2008年活動記録


2008年5月31日(土) Groovy Wave
いよいよ零細JAZZの2008年夏が始まりました。今回は高山のPASSPORTにてCAS+さんとのジョイントライブです。CAS+さんは伝説のラテン・フュージョンバンド。今回声を掛けていただいて一同感謝申し上げます。さて、ライブは多数のお客様と温かい拍手で熱いステージとなりました。また、LIVE終了後の懇親会では「これからもLATIN・FUSIONの火を消さないようお互いに頑張ろう」と言うことで意見が一致!これを励みにこれからも頑張ろうと思う一日でした。
            
こんな素敵なポスターを作って頂きました。ホント!センスいいですよね。 CAS+さんです。5年振りとは思えないくらいの土台+キーボートの安定感が際立っていました。私は「Andalcia」が良かったです。
           
最後はCAS+との合同演奏でした。大変難しいナンバーだったんですが最後まで止まらず続けられました。そんなにわか演奏にもかかわらず温かい拍手を送ってくれたお客様に感謝!!
 
 
 
  
          2008年7月12日(土)  
  PREMIUM  LIVE  2008  鼓土里座
                         
零細JAZZ楽団、恒例の単独ライブ「PREMIUM LIVE」が中津川市付知町のライブスポット「鼓土里座」で行われました。鼓土里座はフォークグループ「土着民」の運営するライブスポットです。歌舞伎舞台風の作りでどこか懐かしい、親しみの持てる素晴らしいコンサートホールです。今回は前半はボーカル入りライブ、後半は零細JAZZのラテンFUSIONと、2部構成で頑張りました。多方面より数多くのお客様においで頂き、メンバー一同感謝申し上げます。また土着民の方々ならびにお手伝い頂きました皆様にこのページをお借りして感謝申し上げます。
     
1部のボーカルライブでは歩エール土田氏、ムーディ長瀬氏がボーカル&コーラスを頑張ってくれました。また、名古屋よりベーシストのオガ太武志氏を迎えての演奏となりました。そして、今回、零細JAZZ初めてのオリジナルボーカル曲、「恋空」、「旅立ち」という2曲を披露しました。
        
2部の零細JAZZの演奏は新しいナンバー3曲を加えた8曲を演奏。今回は名手・ダンディ雅氏(TB)、そしてメジャーデビュー真近の美人SAX奏者バービー歩美さん、そして遥遥地球の裏側、メキシコから来日のホセ・パンチョ松木氏を迎えての華々しい布陣のライブとなりました。
             
写真左 : 可愛い顔に似合わず高速で男性的なソロを得意とするバービー歩美さん。右のダンディ雅氏は彼女の父親です。親子揃って同じステージに立てるなんて幸せ者と言うしかありません。
写真右 : 歩エール土田君(前)とピエール細江君(後)は共に下呂温泉病院の療法士の先生ですが、それとは別に「RE-START」というバンドを組んでます。両氏とも素質ある人達です。
         
写真 左 : 零細JAZZ楽団は今回初めて鼓土里座でライブをしましたが、何と2階席があり写真下のように上から眺める事も出来ます。宿泊施設や露天風呂もあり、とても良い所なんです。
写真右 : 最後のアンコールは全員揃っての合同演奏です。リハの時間が足りずぶっつけ本番の演奏で皆様には御迷惑をお掛けしました。でも無事演奏を終える事が出来ました。ご苦労様。
              
写真左 : ライブ終了後、土着民の方々にお誘い頂き、軽く打ち上げをしました。普通の民家のような部屋ですが、なんと!ここがライブ会場なんです。同じ場所とは思えませんよね。
写真右 : 鼓土里座の横には谷が流れていてホタルが沢山飛んでます。名古屋から来たオガ太君は「奥さんと一緒にホタル探し」・・ほのぼのとした光景・・。イエイエ、実はオガ太君、BASSの特訓中なんです。ぶっつけ本番なんで無理も無いのですが・・本人は必死の悲しい光景なのです

PREMIUM LIVE 2008・参加メンバー紹介
弦楽器&ボーカル部隊(名前、担当楽器、出身地)
         
左より小池良平(GT)中津川市、オガ太武志(BA)名古屋市、歩エール土田(VO)各務原市、

管楽器部隊
(名前、担当楽器、出身地)
              
