Блины

ブリヌィ

祝祭日のためのお料理、ロシアのパンケーキです。

+ 材料 ( 約25枚分) +

小麦粉 4カップ( 1cup=250cc)/ 約 650g

牛乳 1.25リットル

生イースト 45g (ドライなら相当量)

砂糖 大さじ2

卵黄 2個

バター 大さじ2

 
+ 作り方 +
1 下準備として、牛乳とバターはあらかじめ冷蔵庫から出し、室温に戻しておきます。小麦粉はできればふるっておきます。卵黄と卵白も分けておきましょう。

3リットルくらいの大きなお鍋を用意します。

牛乳2cup(500cc)を鍋に入れ、少々ぬるくなるまで暖めます。火はすぐに止めます。

そこに生イースト、砂糖を加え、よく溶かします。

2 溶けたら、小麦粉の半量(2cup, 325g)を加ます。

ダマにならないように、泡だて器で混ぜながら少しずつ加えていきます。ドバっと入れてはいけません。

小麦粉が入ったら、さらによく混ぜ合わせます。

生地は、泡だて器で持ち上げるとゆっくり落ちていくくらいの固さです。

3

お鍋に布巾をして、暖かいところに置きます。室温が低いようなら湯煎をしてください。

生地が約3倍に膨らむまで30-40分待ちましょう。

膨らんだら、木杓子などでよく混ぜてガスを抜きます。

4 第2段階です。

残りの牛乳を人肌に温めます。

牛乳にバターを加えてよく溶かし、生地に加えます。次に卵黄2個も入れ、よく混ぜます。

工程2と同じように、残りの小麦粉を入れていきます。生地は、工程2よりも若干さらっとしています。

再び布巾をかけ、もう一度膨らむまで暖かいところに置きます。

5 二度目は一度目ほど膨らまないかもしれませんが、心配ありません。

木杓子で混ぜてガスをしっかり抜きます。生地は工程4の写真くらいさらっとしています。

6 フライパンで焼きます。

フライパンに油を均等にしきます。ペーパータオルや油ひきを使うとよいです。

そういうシャレた(?)ものが無い我が家は、皮付き玉葱を2等分したものにフォークを刺して使ってます。

7 生地をフライパンに流し、フライパンをクルっとまわして薄く広げます。

クレープ、または玉子焼きの一層目を焼く要領です。ブリヌィは、薄いのですぐに火が通ります。

表面に気泡が出てきたらひっくり返し、裏面も焼きます。

8 焼きあがったブリヌィは、お皿に重ねていきます。

ここで、更に一枚一枚にバターを塗りながら重ねていくのが一般的ですが、日本人にはくどいかもしれません。わが家はバターは各自が後から塗る方法にしてます。

焼きあがったら熱いうちにいただきましょう。

※ 工程7ですが、生地が重いとさっと広がらず、ぼったりしたブリヌィになります。人肌に暖めた牛乳を更に加えて生地をゆるく調節してください。

※ ブリヌィはスモークサーモン、キャビア、イクラ、ハム、チーズ、サラダなど好みのものを挟み、手でクルクルっと巻いて食べます。スメタナやバターを加えたりもします。

また、デザート風にしてもおいしいです。ジャム、クリーム、メープルシロップなどをかけアイスクリームなんか添えると、すごく豪華なデザートになります。