稲妻フェスティバル 2012 リューノレポート 6 巨大人型兵器録

 

 

  さて、リューノにとっての稲フェス第2部は

ダイバーシティーでのガンダム参拝でございます!

 

入場待ち行列の場所からガンダム頭部を確認できましたので

どの場所に向えば良いのか解りますので、稲フェス会場を回る様に歩きました。

ina2012pho28.jpg

道中の歩道からの撮影ですが、この方角に歩いているお客さんは、

ゆりかもめを利用しない駐車場方面か、りんかい線方面に向う方々です。

ina2012pho29.jpg

しかし、この歩道から途中の公園内に入ると稲フェス帰りのお客さん数は激減しました。

意外と人の数自体が疎らで、明らかにガンダムを見に行くような方もおりません。

ina2012pho30.jpg

僕はダイバーシティーに向って真っ直ぐ歩いておりましたが

ダイバーシティーに近づくと、ようやくガンダムの前面が見え始めました。

 ina2012-e-g00.jpg

そして…ガンダムとは全く関係の無いお祭り衣装を着た

おそらく高校生の集団が歩いて来て、その列の脇を僕は通り過ぎました。

何の集団だ?と不思議に思いましたが

丁度、ダイバーシティーの正面を横切る通路・歩道から祭囃子っぽい音が流れてきて

人垣が出来ており、そこに僕が全く知らないお祭り行進が行われていました。

ina2012pho31.jpg

流石はお台場、色々なイベントがございますなぁ…

(その後ネットで調べたら、よさこい祭のイベントだったみたいです)

 

ina2012pho32.jpg

さて、僕の目的はソチラでは無く、ダイバーシティー正面に立つガンダムです!

今まで見たガンダムは広場の中央に配置されていたので

ただ大きいとしか思いませんでしたが

ダイバーシティーの建物の前に立つガンダムは妙にリアリティを感じます。

ina2012pho33.jpg

この時、僕の頭の中に出てきたシーンというのが

「Zガンダム」の作品内でホンコンシティの戦闘シーンでビルが建ち並ぶ中、

道の真ん中に立つガンダムMk−兇

そのビルの陰から現れるサイコガンダム…という場面です。

 

意外と、そういう建造物と比較できるシーンというのがガンダム内でも少ないのですが

ガンダムとガンダムMk−兇和腓さ的にはほぼ同じなので

自分の視点から見上げると、そういう対比になるのかなぁ…と思いつつ眺めておりました。

ina2012pho36.jpg 

ina2012pho37.jpg 

ina2012pho40.jpg

とはいえ、特に各部をジックリ見る事無く、1周ぐる〜っと周りを回っただけですが、

携帯カメラで撮影していて気づきました!

ina2012-e-g10.jpg

僕の大好きな足首の踝部分のパーツが変更されています!!

ina2012pho38.jpg 

ina2012pho39.jpg

前までは、窪んでいて数値表記されるような表示板も付いていたその場所は

丸いカバーが被されていたのです…少しショックです。

ina2012pho43.jpgina2012pho42.jpg

と思っていたら、各関節(膝・肘)と統一されたパーツが付属していました。

 

う〜む…

おそらく、窪んでいる状態で野外に展示していると、雨が降った際にそこから雨水が入り込んだり、

その部分から雨水が垂れて汚れ易いのかなぁ…と推測しました。

仕様変更というより、管理上の問題ではないのか?と。

ina2012pho40a.jpg ina2012pho40b.jpg

(参考画像)左・初回お台場ガンダム 右・2回目静岡ガンダム

何が凄いって…静岡のガンダムの足元にお客さんが一人もおりません!!!

