あすかちゃんと一緒☆
vol. 3

     
 

星と月と朝焼け

いつも泣いていたのは 明け方の夢の中
暗い影に怯えた 巣の中の小鳥

そして目が覚めた時 胸を撫で下ろすのさ
寝息を立てて君が 僕のそばにいる
見上げれば月と星・・・

新しい恋が 訪れたのさ 今 朝焼けの彼方から
二人ならできる 君とならばやれる
風の詩が聴こえる 光る空


忘れそうになっても きっと大丈夫だろう
逃げ出したい時こそ きっと思い出す
目を閉じれば月と星・・・

新しい夢が 降り注ぐのさ 今 透明な闇夜を越えて
二人ならできる 君とならばやれる
街のざわめきの中から 生まれ変わる


見上げれば月と星・・・

新しい恋が 訪れたのさ 今 薄紅の未来から
二人ならできる 君とならばやれる 
雲は流れてゆく

朝焼けと月が 湖に浮かぶ あの星に手が届きそう
新しい歌を 口ずさんでゆこう
虹に思い届くよう 祈る空


イラスト あすか   詩 谷和彦

お待たせしました!あすか画伯ひさびさの新作です!って、一番待ちわびたのは僕ですけどね・・・f(^_^)
数ヶ月ぶりに送られてきた作品を見て僕たまげたですよ。「イラストレーター」というソフトのいろんな技術を駆使されたそうですが、さすがです。
面白くて、可愛くて、見ていて嬉しくなりますね。
しかも、僕の歌「星と月と朝焼け」がテーマですからね。へっへっへ。
しかし、この作品できれば壁一面くらいの大きいサイズで見たいですね。細かいキャラとかまで、しっかり生きてるから。パソコンの画面じゃ小さ過ぎる。
いつか作品いっぱいたまったら個展を開きたいです。ライブ付きイベントで。あすかさんよろしくお願いします。
僕もがんばりますから(^-^)v(2001.8.30 UP)
☆この曲は「さばをり歌の博物館・新曲コーナー」で聴くことができます。(ここをクリック)

Vol.2へ
Vol.4へ

表紙へ戻る

 

目次へ戻る