2013年8月1日、ビデオ版「被爆を語る」および、英語による証言を追加公開しました。(管理人)
伊藤明彦さんの最初の著書「未来からの遺言 ―ある被爆者体験の伝記」が、岩波現代文庫から復刊されました。(管理人)
English version
 ここが「被爆者の声」のホームです。 ※このページは、[被爆者の声]で[検索]できます。  【ふりがなをつける

被爆者の声

 被爆者の声

原爆被爆者284人の証言を集めたCD作品 「ヒロシマ ナガサキ 私たちは忘れない」より、
被爆者の声を記録する会(代表 伊藤明彦さん)の了解を得て、音声をパソコンで聞けるようにしています。

被爆者の声を聞いてね
 伊藤明彦さんは、8歳の時、長崎で原爆投下後に被爆地に入り、放射線を浴びました。
 その後、長崎放送(NBC)の記者となり、被爆証言を伝えるラジオ番組「被爆を語る」を企画・担当しました。
 長崎放送を退職後、1971年から全国の被爆者を訪ね歩いて、直接「被爆者の声」を収録。
 長崎放送が収録した証言の提供と協力も得て、昭和20年夏、広島、長崎の原爆投下前後の状況を再現。
 作品はディスク9枚で構成され、生々しい被爆の惨状を伝えています。

ヒロシマ ナガサキ 私たちは忘れない
ディスク1 ディスク2 ディスク3
スライドショー
現在の広島
現在の長崎
ディスク4 ディスク5 ディスク6
ディスク7 ディスク8 ディスク9
(ディスク 1〜3は広島編、4〜6は長崎編、7〜9はその後)
各ディスク内の「被爆者の証言」は、音声が自動再生されます

ビデオ版「被爆を語る」 取材中の伊藤明彦さん
ビデオ版「被爆を語る」(一覧)画面へ

カセットテープ版「被爆を語る」 一人ひとりのお話がカセット版
「被爆を語る」
じっくり聞ける カセットテープ版「被爆を語る」

お知らせ
 ●2013年8月、伊藤明彦さんが撮影したビデオ証言を19名分追加。計265名の公開となりました。
 ●2013年8月、VOSHN.comに伊藤明彦さんが撮影した英語によるビデオ証言を5名分追加。計27名の公開となりました。
  英語圏の方にご紹介ください。
  アクセス方法は……
  (1)ブラウザーの[アドレスバー]に 「voshn.com」と打ち込み、Enterキーを押す。(http〜は不要です)
  (2)Google(グーグル)または、Yahoo!(ヤフー)検索窓で「voshn.com」を検索する。
  (3)このページの右上の English version をクリックする。
  よろしくお願いします。
 ●伊藤明彦さんが行った 講演「情報の力で核兵器の再使用を阻止する」のDVDをお分けします。催事上映可能。
  また、講演「被爆者とはたれか」を録音したCDもあります(PDFをご覧ください)。こちらも催事使用可能です。
 ●漫画「はだしのゲン」の作者 中沢啓治さんのお話は、ディスク 3 の証言098と、ディスク 9 証言384です。
 ●2009年8月9日、長崎・平和祈念式典でのデスコト国連総会議長の挨拶(謝罪と決意表明)を高く評価します。(管理人)

お願い:当サイトのご案内を、
ご発行の紙・誌に掲載いただけませんか?
左記、ご掲載事例
ありがとうございました
c
Counter 
※「被爆者の声」は、Yahoo! Japanおよび、Yahoo!きっず登録サイトです。このサイトは、伊藤さんからCDの提供を受けた個人が開設し、現在は NPO法人 被爆者の声 が運営しています。 更新:2013.8.1