日本初の官製幼稚園唱歌集




2005 7        齋藤基彦



幼稚園唱歌集の中表紙。

『幼稚園唱歌集 全』は 1887(明治 20)年 12月に文部省音楽取調掛(現在の東京芸術大学)によって出版された、幼稚園児のための唱歌集である。版型は 12.6 cm x 18.6 cm と小型で和装の冊子である。以下にその緒言と全曲目の楽譜および歌詞を示した。作詞者・作曲者の名前は入っていないが、先人の研究によって判明しているものは注記した。

幼稚園児のための唱歌としては、これより前 1877年に東京女子師範学校(御茶ノ水大学の前身)の依頼を受けて式部寮雅楽課の伶人達が作曲した『保育唱歌』約百曲があるが、手書きのままで出版はされなかった。また『幼稚園唱歌集』の出版の直前 1887 3月に、『幼稚唱歌集』が真鍋定造編集で大阪の普通社から出版されている。しかし、不思議なことに 内容は文部省のものと大幅に重複している。真鍋定造は関西の人なのに、どのような経緯で文部省のソースを手にいれたのかは今のところ不明である。

読み下しにあったては、旧字体は対応する新字体に直した。変体仮名は現行の標準書体に直した。ただし、ゝ(ひらがなの繰り返し記号)、廿(二十の和字)は残した。複字の繰り返し記号は繰り返して表記した。歌詞には適宜振り仮名が付いているが省略した。




武村耕靄 (1852-1915)(1890)「幼稚保育図」部分(御茶ノ水大学蔵)
唱歌を習う女高師附属幼稚園の園児たち.




幼稚園唱歌集 全

文部省音楽取調掛編纂(文部省編輯局、 1887 12月)



幼稚園唱歌集緒言


一 本編ハ、児童ノ、始メテ幼稚園ニ入リ、他人ト交遊スルコトヲ習フニ当リテ、嬉戯唱和ノ際、自ラ幼徳ヲ涵養シ、幼智ヲ開発センガ為ニ、用フベキ歌曲ヲ纂輯シタルモノナリ。

一 唱歌ハ、自然幼稚ノ性情ヲ養ヒ、其発声ノ節度ニ慣レシムルヲ要スルモノナレバ、殊ニ幼稚園ニ欠ク可ラズ。諸種ノ園戯ノ如キモ、亦音楽ノ力ヲ仮ルニ非ラザレバ、十分ノ効ヲ奏スルコト能ハザルモノナリ。

一 幼稚園ノ唱歌ハ、殊ニ拍子ト調子トニ注意セザル可ラズ。拍子ノ、緩徐ニ失スルトキハ、活発爽快ノ精神ヲ損シ、調子ノ高低、其度ヲ失スルトキハ、啻ニ音声ノ発達ヲ害スルノミナラズ、幼稚ノ性情ニ厭悪ヲ醸シ、其開暢ヲ妨グル恐レアリ。故ニ本編ノ歌曲ハ、其撰定ニアタリ、特ニ此等ノ要旨ニ注意セリ。

一 幼稚園ニ、筝、胡弓、若クハ洋琴、風琴、ノ如キ楽器ヲ備ヘテ、幼稚ノ唱歌ニ協奏スルヲ要ス。是レ楽器ニヨリテ、唱和ノ勢力ヲ増シ、深ク幼心ヲ感動セシムルノ力アルヲ以テナリ。

明治十六年七月




幼稚園唱歌集目次

(曲目の番号付けは原本では単に一(ひとつ)としてあるだけだが、便宜のため番号をふった。)


第一  心は猛く
第二  蝶々
第三  進め進め
第四  霞か雲か
第五  学べよ
第六  にはつ鳥
第七  友どち
第八  子供子供
第九  若駒
第十  大原女
第十一 川瀬の千鳥
第十二 竹むら
第十三 雨露
第十四 冬の空
第十五 花さく春
第十六 やよ花桜
第十七 燕
第十八 真直に立てよ
第十九 我大君
第廿  ここなる門
第廿一 うづまく水
第廿二 環
第廿三 毬
第廿四 兄弟妹
第廿五 操練
第廿六 風ぐるま
第廿七 蜜蜂
第廿八 一羽の鳥
第廿九 数へ歌
    
