モルガンダラー1921年 シルバーコインリング (ブランド不明)

 

 

地元の大型リサイクルショップで見つけて購入したシルバーコインを加工したリングです。
購入した金額は忘れてしまいましたが(おそらく3000円以下、セールで更に値引きされました)
この様なシルバーコインを加工して作ったリングに憧れがあったので
ブランド不明品ですけど入手できて良かったです。

  
リング表側には白頭鷲(コインでは裏面)が向いています。
サイズは19号くらいだと思います。僕の指には若干大き目です。
 
 
ネット等で見られる有名な(ブランド品の)コインリングとは形状が異なり
平らな面でリングが構成されています。
また、リングの面に見えるコインの柄部分も一部でしかありません。

僕の推測ですが、こちらのコインリングは上の図の様にコインの一部だけを切り取って
伸ばしてリング状にしているみたいです。
有名ブランド品コインリングは中央をくり貫いて、ドーナツ状のコインを叩いてリング状にしているみたいなので
僕が入手したコインリングとは構造が全く違います。
それでも、このリングの柄等のディテールはモルガンコインに間違いは無いかと思われます。

 
リング内側が本来のモルガンコイン表側面で、自由の女神がデザインされています。
このコインリングでは自由の女神の首・顎・髪の毛の一部だけしか見えません。
その自由の女神の下に「1921」と年代の刻印が入っております。
  
手書きの図に記したとおりの構造だと推測して
リングには銀蝋付けして閉じた加工が見受けられます。

この部分は左右で柄が一致・つながっていないので、切り取って加工されたと推測いたします。
 

更新日付 2017年3月24日

 
 

[戻る]