こだわりクロージング倶楽部・決起集会2014 リューノレポート 4 お台場

 



もんじゃ屋さんを出た決起集会ご一行は、再び駅まで歩いて行きます。
雨は若干降っている程度ですが、予報ではこれから良くなる…はずです。
 

途中、昼前に行列が出来ていた人気店の前には
未だに行列が出来ていて驚きましたが
昼だからなのか?天候が悪かったのか?理由は判りませんが
月島のもんじゃストリートは行きも帰りも物凄く混雑しておりませんでした。
 

で、先程乗ってきた有楽町線・月島駅から新木場に向かい
そこからゆりかもめに乗り換えてお台場方面に向います。
車の博物館的テーマパークに向うのです!!

車好きなリューノにとっては非常にありがたいイベントです。
 

で、ゆりかもめに乗り換えるため地下鉄から出たのですが
この時には雨が止みはじめていたと思います。多分。
 
丁度出発前だったのでタイミング良くゆりかもめに搭乗しましたが
僕たちが入った場所がこれも丁度先頭車両でした。

出発駅なのでゆりかもめ車内はそれほど混雑しておりません。
先頭車両でもユッタリ座る事が出来ました。
 

僕はリョースケさんと、リューノガレージ部隊として2人で
先頭車両の中央後方に座ったのですが
他の方々はこぞって運転席の無い全面ガラスの先頭車両の先頭部分に陣取りました。
 

マッシーさんに至っては、僕たちの斜め前方でチンピラ座りを始めました。
 

すると、この異様な雰囲気に耐えられなくなったのか?
マッシーさんの前に座っていた女子高生が後方車両に移動しました!!
 

僕とリョースケさんは離れた位置から
「ああいう風には見られたくないなぁ〜」と2人で冷静に会話しました。
 

ちなみに、次の駅くらいでも先頭車両の一番先頭側のドアから
待っていた女性客が入ろうとしておりましたが
異様な集団を見て、僕とリョースケさんが座っているドアまで回り込んでゆりかもめに乗り込みました…
 

本当に異様な集団なのですねぇ…
 

しかし、先頭車両に子供が乗り込んできたときは
流石に皆様常識ある大人なので、席を子供に譲っておりました。
 

さて、僕は新木場方面からゆりかもめに乗った事が無いので
周りの景色を見るのも新鮮だったのですが
東京オリンピックを前に再開発されている風景は中々圧巻でした。
その景色を見る事が出来て、実は結構心の中では盛り上がっていました!
 

途中、震災があったその時に火災・煙が上がっていたビルの近くを通り
少しだけ当時の事を思い出したりしましたが
無事に青海駅に到着して、皆様下車しました。
 

場所的にはヴィーナスフォートの近くでしょうか?
少し進むと大きなロータリーの様な場所に出て
右手にはトヨタの博物館メガウェブがありました。
 

僕達が向いたい場所はヒストリックカーが展示されている場所で
どうやらヒストリックカー博物館は、トヨタの展示場の反対側の建物内にあるみたいです。
(やはりヴィーナスフォートの建物内でした)
メガウェブ内の地図で確認できました。
 

一応、ここからは個別に自由行動が可能で
何かあった場合は4時にこの場所で集合する事を決めておきました。

が、結局皆様一緒に逆の建物に向います。
 
中央のロータリー広場にはスズキのハスラーが1台展示されていたのですが
マッシーさんが「ハスラー買えばよかったかな〜」と話しており
「安いんでしょ?」とたずねられたので
ふと、僕の親戚の自動車屋さんでハスラー2台が納車されるときに出向いた事を思い出しました。
 
「確か、1台はフル装備で200万くらいでしたよ〜」と僕が話し掛けて
展示されていたハスラーの金額を見ると…マッシーさんの想像以上の値段だったみたいで驚いておりました!

まぁ…今の時代、新車の軽自動車は高いですから。
 

こんな話はさておき、ヴィーナスフォート建物内に入って歩きます。
お台場の商業施設内なので普通に賑わっております。
 
で、通路の行き止まりの右側にヒストリックカー展示場の入り口がありました!
本当に端っこですねぇ…。
(ここからはリューノの低画質携帯カメラ画像でお楽しみくださいませ)
 

入り口を入ってスグにヨタ8(トヨタ800スポーツ)が展示されています!
レースカーと2台です。うぅむ…クラシックカーですねぇ。
 
マッシーさんが詳しく解説していたので、意外と博学だなぁ…と感心致しました。(失礼です)
 

次はトヨタのF1マシンが展示されています。
多分本物だと思いますが、おそらく中身は無いでしょう。
展示品のF1は、だいたいが外側だけです。中身(エンジン等)はございません。
あと、ヘルメットを被っているのは人形です。

その隣には…おおっ、赤い86(AE86)が置いてあります!
レビンのGT−Vですが…友人が赤いトレノのGT−Vに乗っていたのを思い出しました…

 

何気に、このレビンはサンルーフ付きです!!
見た目は綺麗ですが…86のシート脇のプラ部分がかけていたので
やっぱり年季が入っているのを確認できました。

 
その隣にはミニカー等が販売されているお店が隣接されていました。

奥には…何故かガレージがあり、メッサーシュミットと初期コルベットが修理中でした。
 

レジの前には車関連モチーフのマグネットが販売されており
BMWのロゴマグネットも置いてあり、僕の父親がBMWに乗っているので
記念に1個買っておみやげにする事にしました。
 