参考



第一 心は猛く
一 こゝろはたけく。きはつよく。
  うたがひなくて。よくまなべ。
  であえることに。うごかぬ人を。
  ますらをとしも。いふぞかし。
二 ちからもつよく。いさましく。
  おくれずすゝめ。こどもらよ。
  であへる敵に。おそれぬひとを。
  ものゝふとしも。いふぞかし。

伊沢修二自筆原稿によると、里見義作詞、 Lowell Mason 作曲 "Try again".
[遠藤: 112,138

Asa Fritz, "Exercise Song Book" (Boston: Higgins and Bradley, 1856) p. 27:
'The Crier's Song'; Geo. F. Root, "The Silver Lute" (Chicago: Root & Cady, 1862)
p. 151: 'Temperance Rallying Song'; Geo. F. Root, "National School Singer" (New
York: A.S. Barnes & Company, Publishers, 1875) p. 107: 'Try Again (Temperance)'

などがある.表題は異なるが,歌詞は共通する部分 'Don't despair (my little lad;
my gallant lad), Try, try, try again'
を含む[桜井:私信 2011. 02. 11

この曲は "Would You Be As Angels Are" という別歌詞とも組み合わされた(Horace
Waters, "The Sabbath-School Bell" Enlarged ed. (Philadelphia: Presbyterian
Board of Publication, 1859) p. 16
など).作曲者名のない楽譜が多いが, Wm. B.
Bradbury, "The Singing Book for Boys' and Girls' Meetings" (New York: Ivison &
Phinney, 1854), p. 145: "Sing His Praise" ('Would you be as angels are?')
には
L. Mason の作曲と書かれている.ただし,Lowell Mason の 原曲は未確認で,
初出歌集・歌詞などは不明.[桜井:私信 2012. 09. 14

Lowell Mason, "Little Songs for Little Singers" (Boston: Perkins & Marvin, 1840),
p. 49: "Try Again" (
歌詞:'Tis a lesson you should heed,/ Try, Try, Try again) として
収録されている.歌詞は既存のものだが,作曲者名が付いていない.
スコットランド民謡の "Duncan Gray" にリズムと旋律の一部が類似しているので,
Lowell Mason が着想を得て作曲したものかもしれない.[桜井: 2013. 01. 26/ 29; 02. 03]




Lowell Mason (1792 - 1872)





第二曲『蝶々』の歌詞

第二 蝶々
一 てふてふてふてふ。菜のはにとまれ。
  なのはにあいたら。桜にとまれ。
  桜のはなの。さかゆるみよに。
  とまれよあそべ。あそべよとまれ。
二 おきよおきよ。ねぐらのすずめ。
  朝日のひかりの。さしこぬさきに。
  ねぐらをいでて。こずゑにとまり。
  あそべよすずめ。うたへよすずめ。

一番野村秋足、二番稲垣千頴作詞。『小学唱歌集 初篇』第十七曲ハ長調を移
した。原曲はドイツ民謡で 1710 年頃成立し、歌詞は "Fahret hin, fahret hin"
(1807), "Alles neu macht der Mai" (1829/1818), "Hänschen klein ging allein"
など
が有名。アメリカでは表題 "Boat song" で歌詞は "Lightly row! Lightly row!
O'er the glassy waves we go, etc."
として知られる。
詳しくは 『小学唱歌集』第十七 蝶々 の註を参照されたい。


曲は例えば
Kinderlied - Hanschen klein.wmv
http://www.youtube.com/watch?v=-2FTnexTccU

日本語では
ちょうちょう  よいこの童謡(第一集)
http://www.youtube.com/watch?v=4svS8Y-PDi4





第三 進め進め
一 すすめすすめ。あしとくすすめ。
  とまれとまれ。いちどにとまれ。
  とまるもゆくも。教えのまゝに。
  たつもゐるも。をしへのまゝに。
  咲花も。鳴鳥も。面白き花園や。
  すすめすすめ。あしとくすすめ。
二 まなべまなべ。つとめてまなべ。
  ならへならへ。たゆまずならへ。
  まなびのみちを。たえせずならへ。
  よむもかくも。をしへのまゝに。
  読むふみも。書もじも。面白き初学(うひまな)び。
  まなべまなべ。つとめてまなべ。

伊沢修二自筆原稿によると、加部厳夫作詞、作曲者不明とある。 アメリカでは
"Children go to and fro" の歌詞で知られる。[遠藤: 111,138,214

