ベビーサインってなあに  

HOME

      

ベビーサインとは

まだうまく話せない赤ちゃんと手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションをする方法です。

ベビーサインを使うことにより、赤ちゃんの世界をのぞくことができ、

親子の絆をよりいっそう深めることができます。


ベビーサインはいつから教えることができるの?

お座りが出来て、両手が自由に使えるようになったころですね。

赤ちゃんの成長には個人差がありますが、月齢で言えば7ヶ月くらいですね

ベビーサインのメリット

 .灰潺絅縫院璽轡腑鵑取れることで、育児のストレスが軽減されます。

◆\屬舛磴鵑猟砲い箸海蹐箋磴い討い觚彊が分かり、赤ちゃんの安全と健康に役立ちます。

 話し言葉への移行はスムーズになり話し言葉を習得する助けになります。

ぁ.灰潺絅縫院璽轡腑鵑漏擇靴い箸いΦせちが赤ちゃんにも芽生え、
コミュニケーションの質が高まり、親子の絆がよりいっそう深くなります。


ベビーサインの3つの誤解
赤ちゃんは生まれた時からベビーサインを使っているの?

ベビーサインは教えられて学ぶ初歩的な言語です。
話し言葉の日本語も赤ちゃんは周りの人が話しているのを聞いて
学び習得していきますよね。
生まれつき日本語を話せる赤ちゃんがいないように、
生まれた時からベビーサインを使う赤ちゃんはいないのですよ。


ベビーサインを使うと頭がよくなるの?

ベビーサインを赤ちゃんの知能を伸ばすための方法だと考える方がいます。
確かにアメリカの研究では、ベビーサインを使って育った子供の
IQスコアが高いという結果も出ていますので、まったくありえない話ではありません。
でも、IQは、知能の潜在的レベルを計るものではなく、
発達段階の差を示すものです。
だから、頭がよくなるというのは過度な期待なんですよ。


ベビーサインを使うと話し言葉が遅れるの?

話し言葉が遅れるということはありません。
ベビーサインを使うことでお母さんの語りかけは多くなりますよね。
赤ちゃんは、お母さんの声を聞いて、そして手の動きを見て、自分の体を使って実践します。
この3つのチャンネルを使って情報を得るため、
ベビーサインは覚えやすいのです。
この覚えやすいベビーサインを使って言葉の概念も学んでいくため、
サインを音声に置き換えるだけで、話し言葉が増えていくのですよ

 

Home