S&Sネットワーク


HOME | 定例会のお知らせ | 団体の紹介・活動内容 |

YES I CAN! 自分でできるセルフケアのページ |


 団体の紹介

団体の紹介をします 



<S & Sネットワークとは>

 「女性に対する暴力」をテーマに 会員同士の 情報交換と 意見交流をしています。
女性に対する暴力には、DV・性犯罪・セクシャルハラスメント等が含まれます。

98年4月の はままつ市民ワークショップ 「女性の性・暴力被害について考える」において被害体験者(サバイバー)と 一般から専門家までの援助者(サポーター)が集ったことから
はじまりました。
 
「S&S」の2つの「S」は、サバイバーとサポーター、また自己(セルフ)&社会(ソサイエティ)をも意味します。 様々な立場の人たちが、幅広い視点でこの問題について語り合い、
地域のネットワークづくりに取り組んでいます。
 現在は月1回,浜松市中区で、定例会を
行っています。(定例会参加は無料です)
 「性被害のことを自分の問題として真剣に考える
ことのできる」人で、秘密厳守していただけるならば、どなたでも入会できます。
年会費は2000円です。(入会・退会は自由です) 


過去の主な活動

99年度活動
      ・定例会の開催
      ・リーフレットの作成
      ・公開講座の開催
      ・詩集「ことばをさがして」の出版
      ・自助活動支援
      ・女性会議での分科会ワークショップとしての参加
      ・ホームページの運営開始

2000年度活動
      ・勉強会の開催
      ・コートエスコートサービス開始

2001年度活動
      ・事務所開設
      ・DVの電話相談を浜松市より委託

2004年度活動
      ・シェルタースタッフ養成講座開催
      ・公開講座開催

2005年度
      ・公開講座収録集編集

2006年度
      ・シェルタースタッフ養成講座開催
      ・公開講座開催

2007年度
   ・「レジリエンス☆こころのcare講座」のファシリテーター
    (進行役)を養成する講座の開催

2008年度
   ・「レジリエンス☆こころのcare講座」のファシリテーター
    (進行役)を養成する講座の開催
   ・ワークショップ開催(全3回)
    「DV当事者と支援者のためのコニュニティーワーク」

2009年度
   ・NHK歳末たすけあい受配事業
    「レジリエンス☆こころのcare講座」のファシリテーター
    (進行役)を養成する講座の開催 全3回
   ・NHK歳末たすけあい受配事業
       こころのケア講座のオープンセミナー 全10回

2010年度
   ・赤い羽根共同募金助成事業
    sayasaya 「びーらぶ」インストラクター養成講座

2011年度
   ・「レジリエンス☆こころのcare講座」のファシリテーター
    (進行役)を養成する講座の開催


今年度の活動計画

 1)相談事業 
   無料電話相談 053-474-9766(電話代相談者負担)
     (祝日除く 第1・3木曜日13時〜16時)
   面接相談 予約(有料) 090-2579-1025
 
 浜松市男女協働参画推進センターへ相談員派遣
 

 2)同行サービス
     被害を受けた方が役所・警察・弁護士に相談
     医療機関・裁判所に行く時等、同行する 

 3)定例会(参加無料)の開催
    毎月第4水曜日19時〜21時 情報交換交流
  問合せ090-2579-1025 s_snet2008@yahoo.co.jp 

 4)広報活動
    ホームページの運営管理
 

 5)講座開催  

 「リンク「みんなで手をつなごう!」 
 「レイプクライシスサバイバーズネット関西」
 『パーシーの花園』「実父・家族によるSA(性虐待)サバイバー会員制フォーラム」
 大阪セルフヘルプ支援センター