"Children Go, To And Fro" Lowell Mason and G.J. Webb, "The Juvenile Singing
School" ([1837], 1839) pp. 76-77
などに掲載。 J.P. McCaskey, "Franklin Square
Song Collection" no. 1 (New York: Harper & Brothers,1881) p. 58
の表題は "Follow
Me, Full of Glee"
だが歌詞は同じ。 [金田一・安西: 56-57] はもともとフランス
の民謡と言うが、 フランス曲の表題・歌詞・出典等は不明[桜井]
現在日本では『舌きり雀』[雀々お宿はどこだ]として知られる。


Ferdinand Dulcken 編曲(1879) を参考にした midi
ChildrenGoToAndFro.mid

日本語歌唱は
雀のお宿 (唱歌)
http://www.youtube.com/watch?v=_4e_LkRltD8





第四 霞か雲か
一 かすみか雲か。はた雪か。
  とばかりにほふ。その花ざかり。
  もゝとりさへも。うたふなり。
二 かすみは花を。へだつれど。
  へだてぬ友と。来てみるばかり。
  うれしきことは。よにもなし。
三 霞みてそれと。みえねども。
  なく鶯に。さそはれつゝも。
  いつしか来ぬる。花のかげ。

『小学唱歌集 第二篇』 第三十五曲から移した。加部厳夫詞、ドイツ民謡
Hoffmann von Fallersleben1798 1874)作詞 "Frühlings Ankunft".
アメリカでは "All birds came"として知られる [遠藤: 121,138,210
ただしドイツ語タイトルは "Alle Vögel sind schon da" が普通。
戦後の歌詞[かすみか雲かほのぼのと]は勝承夫による。


遠藤が紹介する "All birds came" は音符に合わないので誤記であろう.
Luther W. Mason の歌集(Mason et al., "The Young Singer", part 1 (1860) p. 22;
Mason, "First Music Reader" ([1870], 1879) p. 24; Mason, "National Music
Charts" 1st series (1872) p. 24)
では表題は "Spring Song" ('All the birds are
come again')
である. 他にもさまざまの訳詩や翻案歌詞が作られた.[桜井:私信
2012. 09. 14]


歌唱は
Alle Vögel sind schon da − 邦題「霞か雲か」 sung by Lucia Popp
http://www.youtube.com/watch?v=AhSNaH0Bo8w

日本語版は
Oeufs Tube Vol.10 "Kasumi ka Kumo ka"(first part)
http://www.youtube.com/watch?v=7968X20yuVE





第五 学べよ
一 学べよ学べよ。たゆまずうまず。
  おくれずいそげよ。まなびの道を。
二 まなびの道には。やまさかおほし。
  山さかこゆれば。おく花にほふ。
三 さく花かざして。たかねの月を。
  とく見よとく見。高根の月を。

Harrison Millard, "Silver Threads of Song" (New York: S.T. Gordon & Son, Publishers,
1875) p. 122: "Work and Play" (Air by Madame Angot)
とある. またJ.P. McCaskey,
"Franklin Square Song Collection" (New York: Harper & Brothers, 1881) [no.1] p. 25

では French Air となっており,これから採られた可能性がある.[桜井:私信 2011.02. 21]


ピアノは Millard から,後半は MaCaskey 2部合唱とした,桜井氏による原曲 "Work
and Play"
midi は,
n05 Work and Play.mid



第六 にはつ鳥
一 トテッココ。トテッココ。トテッコココ。
  おきよとつげて。とりがなく。
二 トテッココ。トテッココ。トテッコココ。
  おこたりいさむる。にはつとり。





第七 友どち
一 友どちきたれ。われらのとも。
  とくとくきたれ。いざやこら。
  やまに野辺に。あそびてまし。
  うたをうたひて。ゆきてまし。
  をとこをみなも。ともどもに。
二 ひとびときたれ。いざとく来よ。
  いざいざきたれ。いざやこら。
  人のみちを。まなびてまし。
  道をたがへず。ゆきてまし。
  ひともわれらも。ともどもに。





第八 子供子供
一 こどもこども。つとめよこども。
  エンヤラホホホ。エンヤラホホホ。
  車は坂をも。のぼるなり。
二 くるまくるま。めぐれよくるま。
  エンヤラホホホ。エンヤラホホホ。
  ひまなくめぐれよ。やよ車。

