中津川石舟沢右俣・剣ヶ峰・梵天1383P西尾根下降(両神)

date 2007/3/18 晴
コース 長栄橋〜石舟〜石舟沢右俣左沢1300M付近〜右沢〜ヒゴノタオ〜剣ヶ峰〜梵天1383P西尾根〜トウタロウ沢出合〜長栄橋
実働 登り:4h40m、下り:6h、計:10h40m。
概要 右俣左沢敗退、1383P西尾根下降は手強い。
メンバー すうじい(単独)
使用装備 登山靴、アイスハンマー、ヘルメット、8mm x30mザイル、ハーネス、8環
不用装備 アイゼン、渓流足袋
行程 →:山道・踏跡、**:アイゼン、:溯行、\\:藪漕ぎ・踏跡無し、車:=。
【3月18日】 晴
さいたま4:00=5:30影森コンビニ5:45=6:05道の駅大滝温泉6:15=6:40長栄橋7:05→石舟7:50→
1010二俣8:101170M奥二俣8:50左沢1300M付近引返点9:4510:25 1170M奥二俣10:40
11:10ヒゴノタオ11:20→12:10剣ヶ峰12:20→12:50ヒゴノタオ13:00→14:00 1383P 14:10\\1300M付近 14:45\\16:25 1020M付近16:30\\間違い尾根引返点17:10\\尾根上17:35\\トウタロウ沢出合
18:15→18:45長栄橋18:50=19:55道の駅あしがくぼ20:25=21:50さいたま
記録  以前から気になっていた、石舟沢右俣左沢。取り敢えずチャレンジしてみたが、やはり手強く、1300M付近で引き返し、右沢からヒゴノタオへとエスケープ。また、梵天尾根大峠の南にある1383Pから、西へ派生する尾根を、ecosさんの情報を元に、下りに使ってみた。これが、結構な曲者で、結論から言えば、一度登りを経験してから、下るべきだったと思う。

【3月18日】 晴
 中津川沿いの道は、新しくなっており、快適だった。持桶トンネルを抜けて、橋を渡った所で、旧道を戻り、長栄橋に車を停める。先客1台は、仕事か釣りか。

 石舟沢右岸の尾根に付けられた道を少し登ると、山ノ神の祠があり、そこからトラバースが始まる。以前は、朽ちかけた桟道など、怪しい道だったが、伐採作業のお陰か、かなり手入れされている。それでも、崩れかかった場所もあり、注意は必要だ。

 トウタロウ沢出合に近付くと、伐採地となり、明るく開ける。トウタロウ沢を左に見送り、石舟沢沿いの道を進む。すぐ先に、左岸側に踏跡を見る。これが、1383P西尾根末端の作業道入口のようだ。石舟沢右岸沿いも、かなり伐採されている。

 石舟沢右岸の踏跡を辿ると、川床から伐採地を登り、一段高いところをトラバースする。やがて、左岸に、石灰岩の空滝15m(別名ホトノ滝)を懸ける峠沢出合に至る。踏跡は、一旦石舟に近付くが、右岸側のガレを登って、石舟鍾乳洞入口付近を高巻いている。上方を見遣れば、獣が一匹、こちらを見下ろしている。どうやら、カモシカのようだ。

 今回は、峠沢を見送って、この踏跡を辿り、石舟を右岸から高巻くことにする。巻きの途中から、石舟核心部を見れば、倒木が詰まっている。石舟上流の右岸枝沢出合手前で、石舟を俯瞰する。前回、苦労して通過した石舟も、あっけなく高巻くことが出来た。

 石舟上流の右岸枝沢を渡り、少し右岸の植林帯沿いに進むと、踏跡は姿を消す。殆ど水の涸れた石舟沢を溯行すれば、20分ほどで、1010M二俣に至る。

 右俣出合には、見覚えのある、2段5m滝下ナメが懸かる。この滝は、凍ってはいない。いつかは、左俣を溯行して、狩倉槍へと突き上げてみたい。今回は、見送って、右俣へと入ることにする。前回取り付いた右俣出合の2段5m滝下ナメは、中間尾根に取り付いて簡単に巻く。

 1010M二俣から40分ほどで、1170M奥二俣に至る。今回は、左沢を登ってみよう。歩きにくい涸れゴーロを、更に進む。少し登ると、4m滝が現れる。左手から取り付いてはみたが、薄氷が張り、登り辛そうなので、断念する。左岸の枯葉の積もった急斜面から巻くが、悪い。木の根を頼りに、何とか越える。

 沢の傾斜が増してきて、ゴーロは次第にナメ滝連続となり、枯葉のかぶった凍結ナメ滝が多くなる。このナメ滝を右岸側の泥斜面から巻いているうちに、「これでは、いくら時間があっても、ツメ上げることは無理だなぁ」という気持ちになる。

 9:45、敗退決定。1300M付近であろうか、立木を支点にして、懸垂2回で沢床に戻る。先程の4m滝は、立木利用で、懸垂1回。尻尾を巻いて、1170M奥二俣に戻った。やれやれ、小休して態勢を立て直そう。右沢を登って、ヒゴノタオへと抜けることにする。

 右沢は、はじめ巨岩ゴーロだが、すぐに水が涸れる。左岸側ガレ斜面をトラバース気味に辿る方が、効率が良い。1230M付近で、左手に横八丁の1683P方面への直登沢を分ける。この辺りでは、右手に、三芳岩西端岩峰が、威圧的に聳える。正面のヒゴノタオを目指し、黙々と登る。

