむかえる。
2005/9/8 (Thu)  成田止まり......その7

アイスクリームに舌鼓をうった一行は、
パターゴルフに向う。

私の父が週に二回やっているグランドゴルフに刺激されたのか、意外にも娘からの提案であった。
(娘たちは「じいちゃん!頑張って〜!!」と
 大声で応援してから保育園に行くのが
 日課である)

(クラブが長くて少々やりにくいものの)
さすがよくそのプレイする姿を見ているだけあってなかなか...
その姿は真剣そのもの、汗びっしょりになりながら懸命にやっている。
その子供たちに刺激され、全く大人げなく闘志むき出しなママとパパ。

7番ホール…パー3
『まえすとろパパ、見事にホールインワン!!!!』
娘たちとママの大喝采を背にポツリと思う....。

『あ〜ぁ、またこんなところで大切な‘運’を使ってしまった......』
2005/9/7 (Wed)  成田止まり......その6

「成田止まり…第3日目」は、初日に続き‘成田ゆめ牧場’
前回来た時に、まだまだやり残したことがあったので、今回はホテルで早めに朝食済ませ、園内で催されるイベントの時間に間に合うように大急ぎで張り切って出かけた。
その催し物のうちの一つ、
「冷蔵庫を使わないアイスクリーム作り」

アイスクリームの材料をシェーカーのようなものに入れ、それを氷を詰めたプラスチックの筒状の入れ物に入れ、とにかくただひたすら振る(10分間)。
子供も親もかなり必死で「キャッキャ!!」いいながら、アイスクリーム作りをする。初めての子供と一緒の体験教室。
「こんな事ができる年齢になったんだな〜」と改めて娘達の成長に感激!!
どの家族よりも騒がしく、大盛り上がりで楽しんだ。

できたアイスクリームを一口......。思わず娘と顔を見合す。
『おいしいね〜っ!!』
手作りの楽しさを改めて実感する。
2005/9/2 (Fri)  旅日記、一時中断.

昨日9月1日は、下の娘の誕生日だった。娘のリクエストで、今年は不二家で誕生日。大急ぎで仕事から帰り、早速それに家族全員で応えた。

4年前....父の入院も重なり、出産を私の実家で迎えた。上の娘同様、今回も立ち会い出産。
さすがに二回目ということもあり、今回は(多少)余裕....。
当日は土曜日だったものの、めずらしく仕事がなく、朝からのママの様子に意外と冷静に対処できた。
午前9時過ぎ、病院へ家族全員で向う。(上の娘にも、どうしてもその場にいさせたかった)
その時が近づく。前回同様‘割烹着’のような白衣に着替えスタンバイ。上の娘も多少緊張ぎみ...。
母が状況を察して「まだまだ時間がかかるから、近くのコンビニで‘おにぎり’でも買いに行こう」と娘を連れ出してくれる。その直後であった。分娩室から声がかかる。

埼玉県でも大きい病院であるが、その日は私たちだけ。ガランとした部屋で、いよいよお産を迎える準備.....。
『大丈夫....陣痛の間隔が短くなってきたね....
 はい、ゆっくり呼吸をして、ハ〜、ハ〜、ヒ〜フ〜ッ』
「お父さん、お上手ですね!」と看護婦さんから褒められるほど、
前回、「お父さん、汗を拭いて!」の指示に、
自分の汗を拭いてしまった時とは、えらい違い.....汚名返上である。

その後、お産が始まり、母も、生まれる子も苦しんだものの“安産”。
20分ほどで、その天使の産声が響き渡った。
(何にも知らないで、おにぎりの入ったコンビニの袋を下げて帰ってきた
 母が、その様子に驚いたほど...!!!)
短時間な出産とはいえ、子供にへその緒が絡まっており、
また、産道も細く、一時は帝王切開も考えたほどであったことを
助産婦さんから訊かせられ、改めて奥さんと医師団と生まれた子供に感謝。
ビニール袋に入った、まだ少し温かな‘へその緒’を私と娘と母で、
いたわるように皆の手の中に包んだ。

家族皆に迎えられた“その子”
本当に妹らしく、甘えん坊で、そして要領よく、陽気で元気に、
昨日4回目の誕生日を迎えた。

これからの健やかな成長を願って.....。
みんなから、愛されて.........。おめでとう!!!


