G-Nomeのページ G-NOMEのページ


ここは、人類とスコープ軍が不安定な平和のうちに共存する世界。
HAWC (Heavy-Armor Weapons Chassis)重装自走兵器を駆使し、敵勢力を殲滅せよ! 
自機HAWCが破壊されたとしても敵のHAWCを奪って戦うのだ。でなければ、生身 の歩兵として戦う羽目になるのだから。

(説明書より抜粋)
 

●ゲームの紹介
 人類(ヒューマン連合)が恒星間飛行を達成した遠い未来の時代、リーマン星雲の惑星「ルーヘレン」を舞台として物語は展開されます。この地は天然資源にめぐまれており、人類を含む4つの種族(宇宙4大種族)の「ヒューマン連合」、「スコープ連邦」、「ダーケン共和国」、通称「メルク」(正式名称は失念)が惑星を4分割し、それぞれ支配下に置いていました。4大国は開発競争を繰り広げつつも、表面上の平和を保ってきましたが、新たに鉱物資源が極めて豊富な星系:「ファイゴス」が発見されたことによって、軍事衝突は避けられない情勢となっていました。
 そんな状況下、ヒューマン連合の情報機関:ユニオン情報部(UIA)は、スコープ連邦が人間(ヒューマン連合軍捕虜)の遺伝子を改造した生物兵器をの開発に成功したという情報を掴みます。これは、あらゆる軍事条約に対する重大な違反でありましたが、スコープ連邦にとっては次の戦い、すなわち、ファイゴス星系を手に入れる戦いの切り札なのです。その名は「G−NOME」。力が強く、痛みを感じない戦闘用の生物で、生身の兵士にとっては計り知れない脅威です。研究施設群を破壊し、「G−NOME」を抹殺すべく、UIAの秘密工作員として敵地:スコープ連邦へと侵入を試みるジョシュア・ガンツ曹長を主人公とするのがこのゲームです。

 要は、遠い未来の世界で歩行ビークルに乗ってどんぱちするゲームです(笑)。一部では糞ゲーと呼ばれたこともありましたが、現在でもネット上にゲーマーが多数おるようで、最近(2013年現在)ではYoutubeやニコニコ動画にもプレイ動画がアップされ、コメントが盛況です。
 細部まで描写された美しいグラフィックと派手な爆発シーン、幅広い任務内容と数々のフィールドはプレイヤーの心をがっちりと掴みます。実際、私ももうかれこれG-NOME暦16年(2013年現在)となります。今後も私の心を離さないでしょう。

製作・米国7thlevel社("www.7thlevel.com"の7thlevelとは別:現在は吸収消滅)、
国内販売・株式会社ポニーキャニオン
デモ版ダウンロード先(英語、2013年3月1日修正)
デモ版のインストール方法、操作の仕方(初心者の方はご覧になる事を推奨)

注:最近、同じスペルで「GNOME(グノーム)」なるモノがあるようですが、別物です。 当ページで扱っているのは「G-NOME」、つまり"ハイフン"が入っており、発音も「ジノーム」あるいは「ジーノーム」です。「URLが"GNOME"の癖に何言っているんだ」とか言わないでください、諸般の事情です(汗)

●各種コンテンツ
HAWC性能データベース
製品版攻略のアドバイス
プレイのコツ・ミニコラム
チート集
GoogleでG-NOMEを検索する
Wikipediaの項目


戻る



この記事に関する問い合わせ
こちら

最終更新日
2013年7月23日、ゲームの紹介を更新。

更新履歴
・2013年3月1日、リンク切れなどの整理。
・2009年8月22日:製品版攻略のアドバイス
・2009年8月21日:攻略アドバイスのページを更新。
・2009年8月18日:トップページの説明文を一部書き換え。
・2009年3月7日の更新内容  
 →「●ゲームの紹介」部分の改訂
 →リンク整理。
・2007年9月1日に何処かしらかを弄ったという記録があるけど、良く覚えていない。設置からこの日までのことは全く記憶に無い。
・2005年6月〜7月に頃このページを設置したと思う。