伊沢修二作詞作曲[遠藤: 215





第九 若駒
一 ゆけや若駒よ。トトトトトトトト。
  かはゆやかはゆや。わがのれる。
  わかこまよ。
二 いそげ我馬よ。トトトトトトトト。
  やまさかいはかど。よくあゆめ。
  わがうまよ。
三 なんぢ我為の。するすみいけづき。
  くさかひそだてん。とりのごと。
  とびかけれ。

原曲は "Training School Song Book" 中の "The hobby horse". 元はドイツ民謡.
[遠藤: 238]

原曲は Karl Hahn 作詞 (1807), Karl Gottlieb Hering 作曲 (1807), "Hopp, hopp,
hopp, Pferdchen lauf Galopp!"

アメリカでは J.P. McCaskey, "Franklin Square Song Collection" (New York:
Harper & Brothers, 1881) p. 121
"The Hobby Horse" ('Hop, hop, hop! Nimble
as a top, Where 'tis smooth and where 'tis stony, Trudge along, my little pony,
Hop, hop, hop, hop, hop! Nimble as a top.')
として掲載[桜井]


楽譜は
Notenblatt Hopp, hopp, hopp, Pferdchen lauf Galopp! - Das Alojado Lieder-Archiv
http://www.lieder-archiv.de/lieder/show_song.php?ix=100075
右手のスピーカー・マークをクリックすると音声
n09HoppHoppHopp.mid
が聞ける。





第十 大原女
一 くもか雪かの。
  花のよそめも。
  かをりにしらるゝ。
  やせのさとびと。
二 咲きとさきぬる。
  はなのさかりは。
  雲をぞはこべる。
  やせのさと人。

原曲は歌集 "Alt Heidelberg"中のドイツ民謡 "Laurentia".[遠藤: 215]

原曲が "Laurentia" というのは疑わしい.[桜井:私信 2013. 1. 27]





第十一 川瀬の千鳥
一 川瀬にさわぐ。むらちどり。
  なくねにかぜぞ。ふきすさぶ。
  チチチチチチチチチヨ。チチチ
  チチチチチチヨ。
二 草葉にすだく。すずむしの。
  なくねにつゆや。こぼれぬる。
  リリリン リリリン リンリンリンリン。
  リンリンリンリン リンリンリンリン。

原曲は Luther W. Mason, "The New First Music Reader" ([1886], 1889), p. 84:
"The Lambkin" (
歌詞:'In the grassy places, / Where the flow'rs are seen').
ただしL.W. Mason, "First Music Reader" ([1870], 1879) には未収録.
「川瀬の千鳥」では歌詞の拍数に合わせて音符の数を変えている箇所がある.
[桜井:私信 2012. 09. 14]





第十二 竹むら
一 たかむらいでて。あしたより。雀も
  千代と。うたふなり。そらとぶ鳥も。
  おのづから。たのしき声に。うたふなり。
二 うたへばとりも。うたふなり。あそべば
  鳥も。あそぶなり。たのしきうたを。
  うたふまに。こどももいつか。人となる。



第十三 雨露
一 雨つゆうるほひて。みやまはほゝゑみ。
  桜はわらへり。いざゆかん。うちむれて。
二 あかつき雪ふりぬ。そのふに。花さき。
  庭には玉しく。みよみよ。とくおきて。


原曲は Johann Abraham Peter Schulz (ドイツ, 1747-1800) 作曲, Friederike
Brun (
デンマーク, 1765-1835) 作詞 (1795) "Mailied: Feier der Lebenden und
der Todten" (
歌詞:Wonne schwebet, lächelt überall).歌詞は Friederike Brun,
"Gedichte (Zürich: Orell, Geßner, Füßli, 1795), pp. 33-36
に掲載されている.
"Freude in Unschuld" または "Frühlingsfeier" の表題もある.
ライヒャルト (1752 - 1814) が自分の歌集: Johann Friedrich Reichardt, "Lieder
geselliger Freude" (G. Fleischer der Jüngere, 1796)
に収録したため,作曲者をラ
イヒャルトとした楽譜が出回った: 例えば Wilhelm Wedemann, "Hundert
Gesänge der Unschuld, Tugend und Freude", vol. 1, (Weimar: Bernhard Friedrich
Voigt, 1863), pp. 38-39; August Härtel, "Deutsches Liederlexikon" (Leipzig:
Philipp Reclam jun., 1865)
など. Lowell Mason, "Little Songs for Little
Singers" (Boston: Perkins and Marvin, 1840), p. 41: "Merry May" (
歌詞:
Gladness plays and sparkles over all;ハ長調;2部合唱) として収録された楽譜
でもライヒャルト作曲と書かれている.[桜井:私信 2013. 02. 03]

