決起集会2013 リューノレポート 1

 

 

 2013年11月30日。土曜日。
今年も無事に「こだわりクロージング倶楽部」主催の「第15回決起集会」が東京で開催される運びとなりました。

わたくしリューノは今回で2度目の参加となります。

稲フェス(稲妻フェスティバル)には行かなくても、決起集会には行きたい!
という物欲を捨てた悟りの境地に立った…という訳ではございません。

で、今年は土曜日は休みをいただき、昼の部からのフル参戦でございます!!
いや、夜は1次会(本編)で帰るのでフル参戦では無いですね。

決起集会当日は冷え込みそう…という予報もあったので
今年は厚手のアウターを着ていこうと考え、悩んでおりました。
昨年はA-2を着用して、随分と寒い思いをして体調も崩しましたので
もう、レザージャケットを着用しなくても良いだろう…と勝手に考え
ドレスコードのミリタリージャケットを着用すれば良いだろう…と勝手に考えました。

前日までに色々と準備は済ませ(新幹線の切符も購入しておき)、決起集会当日を迎えました。


30日、朝。
晴天でございます!富士山も丸見えでございます!!

あまり寒くない…気がしましたが「N-2B」を着用しました。
肩が暖かければ寒さも和らぐだろう…という考えと
「N-2B」は誰も着用しない気がしたので被らないだろうと思ったのです。

さて、今回の集合場所・目的地は「東京スカイツリー」でございます!
「何かしらのタワーに登る」という決起集会昼の部の伝統に則り
今回はとうとう日本一の高さを誇る、観光名所のスカイツリー登頂に挑むのです!!

しかし、集合時間の11時に間に合う新幹線が無く
ギリギリの到着になりそうだったので
前もって線路乗り換えの時間や、駅構内の地図もチェックしておいたのです。
用意周到でございます。

車で新幹線駅に向かい、時間通りに新幹線に乗り込みました!

が…かなりの乗車率です。コレほどまでに込み合った新幹線に乗る事は珍しいのですが
よ〜く考えると、稲フェスに行くときは7時ですし
午後から決起集会等に参加するときは、朝ほど混雑していないだけなのですねぇ…
とにかく、結構な満員状態でしたが、何とか空いている席がございましたので
隣に座っている方に会釈してから通路側に座りました。

新幹線に乗り込んだブログと幹事のむっちーさんと
リューノガレージ隊員のリョースケさんにメールでご連絡だけ済ませておきました。

で、出発したのですが隣の席の男性の方が富士山をデジカメで撮影しております。

何となく放っておけなかったので、富士山麓在住地元民として
「この先の方が開けて撮影しやすいですよ」と話しかけてしまいました。

すると、男性の方もいろいろと話しかけてきてくれました。

関西の方みたいだったのですが、出張の際には富士山を記念撮影するそうです。
う〜ん…やっぱり富士山が見えるというのは貴重なのですねぇ〜
この1週間はず〜っと晴天続きで、富士山が見える状態だったので幸いでございます。

と、見知らぬ方とイキナリ会話しましたが
これも決起集会テンションだったのでしょうか?

男性の方は次の駅で下車し、代わりに女性の方が空いた席に座り東京に向かいました。

あと、ず〜っと気になっていたのですが
通路を挟んで斜め前の男性の方が青い「グフ Tシャツ」を着用しておりました!

いきなりガンダムアイテムを見る事になるとは…今日は縁起がいいのかなぁ〜と感じざるを得ませんでした。
その男性は隣にいた男の子供とDSの通信対戦をず〜っとプレイしていたみたいなので
父親がグフTシャツを着用しているのだなぁ〜と感心してしまいました。
徹底したガンダムすきなのでしょうねぇ。

さて、新幹線は神奈川に入り、新横浜までの間にトイレに立ち寄るのが
僕の上京新幹線内での過ごし方です。

席を立ち、トイレに向かおうと後側(進行方向逆側にトイレがあるので)に振り向くと
通路に立っている乗客の方が数人おりました!

おぉ!?知らない間に完全に満員状態だったのですね!!

更にトイレのある通路に出ると、そこも座席を確保できなかった乗客で一杯です!!
というか、トイレの前にもお客さんがおります…

男性と男の子の親子連れだったので、少し気になりながらも男性用トイレに入りましたが
近くに女性客の方が居ると…流石にトイレに入りづらいと思います。

まぁ、男性用トイレの前に好き好んで居座る女性も居られないでしょうが…

無事に予定通り用を済ませて席に戻り東京に到着しました。

今回の目的地、東京スカイツリーまで辿り着くために
最初は品川駅下車で電車を乗り継ごうと思っておりましたが
それだと時間がかかるのかなぁ…と思って東京駅からスカイツリーに向う事にしました。

 

更新日付 2014年1月1日

 

[戻る] [次のページに進む]