ホーム
製本法一覧

糸かがりとじ

糸かがりとじの概要

糸かがりとじは手作り製本における王道とも言えるようなとじ方です。無線とじに比べて糸でかがる必要があるなど少々手間がかかる上にかがり方を覚えるのが一苦労だったりしますが、完成したときの達成感などはとじ方の中でも群を抜きます。

糸かがりとじでは網代とじとおなじく折丁を単位としてとじます。本文は折丁印刷しておいてください。

道具については本格的なものをそろえれば、安定してキレイなものが作れますが、「何冊も作らなければいけない!」ような状態でない限り専門的な道具は必要ないと思います。

上製本製本法

上製本工程一覧

  1. かがる前の準備
  2. かがり
  3. 見返し付け
  4. 丸みだし・耳だし
  5. 背固め
  6. 表紙作り
  7. 表紙・本文接着
  8. 溝入れ

とじ方を選択

上製本
ハードカバーの製本法

関連リンク

製本に必要な道具と材料
道具や材料の紹介です。
とじ方別の構造
本の中身がどうなっているのかを図を用いて紹介。
本の各部名称
解説中にも登場する各部名称。

印刷向けPDFのダウンロード

印刷してご使用いただくのに便利なPDF形式のファイルをダウンロードできます。

ご利用にはAdobe Readerが必要です。