曲は Luther W. Mason, "Second Music Reader"([1870], 1872), pp. 64-65;
"The New Second Music Reader" (1886), p. 71
に収録の "The Joys of Innocence"
(
歌詞:'Joy is round us, smiling ev'rywhere').[桜井:私信 2012. 09. 14]





第十四 冬の空
一 みよみよみよ。ふゆのそらを。
  みよみよみよ。ふゆのそらを。
  あられふりしき。嵐すさぶ。
  みよみよみよや。冬のそらを。
二 よめよめよめ。文字もふみも。
  よめよめよめ。もじもふみも。
  たえずわすれず。まなべならへ。
  よめよめよめや。文字もふみも。

原曲は John Hullah, "Grammar of Vocal Music" (London: John W. Parker, 1843)
pp. 109 & 142-43; John Hullah, "Wilhem's Method of Teaching Singing", revised
(London: John W. Parker, 1854) pp. 99 & 126-27
に収録のWilhem (本名 Guillaume
Louis Bocquillon, フランス, 1781-1842)作曲 'The Spinning Wheel'. [桜井:私信
2011. 02. 23

長谷川由美子氏によると,John Hullah, "The Grammar School Chorus; Containing
Wilhem's Method of Teaching Vocal Music" (Boston: Oliver Ditson & Co., 1866)
p. 66
からの採用であろう.[桜井:私信 2011. 02. 24]



Guillaume-Louis Bocquillon (通称 Wilhem) (1781-1842)



第十五 花さく春
  花さくはるの。あけぼのを。
  はやとくおきて。見よかしと。
  なくうぐひすも。こゝろして。
  人のゆめをぞ。さましける。
  ホーホケキヨ ホーホケキヨ。ケキヨ。ケキヨ
  ケキヨ ケキヨ ホーホケキヨ。ホーホケキヨ
  ホーホケキヨ。ケキヨ ケキヨ ケキヨ ケキヨ
  ホーホケキヨ

5行目ケキヨの後の「、」を「。」に訂正。
伊沢修二作詞作曲[遠藤: 215





第十六 やよ花桜
一 やよ花ざくらよ。そだつるわれをば
  ちゝともおもへ。はゝともおもへ。
二 玉ともめでぬる。われをなきらひそ。
  よるひるわかず。たれかはまもる。
三 あめさへつちさへ。なれをぞめぐめる。
  あめをもふらせ。つゆをもおかせ。

原曲はドイツの歌集 "Alt Heidelberg"中の学生歌 [遠藤: 239


原曲はHoffmann von Fallersleben (1798-1874) 作詞, Ernst Richter 作曲の
"Von meinem Blümchen" (歌詞:'Ward ein Blümchen mir geschenket') で,
Hoffmann von Fallersleben, "Fünfzig Kinderlieder" (Leipzig: Mayer u.
Wigand, 1843), p. 3
に掲載.同じ歌詞で後半の旋律が少し異なる版もある.
「やよ花桜」はおそらく Luther W. Mason, "First Music Reader" ([1870], 1879),
p. 71; L.W. Mason, "The National Music Teacher" ([1870], 1894) ; L.W. Mason,
"The New First Music Reader" ([1886], 1889), p. 101
に掲載の "My Flower"
(
歌詞:'Some one gave to me a flower, / Which I planted in an hour')
からの採用であろう.[桜井:私信 2012. 09. 16]


演奏は
Ward ein Blümchen mir geschenket
http://www.youtube.com/watch?v=-VVHGUAsMho



第十七 燕(つばくらめ)
一 かへりゆくとも。霞たち。
  花さくはるは。わがやどの。
  ふるすにかへれ。つばくらめ。
二 われをわすれぬ。ものならば。
  又こんはるも。あをやぎの。
  いととくきたれ。つばくらめ。