しかも、首が動いている最中なので正面を向いています。

全てを見比べると初回のお台場ガンダムがデカールが少なくシンプルな姿ですね。

そういえば、初回お台場のガンダムはこの後東京オリンピック招致のデカールが貼られたのでした。

 

ina2012pho45.JPG ina2012pho46.JPG

折角なので(?)、僕が発売当初に製作した1/144RGガンダムを撮影して紹介しておきます。

デカールは静岡仕様ですね。

ina2012pho47.JPG

リアルスケールのガンダムと比べると、もう何が何なのか訳が判らないですね…

というか、関節のフタパーツが異なっている…という比較画像のつもりでアップしたのでした。

ina2012pho34.jpg ina2012pho35.jpg

まぁ、そんな事を考えつつも簡単に写真撮影を済ませてダイバーシティー内に入りました。

僕の記憶では、建物内にも何かしらのガンダムブースがあったと覚えていたからです。

この時点で稲フェス帰りの方は一組くらいでした。全然見かけません。

 ina2012-e-g01.jpg

建物内マップを見ると、最上階にガンダムコーナーがあるみたいなので

エスカレーターに乗って最上階に向います。

途中、エスカレーター(ガンダム側入り口正面のモノ)が6階で終わっていて

6階を横に移動して更に上に向うエスカレーターを探しました。

マックとラウンドワンの横にそのエスカレーターがありましたが、

初めて入った人間には少々解り辛い構造です。

しかし、ダイバーシティー内で稲フェス帰りのお客さんは全くおりません…僕くらいです。

ina2012pho44.jpg 

とにかく、何とか無事にガンダム施設に辿り着きました。

壁面には大きく地球をバックに宇宙を漂うガンダムのイラストが描かれております。

正面入り口にはチケットを購入してはいる施設が右側、その通路奥が他のブースみたいです。

 

しかし、丁度、ガンダム施設前に辿り着いた瞬間に、急に疲労が一気に出ました。

これは…僕の限界が近い…と実感・痛感しました。

 

これ以上無理しても、ここから帰宅する余裕をもって行動しないといけません。

ですので、チケットを購入して入るコーナーは諦めました。

おそらく、リアルスケールのコアファイター等が置かれていると思うのですが

それは静岡で観たから良しと致します。

本当に悩んだのですが、無茶できません。

 ina2012-e-g05.jpg

という訳で、その傍らのコーナーを覗いてみました。

入り口入って左側には歴代のガンプラコーナーが設置されていました。

棚に並んだガンプラは下段が初期〜上段に向うにつれて新しいガンプラという配置でしたが

結構観易いと思いました。

 

初期のガンダムで、1/100スケールのモノは白と赤の2色だけだったなぁ〜とか、

1/100ゴッグを幼稚園のマラソン大会のご褒美で買ったな〜とか。

 

また、高校くらいに出たV2ガンダムを見て「こんなんだったか?」と考えたり

自分の人生の場面に出てきた時代を振り返るようにガンプラを眺めました。

まさか、そんなフラッシュバックしながら観るとは…自分も歳をとったと実感します…

 

でも、比較的新しいガンダムシリーズコーナーは素通りして、展示ブースを出ました。

 

そして、トイレに立ち寄ったのですが

男性トイレ内にはファーストガンダムの明言が多く記されています。

ina2012-e-g03.jpg

僕の立った目の前には「当たらなければどうという事は無い」という意味深なシャアのセリフが。

流石に、トイレ内を撮影する勇気はございませんでしたが

随所にガンダム関連のデザインが施され統一された施設です。

ina2012-e-g04.jpg

スタッフオンリーの扉には、今まで登場した各団体(連邦・ジオン等)のマークが記載されています。

…まぁ、全部が解る自分がアレですけど…

 

さて、トイレを出て奥に進むと、ガンダムのオフィシャルグッズのお店「STRICT−G」がありました。

ここは色々な企業・ブランドとコラボしたガンダムアイテムを販売しています。

 

まず、目の前に現れたのがTシャツです。

Tシャツよりも目に入ったのが、購入するとオマケで付属する「ガンプラハンガー」でございます!