左よりダンディ雅(TB)土岐市、ムーディ長瀬(SAX)高山市、バービー歩美(SAX)土岐市、

打楽器部隊
(名前、担当楽器、出身地)
        
左より遠藤広次(DR)中津川市、ピエール細江(PER)下呂市、ホセパンチョ松木(PER)メキシコ、
※以下のHPでもこのライブの模様が御覧頂けます。
http://red.ap.teacup.com/kotoriza/989.html
http://jazz404.com/2008/07/jazzlive.html
http://sendaimo.hida-ch.com/e61389.html



            2008年8月15日(金) 
   下呂温泉・HOTEL DIAMOND SOCIETY
                 
会員制高級リゾートホテル「ダイアモンド・ソサエティ」にてLIVEを行うのもこれで2年目ですが、演奏の品位の他、音量にも細心の注意を払わねばならず毎度緊張して演奏をしています。零細JAZZといえば音はデカイ!品性もあまり良いとは言えず、今回は品性の良いボーカリスト・歩エール土田君をフューチャーしてのライブとなりましたが、最後には皆様に温かい拍手を頂き無事成功に終わりました。ライブ後に入ったホテルの温泉はとても良かったです。ところで、ボーカルの歩エール君は風邪を押してのライブ強行で、翌日より入院したそうです。
                      
写真左 : ボーカルのポエール土田君。彼は夏風邪を押してのライブ出場です。オリジナル・ボーカル曲は今までに無く奇麗に決ったね!!この翌日、ポエール君は肺炎で入院しました。気を付けて!
写真右 : 本日の出場メンバー。左よりポエール土田(Vo)、ムーディ長瀬(Sax、Cho)、小池良平(Gt)、遠藤広次(Dr)。ここはロビーですが真上には大きなシャンデリアがあります。



            2008年8月16日(土)
        下呂温泉・いでゆ夜市
下呂温泉・いでゆ夜市に参加させていただくのはこれで3回目となりましたが、今年は盆
と重なったせいかお客様の数が大変多く、見渡す限りの人、人、人・・一体何百人のひと
がいるのだろう?演奏が始まると歩行者天国の道路には沢山の人だかリが!そんな熱
い雰囲気の中でメンバーも超ハイテンションで演奏ができました。
今回は管楽器部隊、ボーカル部隊、太鼓部隊が勢揃いで久しぶりに零細JAZZらしいレ
パートリーが出来たような気がしました。また、わざわざこのライブのために足を運んでく
ださった皆様、下呂観光協会等の皆様に感謝申し上げます。
        
写真左 : 下呂の川沿いには沢山の露店が並び多くのお客様で賑わっています。零細JAZZ楽団は
       川にかかる白鷺橋の上での演奏です。橋の欄干には沢山の提灯が並びとても綺麗でした。
写真右 : 夜7時半いよいよ演奏開始。路上に長いゴザが敷かれ、この写真では確認できませんが沢山
      のお客様が御覧になっています。日頃は奥手なメンバー達も(1名を除く)盛り上がってますよ!
       
写真左 : 零細JAZZの強力管楽器隊。土岐のチョイワル親父トロンボーン奏者・ダンディ雅氏。
       高山の音楽実現党・代議士SAX奏者・ムーディ長瀬氏。後方は小池氏。
写真中 : 高山のボーカル&ピアノの先生・津田美雪さん。相変わらず上手い!後方は遠藤氏。
写真右 : 零細には2名のパーカス奏者がいます。左がピエール細江君、右がゴージャス牧野君。
 
本日の参加メンバー1・太鼓部隊
       
写真左 : ドラムス・遠藤広次。零細JAZZのリーダーです。昔は「中津川の手数王」「ピストン遠藤」と
     呼ばれるほど手数の多いドラミングだった。今は出っ腹が災いして手数も影を潜めている。
写真中 : コンガ・ゴージャス牧野。最近LPのコンガを購入しメンテナンスに余念がない。メンバーから
     は「運搬がキツくなった」「荷物の幅を取る」などと苦情が続出!・・・その分もっと上手くなってね。
写真右 : ティンパレス・ピエール細江。「過去は振り返らない」が彼の座右の銘で、3歩あるいたら全て
     忘れてます。また、オバサマに人気があり「門和佐のヨン様 ピ・シュウチャン」と呼ばれている。
 
