R.J.B キーホルダー (KEY102)

 

 

 「フラットヘッド」の姉妹ブランド「R.J.B」の「RJB」のキーホルダーです。

地元のフラットヘッド専門店で購入しました。

 

rjb-key102-01.jpg

素材はステンレスと真鍮です。

大きさは「横幅 7センチ、縦幅 2センチ」です。

元々、ヴィンテージのキーホルダー(こういった形状のもの)をモチーフに製造されております。

rjb-key102-02.jpg

rjb-key102-03.jpg

rjb-key102-04.jpg

rjb-key102-05.jpgrjb-key102-06.jpg

 

中央のプレート部分は表にRJBのロゴの文字が入り、

裏側には唐草模様がデザインされております。

rjb-key102-08.jpg rjb-key102-07.jpg

rjb-key102-09.jpg

このキーホルダーの使い方ですが、

上画像の唐草部分の側面部分に穴が開いているのが確認できると思います。

その部分でフックが効いている状態なので、

○部分側を押して引き抜くと(画像方向だと左側)上画像の状態になります。

rjb-key102-10.jpg

そして、通しておきたいキーホルダー等を両側に挿し込んでおきます。

(今回はフラットヘッド・RJBのキーホルダーを使います)

そして、中央プレート部分を外したときと逆の手順でワイヤー部分をプレートにはめます。

rjb-key102-11.jpg

すると、両側部分が完全に閉じてキーホルダーとして使うことが出来ます。

 

このワイヤー(フック)部分はステンレス製かなり頑丈で強度があるので

外す際にはそれなりの力が必要です。(子供・女性では困難かもしれません)

そして、このワイヤー部分と中央プレート部分を外す際に

どうしても金属同士で接触するわけですが、ワイヤー側の表面が削れていきます。

どういう塗料・メッキ加工なのかは不明ですが

着脱を繰り返したり、ハードに使い込む程にバリバリ削れます。

そういうモノだと理解した上で購入する事をオススメします。

 

rjb-key102-13.jpg rjb-key102-14.jpg

今回の撮影で使用したフラットヘッド、RJBのキーホルダーを並べて撮影しておきました。

大きさの参考になさって下さい。

 

rjb-key102-12.jpg

購入の際に付属していた取り扱い説明紙です。

ハイクオリティなブランドの割には、この紙・プリントが安っぽいです…正直。

まぁ、特に気にしませんが、製品が高品質なだけに目に付く…と思います。

 

更新日付 2012年4月14日