大ナゲシ・赤岩尾根(両神)

date 2016/5/5 晴
コース 落合橋〜小倉沢〜赤岩峠〜大ナゲシ〜赤岩峠〜赤岩尾根〜八丁峠〜落合橋0
実働 登り:7h、下り:1h20m、計:8h20m。
概要 アカヤシオの大ナゲシ・赤岩尾根縦走。
メンバー すうじい(単独)
使用装備 軽登山靴、ヘルメット、ストック、コンデジTG620、GPS、携帯電話
不用装備 アイスハンマー、10m細引、カラビナ、スリング
行程 →:山道・踏跡、\\:藪漕ぎ・踏跡無し、車:=。
【5月5日】 晴
自宅2:40=5:20落合橋5:55→7:30赤岩峠7:35→8:25大ナゲシ8:30→赤岩峠9:15→9:55赤岩岳東峰10:10→\\11:40 1583P 11:45→\\→13:25 P1 13:55\\→八丁峠14:35→15:15落合橋15:20=19:20自宅
記録  GWの赤岩尾根縦走は、アカヤシオが咲いていた。15年ぶりの同コースだが、前回登り損ねたP1も踏むことが出来て、充実した一日となった。尤も、前回は剣ヶ峰まで縦走したのだが、今回は脚力不足のため、八丁峠で打ち切らざるを得なかった。八丁峠から志賀坂峠へ続く縦走路は、P1東面トラバース区間で、道形が完全に消失している。錆びて焦げ茶色となった金属製道標が、数本残るのみとなっている。

【5月5日】 晴
 R299の志賀坂トンネル南口から、金山志賀坂林道を落合橋へ向かう。駐車スペースに車を停め、小倉沢集落跡まで車道を歩く。集落跡を抜け、山火事用心の横断幕をくぐり、山道に入る。登山道は、ジグザグに樹林帯斜面を登ってゆく。

 1180M付近で尾根に乗り、歩き易くなる。1260M付近の傾斜が急になるあたりで、尾根から右へ分かれ、岩根下を斜上してゆく。やがて浅窪に入り、斜面をジグザグに登る。ガレた岩屑が少なくなると、赤岩峠までもうすぐだ。振り返れば、芽吹き始めた疎林が広がっていた。

 赤岩峠で小休止後、大ナゲシを往復することにする。県境尾根を西へ、1493P目指して登る。1493Pから北へ、一旦コルまで下る途中で、先行パーティとすれ違う。大ナゲシの岩場は、正面凹角から左手の岩壁に出て、快適に登る。

 所々咲いているアカヤシオを楽しみながら登り切ると、15年ぶりの大ナゲシだ。山頂からは、これから縦走する、赤岩尾根が望まれる。西南西の県境尾根1510P方面には、未踏の尾根続いている。後続パーティの声が聞こえ、そろそろ引き返すことにする。

 1493Pを経て赤岩峠へ戻り、今度は赤岩岳を目指す。主稜の直登を分け、北面岩根沿いに踏跡を辿る。やがて、岩屑のルンゼ状を登って行く。小尾根に乗って、これを登って行くと、アカヤシオが満開だ。岩尾根の急登なのだが、あちこちにアカヤシオが咲き、楽しませてくれる。

 薄暗い樹林帯斜面を登ると、急に展望が開ける。赤岩岳西峰は、ちと展望が悪い。東峰まで進み、木陰に荷を下ろして休憩する。

 赤岩尾根縦走路には、アカヤシオが続く。ピンクの花を楽しみつつ、岩尾根を進む。1583P手前の岩峰へは、北面の凹角を登る。少し草臥れたロープが下がっている。その岩峰に立てば、1583Pとその顕著なリッジが目に入る。

 1538P直下のコルに降り立ち、登攀ルートを探す。コルからリッジ下のバンドを右上に斜上し、フェース状を登る。ホールドは豊富だが、高度感のある所だ。上部から俯瞰すると、下りには使いたくないルートである。のどがカラカラになったので、1583Pで小休止し、水分を補給する。

 1583Pから下って、最低鞍部を過ぎ、さらにギャップ岩を跨ぐ。最低鞍部から右手の林道へエスケープ出来るという踏跡は、確認出来なかった。P4を過ぎ、P3手前のチムニー岩を登る。やがて、P2の標識が打たれた立木に到着。P2下りの岩稜で急に展望が開け、P1西側の岩場が迫る。あんな所登るんかいな。

 直下まで行き、岩場に取り付いてみると、ホールドも豊富だし、登り易かった。意外と簡単に、P1頂上へ到達する。振り返れば、越えて来た藪岩峰が並んでいる。前方には、八丁尾根の峰々が続く。昨年のGWに歩いた狩倉尾根も、またおいでと招いている。

 P1からの下りは、北面の薄い踏跡を辿り、志賀坂峠方面に続く廃道を目指す。すぐに踏跡不明となり、適当な小尾根沿いに下ると、錆びた金属製の道標を見出す。P1東面をトラバースしていた、かつての縦走路は、完全廃道化してしまったようだ。35年前、七滝沢から八丁尾根を越え、志賀坂峠まで縦走した際、辿った道だ。道形も消失しているが、標高を維持して、落葉とザレの急斜面をトラバースする。

 無事、尾根道に復帰すれば、あとは歩き易い。八丁峠を経て、落合橋へと下降する。久々に、充実した楽しい山行だった。

この山行のブログは「両神山」に連載中です。

GPS軌跡・アルバム

左の表題をクリックすると各ブログが開きます

その1:
GPS軌跡
その2:
小倉沢〜赤岩峠  
落合橋駐車場 小倉沢集落跡 岩根下を斜上 浅窪斜面を登る 赤岩峠 赤岩峠から振返る
その3:
大ナゲシ往復
赤岩峠から大ナゲシ アカヤシオ 大ナゲシ山頂 赤岩尾根 1510P方面
その4:
赤岩岳
ガレルンゼ登り アカヤシオ アカヤシオ アカヤシオ 赤岩岳から西方面 赤岩岳
その5:
1583Pへ
アカヤシオ アカヤシオ 凹角を登る 1583P リッジとフェース状 フェース状を俯瞰
その6:
P1へ
ギャップ岩 P2 P1が迫る P1から赤岩尾根 P1から八丁尾根 P1から狩倉尾根
その7:
P1北東面〜落合橋
東面トラバース道標 道形消失 尾根道に復帰 八丁峠

MR422. 大ナゲシ・赤岩尾根'01-10

MR79. 薄川七滝沢・両神山・八丁尾根・諏訪山・志賀坂峠'81-05

両神山の山行記録へ
のホームページの館へ
渓流の部屋
の表紙へ
本館トップページへ