原曲はドイツの歌集 "Alt Heidelberg" 中の学生歌 [遠藤: 239

原曲は "Es, es, es und es."[桜井]


歌詞の内容に類似があるので,出典は Adolf Douai, "The Kindergarten" (New York:
E. Steiger, 1871), pp. 48-49
所収の"The Swallows" または Luther W. Mason,
"First Music Reader" ([1870], 1879), p. 61
所収の "The Storks' Farewell" かも
しれない.[桜井:私信 2012. 09. 14]


原歌詞は
Handwerksburschenabschied
http://ingeb.org/Lieder/EsEsEsUn.html

の左手のMelodie ボタンをクリックするとメロディー
n17EsEsEs.mid
が聞ける。




Ernest Richter (1808 - 1879)




第十八 真直に立てよ
一 ますぐにたてよ。ただしくむけよ。
  ひだりをみるなよ。右をもみるなよ。
  かしらをまげず。むねをばいだし。
  ちかよりすぎず。ほどよくならべ。
  ゆだんをするな。がうれいまもれ。
  あしなみそろへ。しずかにあゆめ。
二 柳はめぐみ。さくらはさけり。
  鶯きなきて。はるこそたけたれ。
  はげめやわらべ。つとめよ子ども。
  月日ははやく。めぐれるものぞ。
  月日とともに。まなびの道に。
  すすめやわらべ。おこたるなかれ。

原曲は Adolf Douai, "The Kindergarten" (New York: E. Steiger, 1871), pp. 38-39:
"Another March" (
歌詞: 'Let us march now, pace for pace' および Laßt uns gehen
Schritt für Schritt).[
桜井:私信 2012. 09. 14]




第十九 我大君
一 わが大君の。おほみかげ。
  世々にさかえて。かぎりもなし。
  いざ幼児よ。君がみかげは。天津空。
  月のかつらの。くまもなし。
  あふぎてもみよや。おほみかげ。
二 わが大君の。みめぐみは。
  そこひもしらず。はてもなし。
  いざ幼児よ。君が恵は。みかのはら。
  きよきながれの。いづみがは。
  いつかはつきん。みめぐみは。




第廿 こゝなる門
一 こゝなる門は。たれがもん。
  とほらばとほれ。ここの門。
二 とほれやとほれ。こゝのもん。
  われらがたてし。こゝのもん。
三 とほれとならば。とほらまし。
  かへるもゆくも。うちつれて。
四 たけきうたを。うたひつゝ。
  おくれずすゝめ。友どちよ。

一・二番は加部厳夫,三・四番は東京女子師範学校付属幼稚園保姆豊田芙雄(ふゆ)
作詞.作曲は伊沢修二作曲か.ただし,遠藤[遠藤: 118,215]が伊沢修二作「詞」
としてあるのは誤り.


前半は Luther W. Mason et al., "The Young Singer", part 1 (1860), p. 22; Mason,
"First Music Reader" ([1870], 1879), p. 8; Mason, "National Music Charts", 1st
series (1872), p. 8; Mason, "The New First Music Reader" ([1886], 1889), p. 9
に収録
"God's Providence" に似ているので,「こゝなる門」が日本で作られたとするならば
手本にしたかもしれない.[桜井:私信 2012. 09. 14]




第廿一 うづまく水
一 みよみよ子供。うづまく水を。
  うづまく水に。ならひてめぐれ。
  みよみよ子供。うづまく水を。
二 みよみよこども。うづまく水を。
  うずまく水も。まきてぞとくる。
  みよみよ子供。うづまくみづを。
三 みよみよこども。うづまくみづを。
  うづまく水の。よるひるわかず。
  つとめよ子供。みよみよ子供。

原曲はフランスの古歌. ABC の歌とか Jane Taylor 作詞 "Twinkle, twinkle
little star"
として知られる.[遠藤: 215,238]


フランス語歌詞は 'Ah! vous dirai-je, Maman'. このメロディーに基づき Mozart
ピアノのための 12の変奏曲(K 265/KV 300e) を作った (1781−82).詳しくは
以下を参照されたい.
Ah ! vous dirai-je, maman - Wikipédia
http://fr.wikipedia.org/wiki/Ah_!_vous_dirai-je,_maman


