hp_t 

佐竹寺は、茨城県常陸太田市にある真言宗豊山派の寺院で、山号は「妙福山」、院号は「明音院」。

 

安産・子育て・厄除け北向観音 佐竹寺のご案内

 佐竹寺は、平安時代中期の寛和元年(985)花山天皇の勅願により元密上人が創建し、本尊は聖徳太子御作の十一面観世音菩薩で、坂東三十三観音霊場第二十二番札所であります。

 往昔、佐竹氏累代の祈願寺として隆盛を極め、その後、徳川光圀公の加護を受けた古刹であります。本堂(国指定重要文化財)は、室町時代後期の天文15年(1546年)に再建され、仁王門及び仁王尊像は江戸時代中期の宝永5年(1546年)に建立され、昭和14年に近火類焼した仁王門は昭和15年に再建されました。

 平成23年3月11日の東日本大震災により多くの被害が生じたため、平成26年~28年にこれらを修復しました。

 当佐竹寺は、古くから崇佛尊祖の象徴として、また、安産・子育て・厄除けの観音様として、全国津々浦々から篤い信仰を集めております。

 皆様方には、佐竹寺に対しまして、日頃から物心両面にわたりご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。今後とも、変わらぬ御支援ご協力を喪心よりお願い申し上げます。

                                              合掌

平成29年3月                                                             

        茨城県常陸太田市天神林町2404                                  

          佐竹氏発祥の寺 坂東二十二番札所霊場               

                  妙福山 明音院 佐竹寺             

                      住職    高橋 俊裕        

   壇信徒一同                    

 

■寄付金の募集要項