渡邉敏郎関係データ保管庫

当サイトは、死体などグロテスクな写真は一切掲載(転載)しておりません。



交通事故で死亡した子供らの写真を無断でホームページに使用した上、侮辱するようなコメントを載せたとして、
遺族らは4日朝、ホームページを制作した小学校教諭、渡辺敏郎(33)について警視庁に告訴状を提出した。
告訴状を提出したのは、97年に交通事故で死亡した片山隼くんの父親・徒有さんら遺族6組。
渡邉敏郎東京都羽村市松林小学校で5年の担任を勤める教師で、
遺族が作ったホームページから子供の写真を無断で「クラブきっず」という自分のHPに転用し、
「全身をグシャっと潰(つぶ)された」など事故状況のコメントとともに載せた。

---追記(2008-06-03)---
交通事故死した子供の写真をホームページ(HP)に無断掲載した児童ポルノ禁止法違反などの罪で、
執行猶予付きの有罪判決を受けた元東京都羽村市立小学校教諭の男(35)が、
世田谷区内の小学校に無断侵入したとして、建造物侵入の現行犯で逮捕されていたことが3日、分かった。
小学校では運動会が行われており、「子供を盗撮するために入った」と供述している。
逮捕されたのは、さいたま市南区、運転士、渡辺敏郎容疑者。



名前:渡邉 敏郎(わたなべ としお)
生年月日:1973年11月7日
元職業:小学校教諭
元勤務先:東京都羽村市立松林小学校 小学校サイト
元居住地:東京都あきる野市草花付近
嗜好:ペドフィリア(幼児性愛) ネクロフィリア(死体嗜好) スカトロジー(排泄物嗜好)

数々の奇行

・女子トイレに勝手に侵入
・カメラを常に持ち歩き、生徒を勝手に撮影
・屋上に女児を連れ出し太ももを触る(抵抗すると太ももをビンタ)
・オシッコなど子供の排泄物に異常な執着心
・児童死体専門ページ「クラブきっず!」を運営(すでに閉鎖)
・交通事故死した子供の生前の写真を勝手に使用
・交通事故死した子供の遺族に自分のページの存在を知らせるメールを送る
・離島赴任時撮影した水着姿の児童の写真をサイトに掲載
・親父は警察幹部で2000年に逮捕、有罪
・現在実家からは勘当されている

渡邉敏郎の運営していたサイト「クラブきっず!」に掲載されていた文章


ニュース報道(youtube)




渡邉敏郎の父親
渡辺泉郎元神奈川県警本部長は警察大学校長を最後に退職(1999年2月)。その後、NKK顧問に天下っていた。
2000年5月29日、横浜地裁で「犯人隠避」の罪により、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受ける(確定)。
注:渡辺泉郎の天下り先はNHKではなくNKK(現:JFE)である。
Counter