中浜万次郎 訳『英米対話捷径』(安政巳未(=1859 年)晩秋 知披堂蔵版) (早稲田
大学図書館蔵)の3-4ページに「安瓣制之歌」(=ABCの歌)として歌詞が載ってい
て,「彼国童児ニ教ユルニ如此節ヲナシテ是ヲ復誦ナサシム」との注記がある.おそ
らく本邦最初の紹介であろう.[桜井:私信 2012. 09. 14]


フランス語版 Adolphe Adam, "Le Toréador ou l'Accord parfait" (1849) に挿入の変
奏曲の歌唱は
Beverly Sills - Ah vous dirai-je, maman
http://www.youtube.com/watch?v=eT5pw8E5IYE

英語版は
Nursery Rhymes - Twinkle Twinkle
http://www.youtube.com/watch?v=FfDUpB0NuF8

ABCの歌は
ABC Song
http://www.youtube.com/watch?v=dsO__o4Ezjw




第廿二 環(たまき)
一 めぐれどはしなし。環のごとくに。
  まどかにめぐれよ。やよこども。
  よきうたうたひ。めぐれよたれも。
  めぐれどはしなし。環のごとくに。
  まどかにめぐれよ。やよこども。
二 あしなみ正しく。うたさへたへなり。
  われらがたまきは。よくめぐる。
  うたへどつきず。われらがうたは。
  足なみ正しく。うたさへたへなり。
  われらがたまきは。よくめぐる。

原曲は "Training School Song Book" 中の唱歌 "The cooling fountain". [遠藤:238]

原典は D. Caughie compil.,"The Glasgow Infant School Magazine", first series
(London: Simpkin, Marshall, & Co., 1869), p. 192:"The Cooling Fountain" (
歌詞:
'Where the cooling fountain gushes, /Overhung by reeds and rushes') として収録
されている. 楽譜は同一で, 作詞・作曲者は不明.[桜井:私信 2012. 09. 14]




第廿三 毬
一 われらのまりも。あそぶが如く。
  ゆきかひたえせず。たのしみ尽せず。
  あそべよあそべよ。うたへようたへ。
  まりなげあそべ。みなつれだちて。
  まりなげあそべ。
二 われらのうたは。うたへどつきず。
  つきせずうたえば。われらのまりさへ。
  ゆきかひたへせず。いとおもしろし。
  まりなげあそべ。みなつれだちて。
  まりなげあそべ。




第廿四 兄弟妹(あにおとゝいもと)
  あにおといもと。
  たがひにすゝみ。
  けふはてんきよし。
  ごきげんいかが。
  いざわが友びと。
  いざやうちつれ。
  いざいざのべに。
  あそびやゆかん。
  てにてをとり。




第廿五 操練
一 いまより我等は操練はじめん。
  よくできたるは。かしらとなりて。
  さしづせよ。
二 操練するのは。兵士におなじく。
  足なみそろへ。うたをもうたひ。
  すゝめよや。
三 おほきな子供も。ちいさき子供も。
  にぎやうにわかれ。わがやにかへり。
  あすもこよや。

原曲は Adolf Douai, "The Kindergarten" (New York: E. Steiger, 1871), pp. 36-37:
"Marching" (
歌詞: 'Let us march without a blunder' および 'Heute wollen wir
marschieren'. Anonymous (known as Kindergartner), "Plays and songs for kinder-
garten and family" (Martens Brothers, 1876), p. 12
 にも英語版がある.[桜井:
私信 2012. 09. 14]




第廿六 風ぐるま
一 かざぐるま。
  風のまにまに。めぐるなり。
  やまずめぐるも。
  やまずめぐるも。
二 みづぐるま。
  水のまにまに。めぐるなり。
  やまずめぐるも。
  やまずめぐるも。

『保育唱歌』八十七番より。東儀季熙曲[芸大: 110]作曲者名は平出久雄に
よる[金田一・安西: 20
豊田芙雄作詞[倉橋惣三・新庄よし子『日本幼稚園史』(新訂版の復刻本)
(臨川書店、 1980 10月)(初版 1930 5月、新訂版 1956 4月) p. 342
伊沢修二作詞作曲と[遠藤: 215]はしているが誤りと思われる。