 ina2012-e-g07.jpg

プラ製のハンガーの中央部分にガンダムのガンプラ・ライナーパーツが一体化しているのです…

お土産に欲しい…と思いましたが、その箱が大きくて嵩張る事と

稲フェスでTシャツ買っておいて、ここでも買う必要は無いだろう…と判断しました。

 ina2012-e-g08.jpg ina2012-e-g09.jpg

店舗に入ると他に「EDWIN コラボジーンズ」「ジャム・ホーム・メイド シルバーアクセ」

「ALPHA コラボMA−1」等もございました。

他にもTシャツ・エコバッグなんかも販売していたのを記憶しておりますが

僕が一番気になったモノは「手ぬぐい」です。

 

連邦とジオンのマークが2色切り替えで染められた手ぬぐいで

2パターン有りましたが、選ぶのも面倒なので両方共に購入することにしました。

おそらく、他のアイテムよりも圧倒的に使う場面が多いです。僕にとっての手ぬぐいは。

 ina2012mono20.jpg

という訳で1個1300円くらいなので2600円の買い物です。

今、よ〜く考えると「アウター MA−1、ジーンズ EDWIN、インナーTシャツ」と

コーディネート全てをこのお店でそろえる事が出来てしまう…

恐ろしい内容のガンダムショップだと思いました…

ina2012mono18.jpg ina2012mono19.jpg

しかし、こだわっているというか…徹底しているといいましょうか?

このお店の凄いのは紙袋です!

ガンダムカラーのトリコロールの配色を施しているだけではございません。

画像の黄色い部分はシールです!

袋を閉じるためだけのシールなのですが、ガンダムディテールを踏襲しているのです…

本当に感心してしまいました…

それとも、こんなところに気付くのは僕だけでしょうか?

 

後は、ダイバーシティー限定ガンプラ等を販売している売店コーナーだけでしたので

ガンダム施設を後にしました…まぁ、意外と早いと思います。

ちなみに、このガンダム施設内で稲フェス帰りのお客さんを…全く見かけませんでした。

 

というか、ダイバーシティーに入って気づいたのですが

僕みたいに大きな買い物バッグを持ち歩いている人の数は多いのですが

それは全てダイバーシティー内のファストファッションブランドの袋でした。

その方々は、きっとダイバーシティの真横で

アメカジの祭典が行われていた事を知らないのでしょうね…

 ina2012-e-e31b.jpg

帰り際に再度ガンダムを見る気力も失われておりましたので

丁度ガンダム施設のある側がりんかい線・テレポート駅側だったので

そのままエスカレーターを降りて、駅側方向に向いました。

出口付近でセブンイレブンがあったので、当分補給に三ツ矢サイダーを買いました。

そのセブンイレブンの出口から外に出ると

丁度りんかい線の出入り口正面になる信号の前でした。位置把握に納得いたしました。

 

後は、長〜いエスカレーターを降りて、りんかい線に乗り込みます。

よ〜く考えると、今までの稲フェスで会場を後にするときには

必ずゆりかもめを使っていたので、帰宅時にりんかい線に乗るのは初めてだと思います。

以外ですが、ゆりかもめからの景色を眺められないのが少し残念ですが

帰宅優先なので行きと同じルート「大崎経由〜品川駅」へ向います。

お台場を離れる時に時間を逆算して、17時すぎの新幹線に間に合うかな…

と思いつつ品川駅に到着して、券売機でSuikaを入れたら券売機では使えなかったので

みどりの窓口に並び替えて新幹線のチケットを入手しました。

 

ホームに辿り着いたときには新幹線発車の10分くらい前だったので余裕がございました。

あとは、のぞみに乗り込むお客さんの列に離れて待っていましたが

近くにいた5人くらいのお客さん全てが、この後に到着するこだまのお客さんと判ったので

品川から乗り込んで座席に座れるかな…?と不安が過ぎりましたが

到着した新幹線は結構ガラガラだったので余裕で座る事が出来ました。一安心です。

 

