CRAZY PIG プレーンシルバーリング

 

 

「CRAZY PIG (クレイジーピッグ)」のシルバーリングです。
2015年のお正月に地元の大型リサイクルショップで無刻印のプレーンリングが置いてあったので
普通に欲しいと思って購入したのです。1000円で…
イングランド製シルバー製品の刻印っぽいものが入っているなぁ〜とお店で気づきましたが
その後、ネットで調べたり、詳しい方に見てもらった結果
どうやら、本物のクレイジーピッグのリングだったみたいです。

 
表側には刻印・デザインが無いシンプルなプレーンリングなので
一応、傷等が多いので4方向から撮影しました。
サイズは着用した感じから17号だと思います。
 
傷・ヘコミが沢山あり、使用感が多いのですが1000円なので気にしません。
シルバーの質感は物凄く良いです。
同じシルバー925でも他シルバーアイテムとは何故か雰囲気が異なります。不思議ですけど。

 
内側にはクレイジーピッグの特徴である「蹄 (豚の蹄らしい)」三角形が重なった様なデザインの刻印と
右向き矢印っぽいマークの中に「JAS」の刻印。
その下に4つの四角マークがありますが、これはイングランドで製造されるシルバー製品に入る刻印です。
アンティークのシルバー製品にも入るデザインで、中のパターンで年代も特定できるのですが
このリングでは中の刻印デザインまではわかりません。
 
僕がよく出向く洋服屋さん(地元のエターナル取扱店)の仲の良い店員さんが
出会った当初(10年くらい前)からクレイジーピッグのシルバーアイテムを身に着けている、ピッグ好きな方でした。
そこで、この店員さんにこのリングを見て貰ったのですが
手渡した瞬間、僕が何も言わなくても「ピッグのリングだ!」と気づきました。

本当に詳しい方が見るポイントは、刻印もそうですが内側の作り方に特徴があるみたいです。
シルバーアクセを作る際にロウでキャストするのですが、その接続継ぎ目が正しくクレイジーピッグそのものらしいです。
(上写真では判りづらいのですが、蹄マーク左の黒い点の部分です。)
また、内側の処理も決して綺麗では無く、荒っぽいのですがハンドメイド感が出ているみたいです。

そして、無刻印のプレーンリングは非常に珍しくて見た事が無いそうです。
推測するには、本店別注品・サンプル品・日本未発売品かもしれない…と教えてくれました。
なるほど…勉強になりました。ありがとうございます。

という事で、偶然発見したリングがたまたまクレイジーピッグだっただけですが
運良く1000円で入手できて良かったです。

 

更新日付 2015年3月9日

 

[戻る]