店主のオートバイ遍歴

1980年 KAWASAKI Z750FX

中型免許を取って最初に乗ったのがHONDA CB400Nホーク3だった。自分の体格から中型が限度かなぁと思っていた矢先、友人がこぞって限定解除に合格し、中型は自分だけ・・・。そんなの絶対嫌なので、試験場に通うこと12回、見事合格。
新車で買って5ヶ月しか経ってないホーク3を葛飾の買取業者に売り飛ばし、手に入れたのがZ750FX。
当時、出たばっかりのCB750FZが絶大な人気で、みんなホンダDOHCをシュンシュン言わせていたが、へそ曲がりな私は、Z2が四角くなっただけのFXに乗った。ドリュリュリューンと回るエンジンはいかにも前時代のものだったが、迫力ある容姿がとても気に入って、雨の日も雪の日もFXで出かけた。
1983年 DUCATI 900MHR 1983年式
お金も無いのに、つい魔が差して長期ローンで買ってしまった。セルスタータも無い、サイドスタンドも無い、エアクリーナも無い、クラッチはバカみたいに重い、車体は重い、前屈姿勢は拷問に近かったが、見栄だけで乗った。
コンチマフラーを付けた排気音は、これまた最高で、当時第三京浜でフルカウル&爆音マフラーでも取り締まられなかったのは外車の特権であった。日本製バイクは、ビキニカウルを付けただけで「ノーマルじゃない」と交通機動隊にいじめられたのだ。
1985年 Harley-Davidson FXE 80cui.
映画イージーライダーでは、古い慣習を否定し、自由な旅に出る若者の象徴がハーレーだったんだが、日本におけるハーレーは、フルカウルスタイルでお巡りさんごっこがしたい年寄り趣味の代名詞だった。 だから若者には全く人気がなかった。
就職して2年後、既に2社を辞め、バイト生活をしていた私は、気分はイージーライダーだった。本当はピーターフォンダみたいなフロントフォークが長いチョッパースタイルに乗りたかったが、お金が無いのでハーレーショップで一番安く売っていたFXEを買った。
写真は、九十九里波乗り道路の一ノ宮パーキング。
当時は、おばあちゃんが一人でやってる売店と汚いトイレがポツンと建っているだけの原っぱでした。
ノーヘルなのは撮影のための演出で、CGです。
1989年 Harley-Davidson FXS改FXWG仕様 80cui.
FXEの後、旧車道楽にハマり数年バイクをお休みしたが、やっぱり乗りたくなって念願のワイドグライドを買った。当然中古のショベルヘッド。
実はこのWGは、FXSローライダーをFXWG仕様にしたもので、購入時はタンクとメーターがFXS仕様のままだった。FXWGは5ガロンタンクと呼ばれるデカイタンクがチャームポイントなので、上野のコーリン(当時はコーリンにハーレー部門があった)で未塗装タンクを買い、自分で仕上げた(写真はそのタンクです)。
残念ながらメータをWG仕様にする予算はなく、メータのみタコメータとスピードメータが縦に並ぶFXSのまま残った。
しかしこのバイクは難物で、海外(アメリカだよね)から輸入されたまま、ほとんど整備されずに店頭に並べられていたらしく、納車後いきなりリアホイルのベアリングが焼き付き、さらに数か月後走行中にクランクシャフトが折れるという始末。要するに「ハズレ」を引いたってわけ。当然何の保証も無く、治す予算も無く、ケンカするのもバカバカしくなって捨てました。
今なら、治しながらブログのネタするだろうけどね。
1995年 no image SUZUKI GS650G  SUZUKI GS650G
格安の不人気商品がある、との情報からGS650Gを購入。昔はロッパンジーと呼んでいた。
スズキのカタナが発表された当時、あまりに斬新なスタイルで、そのままでは国内販売出来ず、(刀のステッカーさえ認められなかった)大アップハンドルになって発売された。あのスタイルは当時耕運機ハンドルと揶揄された。
さて、本来のカタナシリーズが残念な形でデビューする前、カタナのイメージを残しつつ市販されたのが、このGS650Gだ。カタナは16バルブのGSXエンジンだが、こいつは8バルブのGSエンジンで、しかも650cc、車名の最後にGが付くことからわかるように、シャフトドライブを採用している。
1997年 KAWASAKI Z750FX3
今さら昔乗ったZ750FXにもう一度乗ろうとは思わなかったが(でかくて重いし)、FX3なら、ベースがZ650だからコンパクトでいいかなーと浮気心が出てGS650Gから乗り換えた。
乗ってみたらこいつも重かった。
1999年 HONDA CB750K1 1971年式
昔はCB750も大きく見えたものだが、現代の目で見ると随分小さい。1980年頃、先輩がK0を持っていて、フロントをダブルディスクにしたから乗ってみろと自慢しに来た。