無事に新幹線は発車して、車内で残っていた小さいパンを食して

ブログ更新を携帯で済ませて外を見ると、既に真っ暗でした。

新横浜に到着すると座席は全て埋まる混雑ぶりでしたが

そのままボケ〜っとしていたら、一瞬気を失ったりして(寝て)

まだ時間的には早いのに、危うく乗り過ごす危険に注意しながら到着駅まで耐えました。

 

で、6時半頃に地元に到着。

車内を出ると、新幹線を待っていたお客さんの中に半袖の方が居たので

「嘘だろ?」と思いましたが、どうやら僕の地元でも半袖で過ごせるくらい暖かかったみたいです…

単にお台場だけが暑かった訳では無かったのですね。

 

そして、いつもの様に帰り際にマクドナルドに立ち寄って

カロリーの高いてりやきマックバーガーを注文したら「売り切れました」と…

売り切れるものなの?と思いましたが、

「てりやきフィレオチキンならございます」と言われたので

「ソースは有るのに??」と思いましたが、仕方なくソチラを注文して帰宅しました。

 ina2012-e-g21.jpg

まぁ…家に帰ってから、そのマックを夕食にしましたが半分以上食べきれませんでした…

 

そしてようやく長い1日が終わります。

時間的に余裕があったので、購入した品物を広げてレポート用の撮影も済ませました。

ina2012mono21.jpg

買い物した金額が頭の中で合わないなぁ…と思っていたら

RJBのハンティングを買った事を忘れて計算していなかっただけでした。

その日に買ったモノすら忘れているとは…

 

何にしても、1日無事に楽しく過ごせました。

今年は、夏場に体調を崩していたので無理せず早めに帰宅しましたが

短いながらも皆様とお会いできました。

 

買い物は…流石に欲しいと思っていたそのモノは無かったのですが

一通り買い揃えたので個人的には満足しています。

今思い起こしても、買っておけば良かった…と後悔するものも無いです。それほど。

 

書き忘れていましたが、会場を後にする前に立ち寄ったダルチのブースで

スヌーピーのコラボTシャツ(黄・ベースボール柄)を買おうか?悩んだくらいですね…買わなかったのですけど。

このバージョンの赤を買ってみたら、意外と評判が良かったので気になって立ち寄っていました。

 

そういえば、今年は関西でも初の稲フェスが開催されておりましたが、その模様はどうだったのでしょうか?

今年は出店企業数は昨年よりも明らかに少なかったように思えました。

マーケットストリートでも各テントも広く使えていましたから。

 

しかし、こうやって皆様とお会いする機会になるイベントを開催してくれるだけで

僕にとってはありがたい事でございます。当然ながら、買い物も出来ますし。

有名アメカジブランドのウエア類を何も所持していない状態で

試しに買い揃えるにはこういう買いものも良いかと思います。

数年前の僕がそうでしたから。

 

また、遠方から来られた方は、せっかく東京・お台場に来たのですから

その周辺の人気スポットを探索したり(僕みたいにガンダムを見たり…)する楽しみ方も出来ると思います。

人それぞれ、楽しみ方があるのも稲フェスの良いところだと思います。

 

多分…本日(というか毎回)お会いする、レポートにも登場する皆様方の真の目的は

夕方からの呑みの部でしょうけど…それも楽しい一部でございます。

その模様はどうだったのでしょうか?謎でございます…

 

長々と書き記しましたが、本日お会いした全ての皆様方、スタッフの皆様方に感謝致します。

本当にありがとうございました。

 

また来年も楽しい時間を過ごせるように祈るばかりでございます。

 

そして、ここまでレポートを読んでくださった皆様に感謝致します。

 

「リューノの稲妻フェスティバル 2012レポート −完− 」

 

 

 

更新日付 2012年11月11日

 

 【前ページに戻る】 【語る・あ ページに戻る