JELADO×DryBones 20’sウールキャスケット

 

 

 「JELADO (ジェラード)」「Dry Bones (ドライボーンズ)」のダブルネームのキャスケットです。

「稲妻フェスティバル2011」のジェラードブースで購入したのですが詳細は聞きませんでした。

おそらく、ドライボーンズに別注したのだと思われます。

 

jelado-db-cas02.jpg

ボディは薄手のウール生地です。形状はかなり丸く球体に近いです。

アジャスターバンドも付属しておりますが、小さめサイズで「56.5センチ」の僕でジャストサイズです。

 jelado-db-cas01.jpg  jelado-db-cas06.jpg

jelado-db-cas03.jpg

jelado-db-cas04.jpg jelado-db-cas05.jpg

 

jelado-db-cas10.jpg jelado-db-cas13.jpg

フロントのツバ部分にアジャスターバンドが取り付けられています。

実際にはサイズ調整出来ないような状態です。緩ませても、キツク絞ってもサイズ感はほぼ変わりません。

jelado-db-cas11.jpg jelado-db-cas12.jpg

 

jelado-db-cas07.jpg jelado-db-cas08.jpg 

 

 jelado-db-cas09.jpg

キャップ内にタオルを詰め込んで撮影しているのですが、抜くとコンナ感じでペチャンコになります。

 

jelado-db-cas14.jpg

内側・内部の画像です。

ブルー〜パープルに見えるサテン生地が内貼りされています。手触りは高級感があります。

jelado-db-cas15.jpg jelado-db-cas19.jpg

左画像ですが、ツバ部分の縫製が解けています。(いわゆるパンク状態です)

内側なのであまり目立たないのですが、約2センチほど解れています。

さすがに縫製して自分でリペアするのは難しいので

いざとなったらレザーを上から被せて、革のパッチワークでリペアしようと考えています。

その方が楽です。

 

jelado-db-cas17.jpg jelado-db-cas18.jpg

内側汗止め部分は黒の馬革(ホースハイド)を用いています。

コチラも高級感のある仕上がりなのですが、汗をかいたら染みるが怖いです。

コチラにはジェラードのタグと、ドライボーンズの刻印が入っています。

jelado-db-cas16.jpg jelado-db-cas20.jpg

後頭部部分に白いリボンが結んであります。

このリボンで若干のサイズ調整ができるのかもしれませんが、

変更する理由も無いのでこのままにしておきます。

 

jelado-db-cas21.jpg

ジェラードの商品タグです。

裏側にこのキャスケットの詳細が手書きされているので大変助かりました。

jelado-db-cas22.jpg jelado-db-cas23.jpg

詳細は読み取れる通りです。「SAMPLE」の刻印がコチラに入っています。

試作品なのか?製品なのか?アメカジ歴が浅いので全く存じ上げません。

サイズは「M」となっているので、本当にその通りのサイズ感です。(おそらく57センチ程度)

価格は「7800円(8190円)」となっていますが

実物の品質は値段以上のクオリティに感じます。

 

jelado-db-cas24.jpg

商品タグとは別に製品管理タグ…みたいなモノが付いていました。

稲フェス用(セール品)の管理タグなのでしょうか?

赤い文字のナンバーが全て通しナンバーだと思うと、製品管理が徹底しているなぁ…と感じます。

購入金額は画像の通り「5000円」だったのですが

良いキャスケットが(ダメージがあるものの)このお値段なら安いと思ったので購入した次第です。

jelado-db-cas25.jpg

 

更新日付 2011年1月19日