William Walles フレイム・クロス シルバーペンダント

 

 

 「William Walles (ウィリアムウォレス)」のシルバーペンダントです。
地元の大型リサイクルショップで購入したと思いますが、随分と昔なので記憶が曖昧です。
おそらく、3800円くらいでノーブランド扱いで販売しておりました。
元々、ウィリアムウォレスのシルバーアクセには興味があったので、お手ごろな価格で入手できてよかったです。


ブランド名の由来は13世紀のスコットランドに存在した「ウィリアム・ウォレス」という実在の人物・騎士からです。
映画「ブレイブハート」の主人公…と、今調べて知りましたが、多分、その映画を観た記憶がありますが、無意識でした。
僕が知る限りでは2000年以前から知っているブランドで、
ウォレットやシルバーアクセの一部分ににスティングレイを使っているのが印象深かったです。

「縦・4センチ 横・3.3センチ」の中サイズのクロスペンダントです。
ネットで検索してみたところ「フレイム・クロス ペンダント (黒)」が正式名称みたいです。
色に白と黒があり、黒はいぶし銀の加工が施されていて、ディテールが立体的に際立ちます。
 
普通のクロス形状というよりも、騎士の象徴でもある剣がモチーフになっている様なデザインです。
作り込みは非常に丁寧です。
  
 裏には「William Walles」の刻印が入ります。
今気づきましたが、シルバー表記(925 等)が入っていません。
裏面のエッジ部分は曲面化されていて、手触りも良いですし綺麗な作りです。

 
やや大振りなボールチェーンには「STERLING」の刻印が入ります。
画像では文字が小さくて見づらいです。おそらく純正品だと思いますが…
ボールチェーンの長さは55センチでした。

黒い専用ボックスが付属品で付いていました。
中身の構造はリングを収納するような作りだったのですが、中古品なので詳細は判りかねます。

更新日付 2014年6月17日

 

[戻る]