まえすとろは、今日より再び山形です。
体調が思わしくなくちょっぴり心配ですが、頑張ってきます!
「行ってきま〜す!!!」
2005/9/1 (Thu)  成田止まり......その5

先週より再び泊まりの仕事が続き、日記が滞ってしまった。
再び“旅日記”続編である。

「成田止まり…第2日目」は‘酒々井ちびっ子天国’である。
何てことはない。野外プールである。
‘流れるプール’と‘波のプール’などがあるだけの、何もわざわざ旅行に来てまで行くような所ではなかったものの、娘達はとても楽しみにしており、親もそのリクエストに付き合わされた。

宅急便でホテルに送った大きな浮き輪を持ちこみ、流れるプールに漂う。
「ああ!空が青い!!」
周りにはビルひとつなく「旅行に来たんだ」改めてそんな気分になった。
上の娘は、最近保育園で‘蹴伸び’を覚えたらしく、臨時コーチのパパのアドバイスに真剣に耳を傾け、その指示に大きくうなづき、何度も挑戦し、その距離を着実に伸ばしている。
人からは、忍耐強いといわれている私でさえあきれてしまうほど、本当に根気強い。

「習い事をするのは、きっとこのタイミング(時期)なんだろうな.....」
そんな事を思いながら、娘との楽しいひと時を過ごす。
子育てというアルバムの貴重な1ページが記すことができた。

その夜は、体中が日に焼けヒリヒリして痛かった。
十数年ぶりに、背中の皮を剥いた。

(プール内の写真を撮影することができず、右上の写真は、
 航空博物館より見た成田空港の様子)
2005/8/26 (Fri)  成田止まり......その4

夕方、ホテルに帰りプールに入り大満足のママと娘達。
お腹がちょうどすいたところで食事をとる。
「いくらバイキングと言っても、ホテル内であの安い値段だから」と大して期待もしていなかったのだが、これがなかなか美味しい!!
牧場の余韻もあり、子供たちはデザートのソフトクリームを見つけ再び頬張る......。
(まず〜ぃ!牧場に付加価値のソフトクリームだったのに.....)慌てて、
「あさっても牧場いくんだよネ!」と子供達に確認!!

夜、いつもより早い時間に子供たちはぐっすり眠りにつく。
ホテルの窓から空港の夜景も美しく(ちょっとムードもよく)
「ママ、夜景がきれいだよ...?」と声をかけると、
何と、返事の代わりに静かな寝息が......。

「あれあれ、子供と一緒に、もう寝てしまった...。
 ママも今日まで、私が殆ど泊まりの仕事が多く、
  本当に疲れていたんだね。お疲れさまね......。」


まえすとろは今日(26日)より、再び山形へ仕事です。
『いってきま〜す!!』
2005/8/24 (Wed)  成田止まり......その3

成田駅からJR成田線で二つめの滑川駅より、送迎バスで15分。
そこに「成田ゆめ牧場」はあった。
正直、大して期待していなかった。
牧場なんて、だだっ広いだけで、臭くて...。
過去に(牧場へ)行った経験のある娘たちも同意見であったが「せっかくだから」と
半ば強制的にきた‘ゆめ牧場’であったが...。

『ヨカッタ!!!』

園内に入ると、オルゴールのBGMがなんとも心地よく、風もさわやかで、何より(トイレも含め)牧場内が大変キレイであった。
牛や、馬、ヤギ、モルモットなどの小動物
などと触れ合うことはもちろんのこと、釣り堀、パターゴルフ、体験教室、
スプリンクラー遊び、乗馬など、広い牧場ならではの遊びが満載であった。
中でも、子供たちが夢中だったのが‘芝滑り’
昔はどこにでもできたこの遊び、今では都会はその場所もなく、
こんな行楽地でも行かないとできないのは少々悲しいが、
それでも子供の遊び心は今も昔も同じ。
『キャッ!キャ!』言いながら汗びっしょりになり何度も何度も楽しんでいた。
また、園内にはたくさんの花や木々があり、栗の木を見つけては騒ぎ、
松ぼっくりを見つけてははしゃぎ、黄色い蝶を見つけては走り回り、
自然と戯れた、貴重で楽しい時間であった。

帰りには、お待ちかねのソフトクリーム、
「また来ようね!!」と誘うと、
『ウン!!!!』
『してやったり....』のまえすとろパパであった。
(最後にソフトクリームなんて、きわめて計画的だったな.....)

