◆着物の着せ方◆
 
★本格的な着物の着せ方ではなく、Barba Doll風の着せ方ですが、宜しければ着物の着せ方のご参考になさって下さいませvv

+++1.けだしをつけさせる+++
 「長襦袢」と「けだし」がついている場合には、「けだし」から先に着せてゆきます。写真のように、右側が下になり、左側が上に回るように着せます。着物の場合には、男女同じ方向に前を合わせますので、必ず右側が下になります。
 下になった「けだし」の紐の部分は、上になる紐の上側に出しておきます。その紐を紐を回して、下の写真のように結わいてあげて下さい。


+++2.長襦袢を着せる+++

 次に「長襦袢」を着せますが、この際、手をいちいち通すのが面倒だ…という場合には、写真のように着物と長襦袢を兼ねてから手を通してしまっても構いません。ただ、できれば別々に着せた方が綺麗に着れるかとは思います。



 ↑写真のように、着物の脇の下「八口」に下側の紐を通します。



 ↑写真のように、紐が通ったら、一度後ろに回してから前に紐を持ってきて、右の写真のように前で結わきます。
+++3.着物を着せる+++
 「長襦袢」の次に「着物」を着せます。
 着物も基本的に着せ方は長襦袢と同じなります。
 紐がついていない場合には、人間の着物と同じような着せ方をします。まず着物の前を合わせてから、左の写真のように着物の上で紐を結びます。当方では紐を着物につけていない場合、なるべくおまけとして紐をつけるようにしておりますが、もしもその紐がない…という場合には、綿素材のもので紐を作ってあげて下さいませ。化繊の紐の場合、ツルツルとすべってあまり綺麗に着つける事ができません。
+++4.帯をつける+++
 着物を着せる事ができたら、次に帯をつけます。帯に帯揚げがついている場合には、下の写真のように先に帯揚げを軽く結わきます。それから帯を止めて下さい。



 帯揚げは、好きなように結んで下さいませ。結んだ後に、右→の写真のように、帯の上の部分に差し込みます。
++4.帯どめをつける+++
 帯止めがある場合には、帯揚げまでをつけてから、最後に帯どめをつけます。

 これでだいたい着物の着せ方は終わりですvv 右の写真は、帯揚げをつける前の写真です。着物を着せる時に巻いた紐は、←写真のように帯の下に入るようにしてあげて下さい。この紐を隠すように帯上げをつけさせます。


 え〜…、以上が私が着物を着せる時の着せ方です。あまり上手い説明でなくて申し訳ございませんが、ご参考程度にして頂ければ幸いです。
 「これじゃ、ここが分らない!」という事などがございましたら、いつでもメール又はコメントなど下さいませvv その都度、できればUPしてゆきたいと思っております。m(__)m