金山沢右俣・両神山(両神)

date 2001/6/9 曇
コース 上落合橋下〜金山沢左俣(八丁沢)下降〜二俣〜右俣〜・1683峰北稜〜大笹〜両神山(剣ヶ峰)〜金山沢右俣左沢右岸の登山道〜落合橋登山口
実働 4h10m。
メンバー すうじい(単独)
概要 金山沢右俣本流を溯行し、右に寄りすぎ、横八丁の・1683峰北稜を登攀。
略記録 【6月9日】 曇

7:10上落合橋下のスペースに車を置いて出発。上落合橋下から、八丁沢のゴーロに降りる。二俣まで八丁沢は伏流している。

7:15二俣通過。水流のある右俣に入る。

7:25水量比(2:1)の1165M左岸枝沢。狩倉岳と槍ヶ岳の間の沢だ。

7:35水量比(2:3)の二俣。左沢は、剣ヶ峰近くに突き上げる沢だ。そのうち、溯行したいものである。本流である右沢は、両岸が迫り、小滝が連続する。少し行くとまた小滝が連続。滑床の上の7m滑滝は右壁を巻くが、取付が滑り易い。

8:00水量比(1:5)の1285M右岸枝沢。これを過ぎると、滑の上に大岩があり、大滑が始まる。大滑は、断続的に続く滑である。終わりに近づくと、右岸からスラブ状の枝沢が落ち合う。S字状の小滝を越す。

8:20水流比(4:1)の1350M左岸枝沢。7m滑滝の上に、15m滑滝が懸かる。槍ヶ岳の東に突き上げる沢だ。

8:30左手に沢床の低いゴーロ沢を見送ってしまう。1450Mあたりか。どうやらこれが本流だったようで、大敗着。右手の水流の僅かに残るゴーロ沢を登る。

8:55左岸の側壁がとんでもない高さに聳えるようになり、左手の尾根に鹿道利用でトラバース開始。1530M付近か。

9:00顕著な尾根に乗る。1550Mあたりか。この尾根を登ることにする。しばらく登ると、岩壁に突き当たる。右は急峻なルンゼで、左からブッシュ混じりの岩稜に取り付く。右に左に弱点を探しながら、藪漕ぎ泥んこ登攀を続ける。狩倉岳と剣ヶ峰が望める高さまで登ると、現在位置に確信が持てた。

9:55・1683峰北稜の肩(1670M)に出て、安心する。

10:00・1683峰通過。横八丁の踏跡を辿り、大笹の縦走路を目指す。

10:15大笹通過。丈の低い笹で覆われた樹林帯である。横八丁の分岐となっている。ここからは縦走路で、踏跡もはっきりしており、歩き易い。

10:30剣ヶ峰(両神山頂)着。男女ペアの先客がいたが、すぐに清滝小屋方面へ下っていった。11:00同発。通行止のロープをくぐり、大笹方面へ少し戻り、右手へ下る落合橋への道に入る。金山沢右俣左沢源頭の右岸をトラバースする道は、幾つかの枝沢を横切る。左沢を偵察しながら下る。

11:50上落合橋着。

右俣は、左へ左へと意識して溯行しないと、ひどい目に遭うかも。

溯行図兼概念図

写真はブログをご覧下さい

両神山の山行記録へ
のホームページの館へ
渓流の部屋
の表紙へ
本館トップページへ