一行は二日後に、再びここに来ることになる。     …つづく
2005/8/23 (Tue)  成田止まり......その2

昨日で1週間の長かった(でも短かった)オフも終わり、今日から現場復帰した。1週間続けてのオフは本当に10年ぶりくらいで、とる前は仕事柄大変不安だったものの、旅行に出かけてからは大いに楽しみ、昨晩カレンダーを見てふと現実に戻り、また、朝方は早速リハーサルをしている夢を見てしまい、休暇気分など既にふっ飛んでしまった。(本当に悲しい性分である)
とにかく、大いに遊んだ分、今日から(夢のような最悪のリハーサルにならぬよう)猛勉強をしようと思う。

旅行1日目
朝、6時30分時に娘たちに起こされた。二人とも興奮している。
出発は10時過ぎなので、せめて8時まで寝てようと当て込んで昨晩遅くまで勉強をしていたのだが、そんなこちらの都合もお構いなし。
枕元で『起きて!おきて!!』の大合唱。うるさくもあり、嬉しくもあり。
それでも二時間ほど事務所で所用を済ませ、10時過ぎに出発する。
日暮里から京成スカイライナーで成田第二ターミナルへ....。
そのままタクシーでホテルに入る。
我が家は現在、六畳の(和室)部屋で‘川の字’で寝ているため、上の娘はホテルのベットに憧れている。
特に下の娘は添い寝なのでベットは心配なのであるが、今回は娘のリクエストに応え洋室。
早速、お決まりのベットでのトランポリン。
本当に嬉しそう。
しばらく休憩した後に、一行は‘成田ゆめ牧場’に向う......。
2005/8/20 (Sat)  成田止まり その1

「意外にも」なんていったら、JTBと成田市に失礼であるが、本当に楽しい旅行であった。
娘達も、大満足であった!!
再び、この日記に記していきたい。
「親馬鹿」と読者に言われようと、
「自己満足の日記」になろうとも...。

但し、23日から.....。
まえすとろは、あと二日間『オフ』です。
2005/8/17 (Wed)  夏休み、満喫!!

いよいよ今日から、3泊4日の『成田旅行』
大学の同僚から「成田止まり」と称されたものの、
JTBの職員(店員)には、『いいところに目をつけましたねぇ〜!!』と賞賛されたこの旅行。
一時は、人並みに‘グアム’か‘サイパン’(もはや国内旅行と同じ価格)とも考えたのだが、子供が小さいし....ということもあり、それなら温泉....『うげ〜ぇ、高い〜!!』

この時期の(子供が喜ぶような)行楽地の温泉は、1泊25000円以上....。
できれば3泊はしたいし....それで、目に止まったのが、この“成田”。
ホテルも、二食付きで、12500円とな....。早速、JTBの評価の高い、
また、(子供のための雨天の場合の)室内プールが完備してある、
“ホテルH・T”を予約して、今日から出かける。
今回はパソコンも譜面(スコア)も持っていかない、仕事を忘れての旅行。
先日荷物を宅急便で送り、持ち物は財布と携帯と、
それに友達がメールで送ってくれた、雑誌よりも詳しい本人作成の
‘成田の観光案内’を片手に出かける。

昨晩は、近くの‘今流行りの大衆温泉に娘二人と出かけ(写真)
夏休み気分も最高潮!!
10時過ぎに出発というのに、6時30分には娘たちに起こされた。
7月から、ビーター(旅)が多く、パパがいない日々が続いたから、
ここでうんと娘たちと遊んでやるか!!!

『行ってきま〜す!!』

(まえすとろ日記は、筆者留守のため20日までお休みです)
2005/8/14 (Sun)  成田止まり.....?

一昨日、職場(大学)の飲み会での会話....。

「酒井さん、今年夏休みは?」
『聞いてよ!今年は16日から22日まで、1週間の夏休みを敢行するんだ!!』
一般の企業にとっては当たり前の夏休みであるが、我々指揮者にとっては、1週間夏休みをとるなんて、極めて珍しく、かなり思いきったことなのである。
「へぇ!思いきりましたね....どこかご旅行でも?」
『うん、京成スカイライナーで成田まで行って....』
「いいなぁ〜、それでどちらへ...?」
『うん、成田!』
「それで....?」
『だから、成田!!』
「えっ?成田止まりですか??」

そうなんです、17日から3泊4日で成田に家族旅行に出かけます。
明日一日働くと、10年ぶりの“1週間連続”の夏休み!
『やった〜〜っ!!』
2005/8/9 (Tue)  電車で移動中です.....。

格好よく、新幹線の車内でパソコンを開き、日記を更新している。
なかなか電波の状況が悪く、上手く次の駅に停車した時に、アップしようと思っているので、いつになることか.....。

先日の山形は暑かった。埼玉もムッとする暑さだが、山形も暑い...。
美味しいものを飲み、食べてきた分、全部、練習の(指揮っをする)汗で出してきてしまった....。
今日は昼間、吹奏楽の指導で、これから東京に帰って、夜はドイツから帰国中のT氏(G大の卒業生で現在留学中)と久しぶりに会う。
「よ〜し!指揮で出した汗分....今日は、飲むぞ〜っ!!!」

(写真は、山形県上空の入道雲…新幹線車内から撮影)
2005/8/5 (Fri)  頑張る、パパ!!