今さら古いバイクのフロントブレーキだけパワーアップしてもなぁ、と思ったものだ。
今やK0は別格に高くなってしまい、気軽に乗れる代物ではなくなった。
CB750K1は、メータ周りや小さいテールランプなど、初代K0のイメージを残しつつ改良されたモデルで、長く続いたKシリーズの中で「乗るならK1、床の間に飾るならK0」と思っている。
2010年 KAWASAKI W650
プッシュロッド風のべべルギアカバーが素敵。サウンドはプッシュロッドのW1に及ばないが、ノーマルマフラーでも結構いい音がした。
コンパクトで乗りやすく、トコトコ走るには最高の一台。もう一度乗りたいバイクのひとつだ。
2013年 YAMAHA XV750E (1983年式)
みんなが見向きもしない不人気旧車の中に、実は名車が隠れている。XV750Eは発売当初から人気が無く、今の相場もZ750FX等同時代のナナハンに比べると1/10と安定した超低空飛行。
でも、乗ってびっくり。最高速こそ大したことないが、低回転からトルクがあり、常用回転域での乗りやすさが日本の道路事情にとても合っていると感じる。 頻繁なストップアンドゴーを強いられる信号機がやたらと多い日本国では、回転を上げずに発進できるローギアのセッティングは重要だ。磐田(ヤマハの本拠地)は東京ほど信号は多くないのに、良くわかっていらっしゃる。
ウニウニウニというアイドリング音と、回すとベーンというエンジン音に痺れます。(しかし、スタータが弱点です・・ キック付けてくれれば良かったのになぁ)
2014年 TRIUMPH SPEED MASTER 850cc
カッコ良くて、エンジンの造形も良く、申し分ないクルーザーなんだけど、トルクが無いのでツインの鼓動を感じながらドコドコ走りたい人には不向き。 シートも低くシンプルにまとまっているので小さく見えるが、跨ってみると結構大柄で、身長が180cm位ないと乗った姿がサマにならない。
2015年 HONDA SHADOW PHANTOM 750cc
とても乗りやすい優等生バイク。
シート高が恐ろしく低いので、女性ライダーや「死ぬまでナナハンに乗りたい」という古希ライダーにもお勧めの一台。
マフラーを変える人も多いが、うるさくなるだけでイイ音にはならない。ノーマルマフラーが結構いい音なので、ノーマルの音を楽しむのが良いと思う。
2015年 HONDA GL1100 1100cc 1982年式
水冷フラット4エンジンはホンダの傑作だと思う。こいつとの付き合いの顛末はコチラへ
2016年 YAMAHA XV1100 Virago 1100cc 1997年式
2010年以降、自分のマインドに合うオートバイを探し何台も乗り換えたが、結局XV750Eが最もフィットしていたなと感じ。再びヤマハXVエンジンに辿り着いた。 さすが1100ccだけあって、XV750Eよりもトルクフルでトップギア(5速)低回転での走行が楽しい。
2016年 三陽(サンヤン) Wolf Classic 125cc
グローバルな視点では、ホンダCB125JXの後継者と認識されているようだが、日本では、あくまで台湾バイク。 しかし、サンヤンは40年もの間ホンダと提携関係にあり(現在は解消)、みんなが思っているより品質は良い。 要するに、Wolf Classicは、CB125JXを12V化したモデルと言えるでしょう。
2017年 Harley-Davidson FLH 1200cc 1978年式
約30年ぶりのハーレー。軽快な1200ショベルの音を聴いたら乗らずにはいられない。三拍子と言われる(実際のアイドリングのリズムはワルツじゃなく、タンタタ・タンタタと二拍子のボサノバなんだけど)アイドリングに痺れます。
2018年 HONDA PS250 250cc 2007年式
モトラの親分みたいなバイク。中身は250ccのスクーターだが、スクリーンもレッグシールドも無く、ヘルメットを収納するブートスペースも無い。 ナイナイ尽くしのバイクなので、「お好きな方だけ、どーぞ」ということで、超不人気に終わった。
珍車好きな私としては「大好き」なデザインです。
2018年 BMW R1200C クラシック 1200cc 1998年式
BMW唯一のクルーザーモデル。1997年発売後、アヴァンギャルド、インディペンデント、モントーク等ラインナップも充実していったが、結局ブレイクせず2004年生産終了。 後に初期型はクラシックと呼ばれるようになった。
重心が低く安定感があり、エンジンはトルク重視の味付けで、まさに高速クルーザー。



トップページへ