・アフリカンピアノ 

 アフリカンピアノは日本で「親指ピアノ」や「カリンバ」と呼ばれることがありますが、よりわかりやすい表現を目指して、ここでは「アフリカンピアノ」と呼ぶことにします。
 アフリカンピアノは木の板に鉄や木でできた鍵盤を取り付けたものです。その鍵盤を指で弾くことによって音を出します。
  同じアフリカンピアノでも地域や民族によってその名前や構造が異なります。ジンバブエではニュンガニュンガ、ンビラ、ンジャリ、マテペ、と呼ばれるものがあったり、タンザニアではリンバやマリンバと呼ばれたり、モザンビークではティンビラと呼ばれたり、コンゴではリケンベと呼ばれたり、セネガルではゴンゴマとよばれるものがあったりします。構造上の違いでわかりやすいのは鍵盤の本数です。数本しか鍵盤のないものから、数十本鍵盤のあるものまで存在します。

 右の写真はジンバブエ共和国で演奏されるニュンガニュンガという名前のアフリカンピアノです。木の板に鉄の鍵盤が取り付けられています。鉄の鍵盤は親 指と人差し指で弾かれます。音はオルゴールのような音がします。

  下のほうにある2個の丸いものは、ビール瓶やジュース瓶の王冠です。これは鍵盤を弾いた時に起こる振動で振るえ、「シャー」とか「ジャー」といった音を出します。リズムよく演奏すると、「シャーカシャッ・シャーカシャッ・シャッ・シャッ・シャッ」とまるで誰かがパーカッションで共演しているかのような音を出します。そのような効果からジンバブエでは「ペケシェン」と呼ばれることもあります。これは英語の"percussion"(パーカッション)からきた言葉です。
 ジンバブエのアフリカンピアノでは、このほかにも貝殻でできたものや、金属の板を針金に巻きつけたタイプのペケシェンがあります。

 

・共鳴器

 アフリカンピアノの楽器自体は、大きな音が出るものではありません。そのため、音を増幅させる装置がついている場合があります。右の写真は、はじめに紹介したニュンガニュンガとその共鳴器です。この共鳴器は薄い木の板を加工して作られます。音を増幅させるものとしては、このほかに木箱、空き缶、大きなひょうたんなどがあります。最近ではアフリカンピアノにピックアップを取り付け、アンプにつないで音を増幅させるエレキアフリカンピアノも登場しました。


 

・ンビラについて

○ンビラとは
  アフリカの南部にあるジンバブエ共和国のアフリカンピアノはンビラと呼ばれます。日本では「ムビラ」という名前の方がよく使われています。
 ンビラの歴史は古く、
1589年にポルトガル人の宣教師ドス・サントスが残した書物にはジンバブエ周辺のアフリカンピアノについての記述があります。
  ンビラはジンバブエのショナ族によって演奏されます。ショナ族のなかでも特にゼズールーやゴレコーレといった民族が特徴的な演奏をおこないます。ンビラの音楽は人々の伝統的な信仰と関わりがあります。伝統宗教に関する儀礼が行われるときには必ずと言ってよいほどンビラが演奏されます。日本では葬式や法事の時にお経があげられるのと同じように、彼らの儀礼においてンビラの演奏がなければ何も先に進みません。お経を例に挙げましたが、伝統宗教を信仰しない人々が儀礼でンビラを演奏することはありません。
 
○演奏方法
  右に挙げた写真はンビラ・ザワズィム(祖先のンビラ)と呼ばれるンビラです。この楽器の演奏はクシャウラ(主旋律)とクツィニラ(反復)の2パートに分かれています。つまり最低2人で合奏して初めて完全な演奏となります。

 ンビラは左半分の2段になっている部分を左手の親指で、右の部分を右手の親指と人差し指で鳴らします。右手は基本的には内側から3本を親指で、残りを人差し指で下から上へ跳ね上げるように鳴らします。木の板に空いている穴には手のひらが上になるように小指を入れます。こうすることでンビラをしっかりと固定することができます。

 鉄の鍵盤を指や爪で弾くと、当然痛いです。慣れてきて指の皮が厚くなってくるとなんともなくなりますが、それでも長時間弾くと水ぶくれになったりします。これは日本人の皮が薄いからではありません。ジンバブエの演奏者も指が痛いので、爪を伸ばして爪で弾いたり、指用プロテクターを着けて演奏することが珍しくありません。

○ンビラのレッスン
 アルファベットがジンバブエにもたらされるまでは、ジンバブエに文字はありませんでした。そのため楽譜もありません。ンビラのレッスンは手から手へ受け継がれます。彼らの歴史は文字によって受け継がれたのではなく音楽や言い伝えによって伝えられました。ンビラの音楽も彼らの歴史を物語っているのかもしれません。

○ンビラの曲
 ンビラの曲は短いフレーズの繰り返しです。多くの曲が4つのフレーズを順番に演奏して延々と繰り返します。主旋律と反復のパートはそれぞれ規則にしたがって少しずつパターンを変化させます。
 ンビラの曲は伝統的な曲がたくさんあり、地域が違っても同じ名前、ほぼ同じフレーズで演奏されています。

○オショとンゴマ
 ンビラの演奏には必ずと言ってよいほどオショの演奏が伴います。オショは右の写真にあるような、マラカスの一種です。ひょうたんの一種を茹で、穴を開けて中の実と種を取り出し、乾燥させたあとでウォタ(小さな木の実)を入れて穴をふさぎ、完成です。
  ジンバブエだけでなく、サハラ以南のアフリカの多くの民族(バントゥー系民族)は太鼓のことをンゴマと呼びます。写真のンゴマはジンバブエの北西部、カリバ湖周辺に住む人々が作ったもので、高さが約75センチあります。
 ンビラと一緒にンゴマが合奏されることも珍しくありません。コンガの音色をもっと低く、やわらかくしたような音がなります。

 

 

 

 

アフリカンピアノ写真館



ジンバブエのニュンガニュンガ


jiジンバブエのアフリカンピアノ「ンビラ」と共鳴器「デゼ」

ンビラのもち方

ンビラのレッスン
オショ

ンゴマ

アフリカンピアノ「ンビラ(ムビラ)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戻る

Copyright (C) 2008 Rovambira all rights reserved. 無断転載・複製等禁止