ヌートリア


ヌートリア

ヌートリア

Myocastor coypus

泳ぎは得意!

(兵庫県)

 

 ヌートリアは、体長50〜70cm、体重6〜9kg程度の大型のげっ歯類です。ネズミのように長い尻尾(35〜50cm)があります。南米原産ですが、上質な毛皮を利用するため世界各国で飼育され、日本にも、1939年にフランスから150頭が輸入されました。用途は、主に軍隊の防寒服用だったそうです。終戦後、毛皮の需要の激減に伴い多くが放逐され、野生化した子孫が、急速に分布拡大しています。現在は、特定外来生物に指定され、害獣として年間千頭以上が駆除されているようです。
 西日本に特に多く、観察も容易らしいので、どんな生き物なのか一度見ておこうと思いました。夜行性と聞いていたのですが、この日は昼間っから活動していました。野鳥と一緒に、人からエサをもらって生活しているようです。特定外来生物さんですが、なかなか人気者です。本日のメニューは、キャベツ、ポップコーン、どんぐり、ふ、パンの耳、雑草などでした。写真を撮っていると近づいてきま した。そして、「エサくれるのかな?くれないのかな?」ってな感じでしばらく見つめられ、そのうち 、エサをくれそうな人を探して、のそのそ歩いて行ってしまいました。

 

ヌートリア

ヌートリア

毛づくろいは念入りに!

 

 ネコほどの大きさの水生ネズミ。ヘビのように長くぶっといしっぽについては、意見の分かれるところ。私は、ネズミのしっぽは好きです。

 

ヌートリア

面白いことにヌートリアの歯はオレンジ色!

 (2007年1月)

 


注1: ヌートリアは、外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)で、特定外来生物に指定され、飼育や移動が禁止されています。

注2: おとなしい生き物ですが、人の指くらい簡単に切断できる歯を持っています。