二子山(両神)

MR467 二子山(両神)

date 2003/03/30 晴
コース 登山口〜股峠〜東岳〜股峠〜西岳〜魚尾道峠〜伐採地〜R299〜登山口
実働 4h20m。
メンバー すうじい(単独)
概要 天気の良さに誘われ、両神山撮影に登山。東岳途中の岩場の登降、西岳岩稜縦走。
行程 林道入口登山口10:30→11:20股峠11:25→12:00東岳12:30→13:10股峠13:15
→13:45西岳14:10→鎖場下岩根15:05→R299 15:50→15:55林道入口登山口
記録  両神山に登るたび、気になっていた二子山。ついに登ることが出来た。岩場に緊張し、両神展望を楽しんだ。

【3月30日】 晴
 車でR299を志賀坂トンネルへ向け登って行くと、民宿登人の先で右手に林道が分かれる。林道に入ってすぐ、道端で伐採木の薪割りをする人(民宿の方か)に尋ねると、林道は奥まで入れるらしい。すぐの所に登山口があるので、車を路肩に停める。

 登山口に、「西岳登山道は、伐採作業で危険なため、5月○日まで立入禁止」と掲示してある。どの場所のことだか、いまいち判らないが、今日は日曜だから作業していないだろうと思い、そのまま登って行く。杉林が多く、暑いけれど、花粉避けにマスクを着用する。

 杉林をしばらく登って行くと、沢沿いの道になり、かなり荒れている。最近、あまり踏まれていないようだ。落ち葉が積もって滑り易い所もあり、バランスを崩さないよう集中する。乾燥した斜面を登って行くと、やがて地面に湿り気が出てきて、峠が近いことを知る。

 股峠近くまで登ると、スイセンに似た葉や、ニリンソウの葉、そしてカタクリの葉が出ている。カタクリの蕾を二、三見た。股峠は雪解け霜解けでドロドロだ。反対側の道から、登山者・クライマーが結構登ってくる。例の林道が、二子山トンネルを抜けて、股峠北東側直下まで続いているのだろう。南側登山道が荒れる訳だ。

 先ずは東岳に登ることにして、ザックを担いだまま、尾根沿いの踏跡を辿る。雪が凍り付いたり、解けかかったりで、結構滑り易い。木の幹や根を頼りにして、登って行く。次第に傾斜が増し、岩稜の左側を登るようになる。踏跡には、雪が凍り付き、かなりイヤらしい。慎重にホールドを探して岩場を登る。下りが大変そうだ。

 難所の岩場から岩稜に乗ると、東岳はまだ先に見える。日向に雪は無いので、安心して歩ける。振り返れば、西岳の岩壁が立派だ。やがて東岳山頂に至る。誰もいない、静かな山頂だ。両神山の八丁尾根のギザギザを撮影しよう。西岳の垂壁が素晴らしい。

 東岳山頂を後にして、股峠へと下る。例の岩場では、雪の着いた箇所を避けて、一つ西側の凹角沿いのフェースを下降する。途中、ホールドの細かい所があり、緊張する。その後も、半分凍ったズルズルどろんこの踏跡を下降して、股峠に降り立つ。

 登りで見付けたカタクリの蕾が、開いていないか見に行くが、数時間では変化が無かった。西岳への登りは、もう岩場は十分だとばかりに、直登を避け、北面の巻き道を行く。ところが、登るにつれ、雪が凍り付き、イヤらしい登りとなる。ちょっと、下りには使いたくないルートであった。

 木の根や幹を頼りに、慎重に登り、やっと稜線に出る。右へ少し行けば、西岳山頂である。左側の岩峰から、直登ルートを登ったか、南壁を登攀したらしい人々の声がする。西岳山頂からも、両神山を撮影しよう。先行パーティの二人が、少し先の岩稜から、ローソク岩方面へ、急降下のルートを下り始める。

 稜線伝いに縦走を始めよう。先程の二人が下降したルートを見下ろしながら、少し考えたが、ここは当初の予定通り、魚尾道峠経由で行くことにする。ローソク岩のてっぺんに、クライマーが一人。西岳直下の垂壁に、クライマーが二人。よくまあ、あんな所に・・・。

 縦走路は、浸食された石灰岩の岩肌が面白い。岩角を掴む手に力が入ると、手指の指紋が、磨り減ってしまいそうだ。正面には、頭を削ぎ落とされた叶山が、平坦な白い台地となっている。岩稜に少し飽きる頃、左手の斜面に下る踏跡に入る。やがて鎖場となり、5mほど垂直に近いところを下る。間もなく、岩根下の、杉林となる。

 杉林の中の、少し尾根っぽくなった山道を下ると、魚尾道峠で、左後方へローソク岩への山道を分ける。その少し先で、志賀坂峠への尾根道と分かれ、左へトラバース気味の山道に入る。やがて、広い伐採地となる。道は杉枝に埋もれ、歩きにくい事この上ない。両神山と二子山の展望が良いので、カメラを取り出す。ここが、登山口に「通行禁止」と掲示してあった伐採地のようだ。

 ここを抜けると、再び歩き易い山道となり、時折両神山を見上げながら、R299へと降り立つ。R299の車道沿いに、5分ほど下れば、登山口のある林道入口に至る。

アルバム

両神山のアルバム」に「アルバム030330二子山」があります

説明文にLINKのあるものは、クリックすると「両神山のアルバム」の拡大銀塩写真にジャンプします
戻るときは、ブラウザの「戻る」で戻って来て下さいねm(_o_)m

股峠から先ずは東岳へ登る
岩場を過ぎても、さらに尾根を十分ほど行く
東岳山頂から両神山
同じく八丁尾根核心部
同じく西岳方面
西岳の岩壁が聳え立つ
東岳の岩場を下る
登りの雪の凍り付いた箇所を避け
一つ西側の凹角沿いのフェース
ホールドが細かく、緊張する
さらに下ったところ
股峠付近のカタクリは未だ蕾
西岳山頂
西岳山頂から北西への縦走路
岩峰の奥に、頭を削り取られた叶山が
白い平坦な姿を見せている
西岳から両神山
同じく八丁尾根と赤岩尾根
同じく諏訪山・赤岩尾根・大ナゲシ
縦走路から西岳の岩壁を振り返る
尾根から下降する鎖場
鎖場下の岩尾
伐採地から八丁尾根
伐採地から二子山
伐採地から下った所から
両神山を望む
R299から見上げる二子山

両神山の山行記録へ
のホームページの館へ
の表紙へ
本館トップページへ