本日の参加メンバー2・管楽器部隊
        
写真左 : ダンディ雅・トロンボーン。団員からは雅先生、Dr雅となどと尊敬される名奏者です。チョイ悪
     オヤジで、身なり、服装、車など全てがスタイリッシュでチョイ悪が漂う。彼の娘さんはSAX奏者。
写真中 : ムーディ長瀬・SAX。最近は腕を上げて、得意のムード歌謡の他にJAZZアドリブも良いパフォー
     マンスを見せる。また、歌も上手い!演説も上手い!行動力抜群!将来の代議士先生だね。
     
 
本日の参加メンバー3・ギター&ボーカル部隊
         
写真左 : 小池良平・ギター。零細JAZZのバンドマスター。前出の遠藤氏とLATIN・JAZZ楽団を作ろう
     としたがあまりのマニアックさに人が一向に寄り付かずヤケクソで「零細JAZZ」と名づけた。ところ
     が世の中にはマニアックな人はいるもので、変モノ好きが寄り集まり現在の様な形にまで成長した。
写真中 : 津田美雪・ボーカル。高山出身、歌とピアノの先生で中低音のトルクは定評がある。また音域
     も広く、どんなジャンルも唄えそうだがJAZZ系だけは唄ってくれない。きっと良い線いくのにね。
写真右 : 最後にこのステージの全体像を御覧下さい。当日は降雨確率50%とあって上部にはテントが
     あります。しかし、我々の呪いが通じたのか心配された雨は降りませんでした。めでたし々・・。
 
 
          2008年9月7日(日)
    高山市・まちなみコンサート
   
まちコン出演も、はやこれで5年目、零細JAZZも当初に比べると人数が増え、
かなりパワーアップしました。「もう零細じゃないんじゃないの?」と言う人もいま
したが、マイナーでマニアック&悪趣味な選曲は今でも健在です!!開催場所は
今年から陣屋前の広場。 この日は降雨も心配されましたが空は泣き出す事も無
く、そして暑くも無く気持ちよいライブが出来ました。最後まで熱心に聴いて頂いたお
客様、そして毎年お手伝い下さるスイング・エコー他の皆様に心より感謝申し上げます。
   
陣屋の美しい風景をバックに沢山のお客様が聴いてくれました。このあたりは
観光の人も多いようで他府県のみならず海外の方もちらほら見受けられます。
   
あれっ!パーカス隊の彼らは見詰め合って微笑み合って余裕こいてますよ。
ブラス隊の方々は何か怖いスよね。このバンドのお偉いさんに至っては後方に隠れて
よく見えません。特にドラムスの遠藤氏は本当は目立ちたがりなのに隠れるんですよ。
             
ボーカルの津田先生です。私の一押しボーカリストです。初秋の麗らかな風を受けて
気持ちよさそうに唄っています・・・。それにしてもブラス隊の方々は怖い・・。
         
写真左 : パーカス隊のゴージャス君とピエール君です。ゴージャス君(手前)は独特のファッションセンス
       の持ち主です。ピエール君(奥)の今日のファッションは「プロゴルファー猿」みたいでした。
写真右 : 怖いブラス隊の方々です。中央よりダンディ雅氏(TB)、ムーディ長瀬氏(A・SAX)。
       ムーディ長瀬氏は「まちコン実行委員長」で、毎年秋は「火宅の人」となります。
        
写真左 : 本日競演したCASの方々です。海のリゾートで聴きたいサウンドですね。因みに右のドラムスの
       方は高山のFUSION界の重鎮、通称「ドラムおやじ」さんです。人参が大好物らしいです。
写真右 : この日、CASの方々と打ち上げをしました。すごくゴージャスな料理でした。遠藤氏に至っては
       日頃食べ慣れない「丸明」顔負けの高級飛騨牛や毛ガニを食いすぎて下痢をしてしまいました。
    