8月3日
事務所を出たあと大学に寄り、上野での新幹線に乗るまでの20分待ちの時間で、予定通り(前回日記参照)10分床屋に飛び込み髪を切り、新幹線にて移動。
吹奏楽指導をしその日はホテルへ泊まり昨日は、再び吹奏楽の指導をし、18:26の新幹線で蕨に帰り、コインロッカーに荷物を預け、娘たちと駅で待ち合わせ、蕨の七夕(蕨では機祭りちいう)見学。
大はしゃぎの子供たち(家族)と一晩過ごし、今日から再び、一団体吹奏楽を指導した後、新幹線を乗り継いで山形へ2泊の仕事.....。
おかげで、5Kg減量(?)に成功....。

『今日も頑張れ!パパ!!....ふ〜〜っ.....』
2005/8/3 (Wed)  時間のない中、日記を記している

事務所に寄り、パソコンでメールをチェックする傍ら、SakaiMusicWorldのHPの管理者であるI氏のホームページの日記を見るのが、私のささやかな楽しみだ。公開のものとはいえ、人の日記を読むのは楽しい。
おこった出来事、今考えている事、不平不満など、
微笑ましく記されており、時にはパソコンの前で
大笑いしてしまい、「読み手とは、こんなに楽しいものなのか...」と、
ある意味、毎日記せない自分を反省してしまった。
そんな訳で、今日はたいしたネタがあるわけでないのであるが、こうしてキーボードをうっている。

今日は午前中事務所により花に水やりをし、仕事を済ませ、これから大学に行く。
できれば途中、今流行りの10分間床屋にでもよって髪をきりたい。
(とにかく今は、時間がおしい...)
その後、泊まり(1泊)で明日までブラスの指導に出かけ、
明後日から、山形へ2泊の出張...。

あと2週間....「頑張れまえすとろ!!」
(まえすとろは8月16日から22日まで、7日間の長期休暇を‘敢行’する)


(写真は、私の仕事部屋のドア、在室時にはこの‘さかい’の青い札が
 かかる。なんと、この札の製作者はI氏の奥様です)
2005/8/1 (Mon)  夏本番!!

もうこの文字を書くのも、また読むのもウンザリだが、
『相変わらず、忙しい!!』

今の時期はコンクール指導の真っ最中。私が、この時期仕事にしている吹奏楽コンクール(大会)は、7月半ばから始まり、その開催時期は北から南下しており、今はちょうど関東圏。ここ1週間は‘みずすまし’の様に、関東のあちらこちらをチョロチョロと動いている。今日は久しぶりに川口(事務所)に帰ってきており、これから、こちらもコンクール(川口LILIAピアノフェスティバルの本選)にむけての指導。しかし午後からは、また電車にのって.....。
『あ〜あ、早く事務所で落ち着いて仕事したい......。』
2005/7/20 (Wed)  もらっちゃった!!

私はどうも機械との相性が悪い。それほど雑な使い方をしていないのだが、買う電子機器にどうゆうわけか恵まれず、故障が多い。このパソコンも3年前に購入して使用しているのだが、ハードディスクの調子が悪いようで、画面に線が入るようになり(常にバックアップをとり)いつもヒヤヒヤしている。
そんな中、先日、このパソコンと一緒に買ったプリンタが壊れた。
昨日、新らしいものを買いにいったのだが、どれも値段も高く、二の足を踏んでいたところ.....トランペットの友人K氏から、
『家にあるものでよかったら』という驚きの一言....。
プリンタをいただいてしまった。
最近、いろいろとストレスもあり、また、ついていなかっただけに、本当に嬉しい。

『やった〜っ!!』
2005/7/15 (Fri)  ちょっと油断すると、すぐに....。

ちょっと油断すると、すぐに時間が過ぎてしまう。
相変わらず忙しい日が続く。先週の週末から山形県に泊まりで仕事。
今週に入ってもレッスンやコーラス、(コンクール前の)ブラスの指導に明け暮れ、今日も午前中事務所により、これから大学に寄って、そして14:0の上野発で再び2泊でブラスの指導へ。
一応、パソコンは持参していくものの、指導する譜面と、第九の譜面、そして今度の本番の譜面と、勉強しなくてはならないスコアが鞄にぎっしりつまっているので、日記を書く時間があるかどうか....。

