「COM 40年目の終刊号」の読者による感想です。
*
★愚羅崑★
ネット検索でCOM終刊号の発売を知り購入しました。目次を見て嫌な予感がして、ぱらぱらめくって
みたらみやわき作品で目が点になりました。その違和感に何じゃこりゃという感じでがっかり。
気をとりなおして火の鳥、ジュン、フーテンと読むうちにやっとCOMを買ったんだという気分に
なりましたが、描き下ろしとはいえ矢代まさこ、樹村みのり、もとやま礼子、芥真木、村野守美の
諸先生方はエッセイで作品は無し。岡田史子や宮谷一彦の作品やぐら・こんの入選作等も読めるのかと
期待していましたが、ほぼ半分が回想録と座談会と資料で漫画雑誌としてのCOMの読者だった者に
とってはストレスが溜まる一冊でした。ノスタルジアや裏話より現在は読む事が困難になっている
COM執筆作家たちの漫画作品をもっと載せて欲しかったという思いが強く残りました。COM全冊を保存
しているような人には総括的資料として価値があるのかもしれませんが、COMの読者だった人たちの
ほとんどは40年経った現在COMは手元に無いのではと想像します。色々事情はあったんだろうとは
思いますが、そういう読者たちに対する配慮が少し欠けているように感じました。COM全冊の復刻は
難しいかもしれませんがCOMの作家を集めたような作品集は出せないのでしょうか。出版が無理なら
ネットでとか素人考えですが何とか実現して欲しいと切望します。
*
★山口 透★
朝日新聞で紹介されているのを見て購入しました。
『火の鳥』COM版が掲載されているということが最大の魅力でしたが、COM編集者の方々の裏話
(といっていいでしょうか)が予想以上に興味深く楽しませていただきました。
私はまったくのリアルタイム世代ではないので特に新鮮に感じたのかもしれません。
COMに掲載された漫画の勢い、斬新さ、面白さ、そしてCOMの漫画史における意義を踏まえて、
このような企画が今後もされ(続けられるというのはぜいたくでしょうか)ることを(後発)ファンとして
待ち望んでおります。
*
★ヤマダうす紫★
COM終刊号が出る事を知らなくて、書店で見つけてビックリしました。
創刊号から全部読み直したくなりました。ああっ、COM処分するんじゃなかったぁ!!!
*
★田舎の風★
友人からCOM終刊号の話を聞き慌てて書店に注文して手に入れました。
「火の鳥」「ジュン」「フーテン」と来て、みやわきさんの作品でコケました。
他の作品はなかったのでしょうか。未発表作らしいので、みやわきファンにとっては
貴重な作品なのかもしれませんがCOM愛読者だった僕には再録の方がうれしかったです。
矢代さん達のコミックエッセイは興味深く読みましたが、できれば作品も併せて掲載してほしかった。
村野さんの「言葉のない部屋」は単行本にもなっていなかったと思うので読みたかった。
編集者の方達の回想録や座談会と「ぐら・こん」関連の裏話も面白く読みましたが、
もっと漫画作品が読みたかった。特に「ぐら・こん」入選作が紹介だけというのも淋しいかったです。
現在もCOMを全部持っている人には問題無いかもしれませんが、僕は家庭を持った頃に
泣く泣く捨ててしまったので、終刊号の読後感は「もっと漫画を」という気分でした。
*
*


「ぐら・こん」ホームページでは「COM終刊号」についての感想を募集しています。
掲示板では年月と共に流れて行ってしまったり、まとめて読めなかったりしますので、
読者の皆さんの感想や御意見等をこちらで読めるようにしたいと考えています。
長文・短文、一言コメントや「つぶやき」も可、実名は勿論ペンネームでの投稿でも結構です。
また、編者である霜月たかなかさんからの返答・回答もお願いする予定です。

以下のアドレスまでご連絡下さい。沢山の方の参加をお待ちしています。

dairy_kawaraban-gracom@yahoo.co.jp

「ぐら・こん」運営委員会
*
☆本サイトに掲載された画像・文章等すべての素材の無断転載・転用・引用は禁止します。/「ぐら・こん」運営委員会