白石経営法務事務所

内容証明掲載履歴

ひとくちコラム 内容証明の基礎知識(1) 2004.01.25

 内容証明郵便は、どのような場合に使うのか?

〃戚鷁鮟の通知をする場合
  
契約を守ってくれない相手との契約を解除する場合には、事前に相手に契約を守るるように催告する必要があります。催促するには、内容証明郵便を使用します。

∈銚△鯤棄するとき
  回収できなくなった債権を放棄する場合、債権を放棄した会社などは、債権を放棄したということを税務署に対して証明する必要があります。このときの債権放棄の証拠が内容証明郵便になります。

債権の時効消滅を主張する場合
  債権者が一定期間、権利を行使しないと、その債権は時効により消滅します。
債務者が債権者に時効の完成を主張する場合には、内容証明郵便が利用されます。
時効を主張することを、時効の援用と言いますが、債務者が時効を援用すれば、債務を免れることになります。

ず銚⊂渡の通知や承諾
  債権者が債権を譲受人に譲渡したことを第三者に主張できるようにするためには、確定日付のある証書にて、譲渡人が債務者に通知する必要があります。
確定日付のある証書として、内容証明郵便を使用します。

 内容証明郵便は必ず書留で出します。また、相手方に届いたことを証明するために配達証明をつけることによって、相手方に確実に届いたことと、届いた日付の証明が得られます。

 

 

戻る

白石経営法務事務所
 
〒800-0256 福岡県北九州市小倉南区湯川新町3丁目14番10号
TEL 093-951-6455
e-mail: s_akiterujp@ybb.ne.jp