 やがて、ヒゴノタオの鞍部が見えてくる。最後は、左手の小尾根に乗ってしまった方が、幾分楽なようだ。脚を踏ん張って、幅広小尾根をゆっくりと登って行く。

 ヒゴノタオは、ホッとする穏やかな鞍部である。だがこの日は、冷たい西風が吹き荒れていた。東面へと少し下って、風を避ける。パンを頬張り、水分を補給する。まだ11時過ぎなので、少し欲が出る。荷物をデポして、剣ヶ峰を往復して来よう。上着を脱いだまま、長袖シャツ1枚で出発したのは、失敗だった。

 ヒゴノタオから大笹までは、高度差約280M程の登りである。登りだから汗をかくかな、との予想に反し、冷たい西風は容赦無く吹き付け、凍えそうな寒さであった。大笹から剣ヶ峰までは、さほど高低差の無い縦走となる。山頂には、単独男性が二人いた。八ヶ岳の展望が良い。浅間は、少し雲が懸かる。

 休憩もそこそこに、引き返そう。ヒゴノタオまで、30分で下り着く。荷を背負うと、登りの足取りは重くなる。三芳岩は展望良好だが、露岩の風は、ちと怖い。大峠までの高度差130Mの下りも、脚に来ている場合、要注意だ。大峠一つ手前のコルから、峠沢へ下降ルートを目で確認する。

 大峠から1383Pへの踏跡は、更に薄くなる。落ち葉で滑り易い道は、西側を巻き気味に取り付いている。やがて右下に平坦地を見下ろし、東側を巻いて梵天ノ頭方面へと続く踏跡から離れ、1383Pに立つ。木々の合間から、三芳岩や大笹・横八丁を振り返り、石舟・トウタロウ沢出合付近の伐採地を見下ろす。腕時計の高度を合わせ、地図とコンパスを再度スタンバイして、いざ下降開始だ。

 浮き石の多い痩せ尾根を、慎重に下り、先ずは、顕著な1325M藪岩峰を目指す。はじめのうち、慎重過ぎて、やたら時間を浪費する。1325M藪岩峰から、西北西方向に30-40M下り、尾根を右へ1本見送って、西南西への急降下に移るのだが、ここが最大の難所。なるべく尾根に忠実に、立木利用の懸垂下降。古い地形図では、この辺りから、登山道を示す破線が峠沢へと下っている。更に、痩せた小尾根をもう1本右に見送り、1240MPの尾根に乗る。

 1200Mで右手に枝尾根を見送り、1150Mの尾根分岐でも右手の尾根が不正解であることを確認して、左手の尾根へと移れば、岩根沿いに下って尾根に乗る。やがて傾斜の緩くなったザレ尾根を下って行く。

 1000M付近まで下ると、右手に下れそうな枝尾根が何本も現れる。対岸に見える石舟沢右岸伐採地につられて、下って行ったら、最後の最後に、断崖の上に出てしまった。2本ほど左手に、針葉樹の尾根が見え、「そうか、植林帯の尾根なら、作業道か踏跡がある筈だから、安全に下れるに違いない」と思い付く。

 17:10と、かなり遅い時間だが、断崖を強引に懸垂下降するのは、あまり得策ではない。結局、もう一度登り返すことにした。この不安定なガレ尾根の登り返しが、一番辛かった。幸い25分ほどで、再び西尾根上に乗ることが出来、杉林が始まるまで、西尾根を忠実に辿る。

 最初に現れた、薄暗い杉林の小尾根を下降する。下るにつれ、足元は不安定なガレガレ斜面となるが、一本一本の杉の幹に掴まりながら、慎重かつ強引に下降する。落石を頻繁に引き起こしながら、何とか石舟沢本流左岸に辿り着く。

 本流を徒渉し、倒木のジャングルジムを登って、トウタロウ沢出合の作業道に至る頃には、既に暗くなってしまった。ヘッドランプを出す暇も惜しく、石舟沢右岸作業道を急ぐ。踏跡を見失った地点で、止む無くヘッドランプを出す。長栄橋の車に戻ったのは、18:45であった。

溯行概念図(工事中)

アルバム

画像にLINKのあるものは、クリックすると「両神山のアルバム」の拡大写真にジャンプします(工事中)
戻るときは、ブラウザの「戻る」で戻って来て下さいねm(_o_)m

長栄橋の登山口
トウタロウ沢出合の伐採地
石舟入口
倒木の詰まった石舟核心部
同じく俯瞰
石舟沢1010M二俣
右俣2段5m下ナメ
石舟沢右俣1170M奥二俣
薄氷の張った右俣左沢4m滝
右俣左沢1300M付近のナメ滝
右岸高巻途中で敗退決定
右俣右沢1230M付近から
1683P南面直登沢方面
同じく三芳岩西端岩峰を見上げる
ヒゴノタオへの最後の登り
ヒゴノタオ
大笹から1683P方面
剣ヶ峰から
赤岩尾根・御座山・八ヶ岳方面
剣ヶ峰から
狩倉岳方面
三芳岩にて
大峠から西側の峠沢を俯瞰
大峠のベンチ
1383Pより
三芳岩・大笹方面を望む
1383P西尾根方面

両神山の山行記録へ
のホームページの館へ
渓流の部屋
の表紙へ
本館トップページへ