州流茶道教室 茶の湯倶楽部 単正庵・知足庵

HOME

受講内容
単正庵日記
生徒紹介

宗雪四季パーク

講師紹介
地図
お問い合わせ




   〜茶の湯を通して心を豊かに〜


  小堀遠州(小堀遠江守) 1579年〜1647年

 本名 正一(まさかず)。江戸初期の大名茶人。近江国に生まれる。幼少の頃より、父 新介正次の英才教育を受け、千利休、古田織部と続いた茶道の本流を受け継ぎ、徳川将軍家の茶道指南役となる。
 書画、和歌に秀れ、王朝文化の理念と茶道を結びつけ、「綺麗さび」という幽玄・有心の茶道大系を創りあげた。
 遠州は、後水尾天皇をはじめとする寛永文化サロンの中心的人物となり、また作事奉行として桂離宮、仙洞御所、二条城、名古屋城などの造園・建築にも才能を発揮した。大徳寺孤蓬庵、南禅寺金地院などは、代表的な庭園である。
 美術工芸の面においては、「中興名物」の選定や、高取、丹波、信楽、志戸呂、伊賀などの国焼の茶陶指導にも偉大な足跡を残している。また、中国、朝鮮、オランダなど海外への茶陶の注文にも力を注いだ。

   遠州流茨城支部事務局

   
〜生徒募集中〜  
     
     
    
    

  



             
Copyright(c)2012.4 単正庵 All rights resarved.