天理岳・両神山・七滝沢遊歩道(両神)

MR425 天理岳・両神山・七滝沢遊歩道(両神)

date 2001/11/18 晴
コース 日向大谷〜長尾沢左岸杣道〜諏訪神社〜大明神沢左岸踏跡〜犬ビキ尾根〜1083.6三角点〜天理岳〜前東岳〜剣ヶ峰〜産泰尾根〜七滝沢遊歩道〜日向大谷
実働 6h。
メンバー すうじい(単独)
概要 西沢左岸踏跡を見落とし、長尾沢左岸杣道、大明神沢左岸踏跡経由。薮っぽい天理岳尾根を快適に登高。
行程 日向大谷6:45→長尾沢7:00→諏訪神社7:15→1083.6三角点7:57→8:10天理岳8:20→9:55 1510M
10:05→前東岳10:45→11:00剣ヶ峰11:20→七滝沢遊歩道分岐12:00→12:35七滝12:40→13:00
ベンチ13:05→13:35日向大谷
記録 【11月18日】 晴
 日向大谷バス停そばの無料駐車場に車を停める。西沢左岸の踏跡を利用する予定だったが、民家の畑のすぐ横にある入口を見落とし、そのまま登山道を進む。長尾沢の左岸にも、踏跡があるので、これを辿る。杉の植林帯は、枝打ちした枯れ枝が積もり、踏跡は判りにくいが、何とか辿れないほどではない。次第に薄くなった踏跡を拾って、骨格のみとなっている諏訪神社に至る。

 ここで踏跡は、長尾沢の右俣を対岸に渡り、長尾沢の左俣である大明神沢の左岸沿いに続く。そのうち、再び暗い杉林に入り、急斜面を登るうちに、踏跡は錯綜し、鹿道と区別がつかなくなる。適当に登って、犬ビキ尾根に乗る。薄い薮を漕ぎながら、犬ビキ尾根に乗ってから10分程で天理尾根に出た。少し右に行って、1083.6三等三角点を踏む。

 引き返して、天理岳へ向かう。快適な尾根道である。途中舟窪状地形があり、ビバークするのに良さそうだ。天理岳直下の岩壁には、錆びた鎖が下がっている。なるべく頼らないで登る。南峰には、傾いた木製の祠が一つ。両神山の眺めがよい。北峰には、石の祠が二つ。

 天理岳から両神山へは、南峰・北峰の鞍部から、急降下する踏跡を辿る。時々岩峰が現れ、ルートファインディングに注意が必要だが、迷う程ではない。幅広急斜面になると、落ち葉で踏跡が全く判らなくなるが、適当に登る。

 1510Mの細長いピークで、小休する。大キギが聳え、小キギらしい岩壁も見える。ここからは、灌木混じりの薮岩稜となる。踏跡は、かえって明瞭だ。高度を上げるに連れ、時折垣間見える小キギは、次第に低くなり、その別名通り、まるでローソクのような岩峰になる。前東岳は、なかなか近付かない。

 前東岳が近くなると、ザラザラした露岩が現れる。前東岳から八丁尾根の登山道に出ると、さすがに登山者とすれ違う。剣ヶ峰まで来れば、山頂には、人がいっぱいだ。だいぶ雲が出て、展望は今一つになっている。昼飯を食べ、下山にかかる。

 地権者がロープで閉鎖した旧登山道の横に、新道が出来ているが、北側斜面の未だ安定していない道なので、やや歩きにくい。御岳神社・両神神社が並ぶ所まで来ると、例によって狛犬に着目。両神山域の神社の狛犬は、狼なのか独特な顔つきをしている。右手の狼は、やや口を開け、牙が目立つ。

 産泰尾根から、七滝沢遊歩道へ向かう。登山道閉鎖騒ぎ後に、遊歩道が最近整備されたとの情報もあったが、ルンルンコースとは言い難い。下りで滑落しないように、それなりの慎重さが必要だ。二十年前に、沢登りで訪れたはずだが、記憶がハッキリしない。七滝まで降りて、ゴルジュ入口の白滝を見物しに行く。この滝は見覚えがあった。七滝沢沿いの遊歩道を下って行くと、下の方では、紅葉が綺麗で、目を楽しませてくれる。小尾根のベンチに掛けて、暫く堪能する。

 会所から薄川左岸の登山道を下る。こちらも紅葉が真っ盛りだ。日向大谷の集落の畑まで来て、西沢左岸の踏跡入口があるのに気付く。時間的には、ほとんど差はないのであろう。

 充実した日帰り山行に満足して、車に戻る。 

アルバムブログをご覧下さい
その1:日向大谷〜天理岳
その2:天理尾根1510MP
その3:八景岩
その4:剣ヶ峰〜産泰尾根
その5:七滝沢遊歩道

両神山の山行記録へ
のホームページの館へ
の表紙へ
本館トップページへ