演奏会の概要指揮・指導・ソリスト管弦楽合唱練習合唱団員1次募集練習予定事務局通信

合唱団員2次募集リンク集栄「第九」へホームへ


指揮者 指導者 ソリスト



横島勝人(指揮)

大阪生まれ。9歳よりピアノを始める。
大阪音楽大学在学中より指揮活動を開始、同大学卒業後も1990年まで高槻市音楽団の常任指揮者を務める。
1990年ウィーン留学、その後ウィーン国立音楽大学指揮科に入学。同大学教授、レオポルド・ハーガー、ペーター・
シュヴァルツ、同大学助教授、湯浅勇治の各氏に師事。
1990年ウィーンマイスタークラス指揮セミナー、1996年ハンガリー国立セゲド交響楽団主催セミナーにてユリウス・カ
ルマー、エルヴィン・アッチェルの各氏に師事。ディプロマを取得、演奏会指揮者にも選ばれる。
1998年、オランダで行われたキリル・コンドラシン国際指揮者コンクールにてベスト8に選ばれ、1999年には、ウィーン
樂友協会ホールでのトーンキュンストラー交響楽団との演奏会においてベートーヴェン交響曲第9番を指揮、大成功を
おさめウィーンデビューを飾る。
2001年、ウィーン郊外アイゼンシュタットのエスターハーズィー城内ハイドンザールにて、ハイドンのオラトリオ”天地創造”
を指揮する。
2003年にはプラハの春音楽祭のメイン会場であるスメタナホールにて、プラハ放送交響楽団を指揮、好評を博し、地元の音楽関係者からも絶賛される。
2000年より小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトI、II、III、においてアシスタント及び合唱指揮を務める。



小島聖史(こじまきよし)(合唱指導、バリトンソロ) 

東京学芸大、及び東京芸術大学卒、同大学院オペラ科及び文化庁オペラ研修所第6期生修了。
第26回日伊声楽コンコルソ第2位入賞。文化庁派遣芸術家在外研修員として、ドイツ、ブレーメンに留学。
中村義春、伊藤亘行、木下武久、栗林義信、小松英典、クルト・モル、ユリア・ハマリの各氏に師事。
芸大学部在学時より「メサイア」をはじめ、多くの宗教曲や「第九」等にソリストとして出演。
オペラでも、大学院在学時、芸大オペラ定期公演モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」のタイトル・ロールをつとめて以来、二
期会を中心に、日生劇場、新国立劇場等で、数多くの舞台にソリストとして出演。存在感のある歌と演技で定評がある。
合唱指導でも多くの合唱団から、わかりやすくユニークな発声指導が支持されている。
ウイーン楽友協会ホール、ハンガリーやドイツのブレーメンでの「第九」アイゼンシュタット(オーストリア)エステルハージー宮
殿「天地創造」、ハンガリー国立歌劇場でのモーツアルト「レクイエム」公演、プラハ、スメタナ・ホールでのドヴォルザーク
「スタバト・マーテル」公演ではソリストのみならず合唱指揮もつとめ高い評価を得た。
現在、東京音楽大学声楽科講師、二期会会員。


湯川 晃(テノールソロ)

神奈川県横須賀市出身。神奈川県立逗子高等学校卒業。東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院修了。
二期会オペラスタジオ第39期マスタークラス修了。1999年11月より2001年10月まで文化庁在外派遣研修員として
ニューヨークへ留学。
 芸大在学時に同大学の「メサイア」公演のテノールソリストとして出演。1994年、横浜市栄区の区民オペラにてビ
ゼー「カルメン」のドン・ホセ役でオペラデビュー。
 「コジ・ファン・トゥッテ」フェランド、「魔笛」タミーノ、「椿姫」アルフレード、「蝶々夫人」ピンカートン、ブリテン「ピータ
ー・グライムス」牧師、他多数のオペラに出演。新国立劇場、びわ湖ホール柿落とし公演に参加。また、サイトウ・キ
ネン・フェスティバル、小澤征爾のオペラ塾のオペラ公演でカバーを勤める。
 コンサートでは、ベートーヴェン「交響曲第9番」、ヘンデル「メサイア」ほか、宗教曲のソリストも数多く歌う。
二期会会員、日本声楽アカデミー会員、東京室内歌劇場会員。
今後は9月によこすか芸術劇場でモーツァルト「戴冠ミサ」でテノールのソロ、鎌倉鴎林洞でジョイントリサイタル、11
月に藤沢市民オペラ「天国と地獄」、来年1月には東京室内歌劇場35期106回定期公演「卒塔婆小町」「女の平和」
に出演予定。