降雨や強い日差し用にテントが設けられましたが、この日は薄曇りで快適でした。
                      
演奏が始まると沢山の人が足を止めて聴き入ってくれました。感謝・感謝ですね。
気楽に足を止めてライブを観られる・・・これがまちコンの良さでしょうね。
本日の参加メンバー
     
写真左 : 遠藤広次(DRUMS)。バンドリーダー。最近は禁煙中。食欲がUPし、更に出ッ腹になりました。
       おめでとう!!でも、過剰な出っ腹は演奏に支障を来たしますよ。昔は体重47kgだったのに。
写真中 : 小池良平(GUITAR)。バンドマスター。曲担当。新曲を出してもメンバーから「マニアックすぎる!」
       と拒否される。本人は「最近の零細はマニアックさが無いな」と本気で思ってるらしい。
写真右 : 津田美雪(VOCAL)私の超イチ押しのボーカリスト。「何が何でも彼女に」と言う感じです。最近は
       主婦業が忙しくボーカルのトレーニングはあまり出来ないらしい。う〜ん・・・実に勿体無い!
      
写真左 : ムーディ長瀬(SAX)まちコン実行委員長、会社経営、政治活動と休む暇も無い実業家。最近は
       解散総選挙を目論んだ政治活動にも余念が無い。SAX以外に郷土史研究家の異名を持つ。
写真中 : ダンディ雅(TB)。今日も「Drコーケツ・チョイ悪ファッション」がキマッてます。見た目もスマート
       ならPLAYもスマートで、彼の先乗りのフレーズは零細サウンドには欠かせませんね。
  
写真左 : ゴージャス牧野(CONGA)。前出のトランペッターKING・KAZU氏と同年代なのに貫禄もオーラも
       全く無い人。そばにいても全く気づかない。このオーラの無さこそ牧野アンニュイワールドです。
写真中 : ピエール細江(TINBARES)。ロックドラム出身のパーカッショニスト。憎いフレーズを繰り出すも
       オカズがドラムとカブッてしまい何度も遠藤氏の見せ場を奪う。手数の多い者同士だからね」。
      
     
         
       2008年10月26日(日)
    下呂市まるかりの里・収穫祭
静かで美しい山郷・まるかりの里で開かれた収穫祭にお招きを受けました。
静かな自然とは不似合いのラテンのメロディに驚かれた方も多いかと思いきや、
かえって新鮮で楽しかったとの事で一同安心しました。当日の天気は生憎の雨、
仮設テントの下でのセットは悪戦苦闘の連続でしたが、それでも演奏を開始でき
拍手を頂いた時は嬉しかったですよ。そして演奏後に頂いたギャラは松茸御飯に
大根、赤カブでした。御飯は松茸タップリ、野菜は本当にに立派な出来でした。
      
写真左 : 雨の中、何処からともなく沢山の人達が集まってきました。予想以上の人出ですよね。
写真中 : 演奏開始、1時間以上のステージが始まりました。皆さん熱心に聴いてくれてますね。
写真右 : 本日MCを務めたゴージャス牧野君です。予定外のMCに狼狽気味です。MCの名手でもある
       SAXのムーディ君も疲労を理由に最後まで助け舟を出す事を固辞し、孤立無援の牧野君でした。
    
写真左 : 演奏も波に乗ってきた頃、舞台右手では餅つき大会が始まり盛り上がってきました。
写真中 : 零細名物「チョイ悪ブラス隊」です。本日はチョイ悪オヤジファッションは影を潜めています。やっぱり
       サングラスは掛けましょうよ!但しムーディ君は本当に怖くなるので絶対にやめてくださいね。
写真右 : 本日のキャストの方々です。皆さん楽しく演奏出来ましたか?
       
              
写真左 : 本日のギャラの赤カブを抱えて満足そうなゴージャス君と遠藤リーダーです。これ以外に 遠藤
       リーダーは大根を貰っていて、自身が山で採ってきたキノコ(アミタケ)と和えて食べるそうです。
写真中 : 地元に帰ってから打ち上げが始まりました。この後、ムーディ君は仕事のため近くの旅館泊まリ。
       ピエール君は「道の駅」で野宿。ダンディ氏は楽団の練習。小池氏は徹夜で仕事だそうです。
       遠藤リーダーは何故か奥さんに大目玉を食らったそうです。全く意味が解らないと困惑気味。