アクションフィギュアのレビュー・考察


アクションフィギュアのよいところは、がっつり遊べる耐久性。
ただし、見栄えが良くなければ買う価値なし。
※レビューの本文や、写真は今後思い立ったタイミングで随時更新していきます。

SHCM−pro(バンダイ)

自分の認識する限り、1/144 ガンダムアクションフィギュアとしては最高峰のシリーズ。
1/200 HCM-proとしてスタートしたこのシリーズは、コレクション性の高いサイズと精密な造りが受けて多いに売れたのだが、 そのグレードアップ版がSHCM-pro(スーパー・ハイコンプリート・モデル・プログレッシブ)だ。
1/144というガンプラのHGサイズと揃えたことにより、1/200はガンプラと大きさが合わないと敬遠していたユーザーを獲得することが できた(勝手にそう思ってるだけだ)。自分も上記の経緯でファンになった一人だ。
ガンプラと変わらないかそれ以上の精密さと、可動域が大きく多彩なポージングが楽しめることなどから私は多いに気に入った。
今となっては完全に下火になってしまったが、完成品モデルが多いに売られていた頃。このシリーズに出会えたのは幸せだったと思う。
ガンダム完成品モデルは、シリーズによって飾り用か遊び用のどっちかに重きを置く場合が多い。 ルックス重視で精密感に重点を置き、可動はほとんど期待できないシリーズの代表格はGFFだろう。 GFFは素立ちくらいしかできず、触ればあっちこっちのパーツが落ちるので眺めながら、うっとりするのがこの手の モデルの正しい楽しみ方であろう。
一方で、可動を重視しぐりぐり動かしてポージングを楽しむモデルは今でもそこそこ出回っている。 古くはMS IN ACTION、今はロボット魂だろうか。可動重視モデルはどうしてもおもちゃっぽさがでてしまうのが最大の難点。 どこで妥協するかはユーザー次第だが、どちらも楽しみたい人にはなかなか満足できるシリーズがなかったのだ。
SHCM-proは精密、可動どちらも持ち合わせたシリーズ(どちらかというと精密モデル寄り)で、ついに待ち望んでいたものを 出してくれたか、バンダイ!と喜んでいたのだが。
最大の問題点は価格だった。シリーズ最初の商品RX-78が7,140円。大手家電量販店、通信販売で値引きされるとはいっても、 この値段は購入に勇気がいる。バンダイ商品は同じシリーズであっても後発モデルがどんどん値段が上がっていく傾向にあるが、 このSHCM-proは最初にリリースされた初代ガンダムから飛ばしてきやがったのだ。 ちなみにシリーズ最後に登場したRX-0 ユニコーンガンダムは10,290円だ。 売上がどうだったかなんぞ、もちろん知らないので憶測でものを言うが、おそらくそれほど伸びなかったのだろう。 ガンダム、シャアザク、ザクときていきなりエクシアいってユニコーンで途絶えてしまった。クオリティが高く、値段に見合うだけ の価値はあると自分は思えるだけにシリーズ終了はとても残念に思う。 しかし。SHCM-proの遺伝子はプラモデルRGに引き継がれたようだ。プラモデルとしてはやや難易度は高いが、SHCM-proと並べても 遜色のないモデルを並べられるのはとても嬉しい。

1st GUNDAM

RX-78 GUNDAM



UNICORN_GUNDAM RX-0 UNICORN GUNDAM

MS-06J MS-06S ZAKUⅡ MS-06J MS-06S ZAKUⅡ

メンテナンスについて
形あるものいつかは壊れる。当たり前のことだが、いくら耐久性が高いアクションフィギュアも遊んでいるうちに壊れてしまう。 精密モデルで材質がプラスチックならば余計にそうだ。可能な限り長持ちさせるためにはメンテナンスが必要となるのだが、 ネットで探しても意外なほどこういった情報は少ない。
軽く検索をかけてみてもへたれた関節を瞬着で改善する方法くらいで。こういった場合、いよいよ駄目になったフィギュアで 失敗したら諦める覚悟でやってみるしかない。
今、現在飾ってあるSHCM-proユニコーンは開封時から精度が怪しくて、近々大規模なメンテナンスが必要になるかもしれない。 そうなったら実験体になっていただこう。
やるときはなるべく詳細な記録を残して、後日の勉強用にしたい。