安達さおり(ソプラノソロ)

東京音楽大学卒業.同大学研究科オペラコース修了. 1989年〜90年イタリアに留学。1992年〜93年には文化庁
芸術家在外研修員として再度イタリアに留学。成田絵智子、カルラ・ヴァンニーニ、ロジッタ・エリー、S・C・コロンボの
諸氏に師事。1987年第23回日伊声楽コンコルソ第1位。
第58回日本音楽コンクール声楽部門 第3位。第2回カーテ
ィア・リチャレッリ国際コンクール第3位。ロッシーニ国際オペラコンコルソ入選。第6回グローバル東敦子賞受賞。
  1988年ニューイヤー藤原オペラ・コンサートで演奏活動をはじめ、同年「マクベス」の幻影で、藤原歌劇団にデビ
ュー。藤原歌劇団ではその後、「ドン・カルロ」天の声、「東洋のイタリア女」クスンキアに出演。

 1989〜1990年イタリア留学。1992〜1993年には文化庁芸術家在外研修員として再度イタリアに留学。
 NHK新人洋楽オーデション合格。第56回読売新人演奏会、東京文化会館推薦音楽会に出演。日本オペラ協会
には1994年「キジムナー時を翔る」フミオでデビューし、「死神」「魔笛」「コシ・ファン・トゥッテ」「椿姫」「ボエーム」「こ
うもり」等に出演。

 ペルゴレージ及びドヴォルザーク「スタバト・マテール」、プーランク及びヴィヴァルディ「グローリア」、ヘンデル「メサ
イヤ」、バッハ「ロ短調ミサ」、モーツアルト「レクイエム」「雀のミサ」、ベートーヴェン「第九」、オルフ「カルミナ・ブラーナ
」等のソロに出演。又、NHKニューイヤーオペラコンサートにも出演。

 海外ではイタリア、イギリス、オランダ、ギリシャにて演奏会に出演。
 藤原歌劇団団員. 東京音楽大学非常勤講師.


河野めぐみ(メゾソプラノソロ)

東京藝術大学大学院オペラ科修了。
リクルートスカラーシップ生として95年末より1年半ミラノへ留学。
96年ブッセート市にてヴェルディの声国際声楽コンクール優勝。
渡航前より藤原歌劇団公演「ルチア」「マクベス」「アルジェのイタリア女」等に出演し留学後も同国公演の他新国立
劇場での公演や文化庁芸術体験劇場公演などに出演を重ねている。
藤原歌劇団団員。


飯田裕之合唱指導

東京藝術大学音楽部声楽科卒業。多田羅迪夫、森晶彦、畑中更予の各氏に師事。小田原少年少女合
唱隊に
10年間所属し桑原妙子氏に指導を受ける。作家の林望氏や、作曲家青島広志氏と共に全国的
なコンサート活動を展開。多くのオペラ出演の他、オペレッタやオペラ風歌曲集なども手がける。
また、宗教曲のバス・バリトンソリストとしても活躍中。

アンサンブルEi指揮者、江戸川オペラ協会合唱団練習指導者、江戸川区少年少女合唱団指導者、埼玉県立
芸術総合高校非常勤講師。


田川理穂(合唱指導・ピアノ)

国立音楽大学声楽科卒業声楽をシルヴェストロ・サンマリターノ氏に師事。ピアノを今野信子、
根上倫子両氏に師事。師であるシルヴェストロ氏やミラノスカラザ管弦楽団常任指揮者のダニエル
・パチッテイ氏らと共に<新しいオペラのかたち>を求めて活動している。ピアノの分野では、オ
ペラや歌曲の伴奏者としてシルヴェストロ氏のもとで研修を積む。
TVCMの音楽制作や教会のオルガニスト、合唱団の指揮、ピアニストとして活躍中。



田中久美(ピアノ)


田中初芽(ピアノ)


栄少年少女合唱団
指導陣児童合唱指導)


栄「第九」へ   ↑UP  ホームへ