というか、ここで買い物しないと、何も買い物せずに終わりそうな雰囲気もございました!
で、おそらく僕だけが買い物しました。420円。
 

丁度このタイミングで一旦逸れていたリョースケさんから電話が入り
「何処にいますか〜」というので
「説明し辛いけど…トヨタの真正面の建物の入り口から入って突き当たり」

という超曖昧返答を致しました。

結果、ほぼ自力でコチラに合流できたみたいです。一安心。

この後、中庭に出ます。
 
  

中庭のロータリーっぽい所には柵の向こうにラリーカー、
エントランス部分には旧車が置いてあります。
 

むぅ。スバル360を発見!
今現在の僕の愛車が後継機といえる「R2」ですので
Kyo−1さんにお願いして記念撮影して貰いました。
  
 

そしてエントランス部分を回ると…おぉ!「TE27 レビン」があります!
いや、正確にはトレノだったかから「TE28」でしょうか?
 

周りにいる方々に僕の父親が乗っていたんですよ〜
と話をしてしまいましたが
帰宅してから父親に話をすると「乗っていたのはTE37レビンだよ」と告げられて
皆様に嘘を振りまいてしまいましたぁぁ…
 

そして、僕の記憶が何処で間違ったのでしょうか?
(その後、ウィキペディアで調べてみると
 今では数が少なかったTE37の方が希少らしいです…)
  

そのレビン・トレノの後ろには白いセリカが置いてありましたが
むっちーさんとみっちーさんの兄弟喧嘩(普通の会話)が始まりました!!

記憶違いって怖いっす。
 

施設内を一通り回ったので、そのまま博物館を出たのですが
それにしては車が少ないのでは?と疑問に感じた幹事の皆様は
再度、博物館内に入って確認すると…
どうやら2階にも展示場があるみたいです!!!
 

という訳で、皆様再び再入場して(入場無料)2階に上がります。
2階は…様子が一変して豪華な車展示場となっています!
 
入ってスグにフィアット500を発見!!

「ルパンの車だ」とマッシーさんが喜びます。
 

1950年くらいのクラシックカーが展示されているのですが
その一角にデロリアンを発見!!
 
デロリアンの脇にはバック・トゥ・ザ・フューチャーの公開当時のポスターが展示されているので
明らかに「映画の車です(同じ車種という意味)」で展示されていますね。
 

…しかし、髪型が「ドク (ドクターブラウン)」と化した
カミグチさんが見当たりません!
折角、近くにKyo−1さんが居たというのに…残念です。
 

その後、奥の通路に入るとミニカーも展示されていました。
ガラスケースに陳列されており、これもヒストリックカーの歴史の一部なんだなぁ〜



と見ていると、猛烈に見慣れた車を発見!!
 

ガラスケースに入った赤いボディの車…
「1994年 ランサーエボリューション?U」のミニカーです!!
3年前まで愛車だった僕の車のミニカーが存在していたとは!!!???
 

「エボ?Vじゃないのぉ?」と、バンパーやサイドスカート
リアスポイラーをチェックしましたが…
間違いなく「エボ?U」です!!!
 

僕がエボ?Uに乗っていた頃に、トミカで出ていないかなぁ〜と
ネットでチェックしても見つからなかった記憶がございますが…

エボ?Uのミニカーの横には「1階の販売ブースで購入できます」と
札が立てられています!!

これは絶対買う!!!
 

と思って、その後に展示されていた
ディーノやトヨタ2000GTにも目もくれず
皆様「駅に向います」という言葉に僕一人だけが反発して

「すいません、ミニカー買いにいきますぅ〜」とお願いしました。
 

という事で、皆様は先に駅方面に向かい
僕だけが1階の販売コーナーで買い物する事にしました。後から合流です。
 
しかし、Kyo−1さんが気を利かせて僕と同行してくれました…
ありがたいっす!
 
いや、僕一人だけだと不安だったからでしょう…
 

急いで、先程マグネットを購入したレジカウンターに向って
老紳士の雰囲気ただよう店員さんに
「2階に展示されていた、三菱ランサーエボリューション?Uの在庫はありますか?」
と尋ねました。
聞くのが一番早いです。
 

で、老紳士店員さんの答えは
「3年も前のモノ(展示品)だから、売り切れて無いです」という簡潔なモノでした。

念の為、三菱ミニカーコーナーを覗きましたが
やっぱりエボ?Uは無かったので、即、Kyo−1さんとお店・博物館を出て
駅に向かい歩き出しました。
 

しかし、購入できなくても明るい希望の光が見えました。
なぜなら、ミニカー自体が存在するのであれば
今の時代ならネットで探す事が出来るはずなのです!!
 

更に店員さんの返答にも、疑問解消の言葉が含まれていました。
 
エボ?Uのミニカーが発売・展示されたのが約3年前だとして、
僕がエボ?Uに乗っていた時期は3年以上前の更に7年間の期間でした。
 

僕がエボ?U購入当初で9年落ちの車だったので
当時、ネットで検索してミニカーを探しても無かったので
「ミニカー自体が存在していないのだなぁ…」と当然ながら諦めておりましたが
実は、その後に新たに製造されたミニカーを
この博物館で発見したのでした!!!
 

うぅむ…妙な巡りあわせとなりましたが
結果的に、お台場に来て一番得をしたのは、わたくしリューノだったのかもしれません。
 

で、Kyo−1さんと駅に到着しましたが…誰も居らず
その後に皆様が到着して合流となりました。

あれ?何処で入れ替わって先に付いてしまたのでしょうか??

 

更新日付 2015年1月1日

 

[戻る] [次のページに進む]