とりあえず出ていく前に、慌ててこの日記を記している。
『いってきま〜す!!』

(写真は、山形県赤湯駅にある獅子)
2005/7/11 (Mon)  出会い。

『また!?親馬鹿!!』と言われてしまうが.....
「音楽を(苦労するから)やらせない!」と常々家族にいっている私だが、正直、娘の歌の上手さにはひそかに感心している。小さい頃から可愛らしい声で、きれいに歌っていた。
ところが最近、NHKの天才テレビくんという番組を見るようになってから、その歌声はクラシック指揮者の父を満足させるものではなくなってしまった。番組の中でもいろいろな歌が歌われているが、その出演者の少年、少女たちのような(今風の)歌い方(発声)をまねをしているのか、娘の天使のような歌声は、影をひそめてしまった。

娘の保育園では、幸い、担任の先生がピアノが上手なようで、
そのためか、他の先生以上に音楽(歌)をしてくれているようである。
娘と一緒にお風呂に入ると、必ず今日の成果を披露してくれる。
その歌われる歌も最近のものだけではなく、昔からある
「アイスクリームの歌…♪おとぎ話の王子でも、昔はとても食べられない、
 アイスクリーム〜♪」などを歌ってくれた時には、
思わず嬉しくなって、お風呂で合唱してしまった。
そして、先日は.....

「♪昔、泣き虫神様が、朝焼け見て泣いて、夕焼け見てないて、
 真っ赤な涙がポロ〜ン、ポロ〜ン♪」と、
なつかしのヒットナンバーを歌いだしたのだ。
6歳の子供が歌うには正直、むずかしい曲だと思うが、以外にも上手に.....。

『娘の発声がなおっていた!!!』

なるほど、むずかしい歌の中に、
♪ドミソ、ドミソド、シラファミレ、レレレミレラ、レレ、
 レレレミレラ、ドド、
 ミミミ、ミミミミ、ラ〜ミ、
 ファファファ、ファファファファ、シ〜ファ.....♪
まさに、ソルフェージュの課題だ。
現代の童謡のように歌詞が面白く、旋律が楽しく、美しく...
でも、それだけでない。
きちんと、子供が、素直な発声で歌えるように、
そして、その歌を歌うことできちんとした音程感が身につくように、
....ちゃんと考えて作られているのだ。

感心した!!!

ピアノ伴奏も、むずかしいが、とてもオシャレで、ユーモラスである。
その証拠に、娘は歌と同様に前奏も後奏も(気に入っているとみえて)必ず歌う。

保育園の先生が、私の娘の美しい歌声を返してくれた。
本当に、いい出会いをさせてもらった。
その出会いと、先生の日頃の熱心な教育に、また感謝した。
2005/7/3 (Sun)  新幹線の小旅行 その2

いよいよ7月か....。
ホームページの管理を担当していただいているI氏の粋な計らいで、音楽も‘たなばた’に....。季節感あふれるトップページになった。
7月になり、ようやく大学の激務から解放されたと思ったら吹奏楽コンクールシーズン。7月、8月と、土、日は愚か、全く休みが取れない日が続くそんなスケジュールの合間、一昨日のオフを利用して、娘二人と‘新幹線の旅 その2’に出かけた。

前回に続き、大宮から東京までと、軽い気持ちで出かけていったものの「せっかくだから、反対の方角へ足を延ばして...」と、那須塩原「りんどう湖ファミリー牧場」への日帰りの旅となってしまった。なんとも、計画性のない旅行であったが、思わぬパパとの旅に娘たちは大はしゃぎ!
ワイワイと親子3人で出かけてきた。(ママはお仕事でした)

りんどう湖は人工の湖で、今の季節は田植えシーズン。
水かさもなく湖の底が見え、あまり美しい状態とはいえなかったが、
梅雨の季節の中、お天気だけは上々で、天気同様、とても楽しめた。
娘たちと馬に餌をやり、牛に触れ、庭の竹馬にトライして、
アイスクリームを頬張る。
忙しかった6月から夏にかけて、いいインターバルになり、
私にとっても有意義な一日となった。

いつもなら、昼寝をせず、歩き疲れ不機嫌になる下の娘も、
『楽しかった!!また、行きたいね!!!』と上機嫌。
上の娘は、私の財布の中身を知ってか知らぬか、
『今日はお土産はママだけね!』と、
どちらも親孝行な、本当にいい子でした。