中双里から梵天ノ頭往復(両神)

date 2018/7/15 晴
コース 東屋〜中双里〜白井差峠〜梵天ノ頭(往復)
実働 登り:3h15m、下り:2h10m、計:5h25m。
概要 金山志賀坂林道閉鎖で猛暑の代替ハイク。
メンバー Km君、すうじい
使用装備 軽登山靴、ストック、コンデジTG620、GPS、携帯電話、クーラーバッグ、飲料・ゼリー
不用装備 10m細引
行程 →:山道・踏跡、:溯行、\\:藪漕ぎ・踏跡無し、車:=。
【7月15日】 晴
自宅5:00=志賀坂トンネル南口7:00=出合トンネル8:25=8:50東屋9:00→9:50小休止10:00→10:48小休止10:53→11:35白井差峠11:45→12:40梵天ノ頭13:00→13:40白井差峠13:45→14:25小休止14:35→15:25東屋15:30=16:10両神荘(入浴)17:10=22:30自宅
記録  学生のKm君と、北鎌リベンジのためのトレーニングとして、両神に出掛けた。登山口の落合橋を目指したが、なんと、金山志賀坂林道が完全閉鎖となっており、八丁尾根にも大キギにも近付けない。止む無く、中双里から梵天ノ頭を往復することにした。

【7月15日】 晴
 早朝、最寄り駅でKm君を拾い、関越道経由で志賀坂トンネル南口まで2時間。だが、金山志賀坂林道は、閉鎖されている。諦めきれず、中津川側へ迂回する。しかし、出合トンネル側も通行止めであった。事前調査しなかったことを、悔やんでも始まらない。代わりのコースを検討する。

 中双里から梵天ノ頭往復に決めるが、中双里には良い駐車スペースが見当たらない。少し下った県道わきの東屋前に、車を停める。猛暑のさなかなので、保冷バッグに保冷剤と冷凍したゼリー飲料、お茶のPETボトルなどを詰め、担いで行く。

 中双里の集落裏からは、いきなりの急登が始まる。登山道は、あまり登る人がいないのか、やや荒れた感じである。(工事中)

この山行のブログは「中津川流域」・「両神山」に連載があります。

GPS軌跡・溯行概念図・アルバム(工事中)

左の表題をクリックすると各ブログが開きます

その1
その2:
その3:
その4:

両神山の山行記録へ
のホームページの館へ
の表紙へ
本館トップページへ