BUZZ RICKSON’S A-3 デニムキャップ (ARMY AIR FORCES)

 

 

「東洋エンタープライズ」「BUZZ RICKSON’S (バズリクソンズ)」の

 「A-3 デニムキャップ (ARMY AIR FORCES)」です。

自宅より少々遠いリサイクルショップでノーブランド扱いで販売されており1600円くらいでした。

 購入時は新品・未洗い状態だったのですが

入手後に洗濯して帽子全体的にシワだらけとなりましたが気になさらないで下さい。

アメリカ陸軍航空部隊・整備兵用キャップを再現しております。

ネット検索で詳細を調べようとしたら「オリーブ・コットン生地」のA-3しか出てこなかったので

使用しているデニムは正確には分かりません。ライトオンス(8オンス)位の厚みです。

 

各部の縫製はシンプルなシングルステッチで、ツバ部分も同様です。

ツバ部分には台紙(的なもの)は入っておらず、デニムが2枚重なっている作りなので

根気とミシンとデニム生地があれば自作できそう…なキャップです。

 

各パネルはシングルステッチ(2本針ミシン?)で縫いつけられています。

頭頂部もデニム生地を重ねているだけです。

キャップが曲面なので見づらいかと思いますが、細かいピッチでムラ糸が出ているデニム生地です。

後頭部左側に「ウイングマーク」「ARMY AIR FORCES」のプリントが入ります。

ラバープリントで乾燥しきっているので、ハードに扱っていたらスグにプリントが剥がれると思います。

 

キャップ裏側の画像です。各部パネルを裏側から白い紐状ヘリンボーン生地で縫い合わせています。

 

キャップ裏側にも表同様のプリントが入っています。

 

品質タグ(スペックタグ)です。サイズは「7 1/4」でMサイズ相当になります。

頭のサイズが56.5センチの僕が着用すると、余裕の無いジャストフィットなので

普通の方には1サイズ上の「7 1/2」を選んだ方が無難だと思います。

一応タグには「BUZZ RICKSON」と記載されておりますが、普通に格安販売されておりました。

 

右側画像は汗止め部分を裏返して撮影したのですが

デニム生地はロックミシンで縫い止めしておらず、切りっぱなしの状態です。

「根気とミシンとデニム生地(と、裏地に使われているヘリンボーンツイルの紐状生地)」

があれば自作できる…と思うのは、こういった点からです。

僕自身では絶対に作らないと思いますが…

 

更新日付 2011年6月16日