第廿七 蜜蜂
一 はちよみつばちよ。
  花には戯れず。そが露もちきて。
  かもせ。ながみつを。
二 こよやみつばちよ。
  春秋たえせず。蜜をばつくりて。
  もてこ。わがもとに。
三 あはれたのもしく。
  力を合せて。蜜をばつくれり。
  みよや。みつばちを。

原曲ボヘミア民謡 "Das Bienchen" ('Summ, summ, summ! Bienchen summ herun!')
[
遠藤: 215]


ドイツ語歌詞は Hoffmann von Fallersleben, "Fünfzig Kinderlieder" (Leipzig: Meyer
und Wigand, 1843) 'Biene'
(歌詞:Summ summ sum! Bienchen, summ' herum!',
Volksweise)
,編曲は K. Reinecke. このほか Hohmann, "Praktischer Lehrgang für
den Gesang-Unterricht", v.1 ([1850], 1852), p. 6; Hohmann, "Praktischer Lehrgang
für einen rationellen Gesang-Unterricht in mehrklassige" (1878), p. 14: (
歌詞:
'Bienchen, summ herum!')
英語版では "Plays and songs for kindergarten and family" (Martens Brothers, 1876),
p. 40: "The Bees' Return" (
歌詞:'Hum, hum, hum, look the bees have come!');
Luther W. Mason, "The New First Music Reader" ([1886], 1889), p. 92: "The GentleBee"
(
歌詞:'Gentle bee, humming merrily!'). [桜井/ 私信:2012. 09. 14]


音源は
Summ summ Bienchen summ herum
http://www.youtube.com/watch?v=Av0E7yATsDo

日本語では
ぶんぶんぶん
http://www.youtube.com/watch?v=GiL7PJ5ZfkM




August Hoffmann von Fallersleben (1798 - 1874)
painted by Schumacher in 1819.



第廿八 一羽の鳥
一 一羽のとりは。友待つけて。
  あそびにゆきぬ。
  ともよともよ。ともよいづこ。
  われをもさそへ。
二 林の鳥も。こずゑの花に。
  むれてぞあそぶ。
  ともよともよ。ともよいづこ。
  われをもさそへ。




第廿九 数へうた
一 一つとや。人々一日も。忘るなよ。忘るなよ。
  はぐくみそだてし。
  おやのおん。おやのおん。
二 二つとや。二つとなきみぞ。山桜山桜。
  ちりてもかをれや。
  きみがため。きみがため。
三 三つとや。みどりは一つの。幼稚園。幼稚園。
  ちぐさにはなさけ。
  あきの野辺。秋の野辺。
四 四つとや。世に頼もしきは。兄第(ママ)ぞ。兄第(ママ)ぞ。
  たがひにむつびて。
  世(よ) をわたれ。よをわたれ。
五 五つとや。空言(いつはり)いわぬが。 幼子の。幼子の。
  まなびのはじめぞ。
  よくまもれ。よくまもれ。



六 六つとや。昔をたづねて。今をしり。今をしり。
  ひらけやとませや。
  わが国を。わがくにを。
七 七つとや。なゝつの宝も。何かせん。何かせん。
  よきともよき師は
  身のたすけ。みのたすけ。
八 八つとや。養ひそだてよ。姫小松。姫小松。
  ゆきにもいろます。
  そのみさを。そのみさを。
九 九つとや。心は玉なり。琢きみよ。琢きみよ。
  ひかりはさやけし。
  秋の月。あきの月。
十 十とや。とよはたみはたの。朝日かげ。
  いよいよくまなし
  きみがみよ。きみがみよ。

遠藤説によれば伊沢修二作詞.[遠藤:215]




参考


[遠藤]:『明治音楽史考』遠藤宏(有朋堂、 1948 4月)
[金田一・安西]:『日本の唱歌 上、中、下』金田一春彦、安西愛子(講談社文庫、
             1977 10月− 1982 5月)
[芸大]:『東京芸術大学百年史 東京音楽学校篇 第一巻』東京芸術大学百年史編集委員会編
      (音楽之友社、 1987 10月)
[桜井]: 桜井雅人私信( 2009 10月)


   2009. 1. 22  片仮名混じり平仮名の表記を標準的な表記法に直した.
        「第二 蝶々」はドイツ民謡説を採り,註を書き直した.

   2009. 10   注を訂正増補し,音源を付け加えた.


「明治の唱歌」のトップへ戻る

ホームへ戻る