RIGHT ON WASHI DENIM ニットキャップ 紺色 

 


「RIGHT ON」の自社オリジナルブランドとして登場した
「WASHI DENIM (和紙デニム)」のニットキャップです。
正確な時期は忘れてしまいましたが和紙デニムという名前の商品は
1〜2年ほど前に登場して店頭で見た記憶がありました。

お店の前を通りかかったときに偶然コチラのニットキャップを発見して
4色パターンのある中から、デニムカラーな紺色を購入しました。

和紙が配合された糸で編み込まれたニットキャップです。
タグにはワッチと記されておりますが…判りやすくニットキャップとしてお伝えします。
網目の継ぎ目・境目の無いシームレスのキャップです。

触り心地はややサラっとした質感で、ポリエステルが組み込まれているので収縮性もあります。
被ってみると、まだ新品なので若干窮屈な感じです。(僕の頭サイズは57センチ)

この紺色がインディゴ染め(藍染)なのか?公式サイトを見てみましたが
何処にも記載が紹介されておりませんでした…
 
ワンウォッシュされている為か?元々がそういう素材なのか?判りませんが(何故、紹介されていないのかな…?)
若干、糸の色落ちが出ている様な見た目です。

 
頭頂部の画像です。継ぎ目が無いので均一な仕上がりになっています。

ここからは品質・商品タグ等の紹介です。

品質表記タグとMADE IN JAPANのシールタグがキャップ内側に貼られております。

 
素材はレーヨン、和紙デニムの糸素材、ポリエステルです。

  
継ぎ目の無いニットキャップの商品タグが付いています。
今ではそういう機会があるとはTVで見て知っておりましたが
その商品は意外と所持していない気がします。

  
和紙デニムの和紙タグです。
画像では全く見えませんが「WASHI DENIM」と凹凸の文字が入っています。
WASHI DENIMの頭文字「W」が筆文字で記されています。

 
  裏は和紙デニムの紹介文です。
素材自体がやや薄手なので夏場…は正直着用するには厳しいかもしれませんが
温暖な陽気の時でも使い勝手の良さそうな和紙デニムキャップなので
なるべく着用頻度を増やして、本当にデニムと呼べるほどの色落ち変化が見受けられるのか?
実験してみたいところです。
 

更新日付 2018年4月10日


 

[戻る]