チーム紹介
ランチャーズの発足
『ランチャーズ』の名前は走る子供たちという意味です。昭和54年に『ニュータウンには何もないから、野球というチームプレイを通して子供達に夢や希望を与えたい』と言われた初代監督水島氏が堀込、南山の数名の子供たちを集めて結成されました。今日では南山小学校、池の上小学校、及びその周辺の子供たちを中心に多数の子供たちが毎週南山小学校グランドで練習しています。
目的
白井ランチャーズはスポーツを通じて友愛と団結を養い、礼儀を重んじ、地域少年の健全な育成を図ることを目的としています。
少年野球をする意義について
お母さん達からも一言
入部のご案内はこちら
練習試合の申し込みはこちら

ホームグランド
白井市立南山小学校(千葉県白井市南山1−7−1)
地図はこちら


北総線白井駅近くで隣りには南山公園球場があります


A面は右翼100m、左翼80mの広いグラウンド
A・B・Cの3チームが同時に練習できます


A面は小学校のご理解もあり本格的な大型バックネットを設置


本格的なマウンドもあります(A面)

<加盟団体>
   印旛郡市少年野球連盟
   白井市スポーツ少年団
   白井市少年野球連盟

   関東団地少年野球連盟(略称:関団連)
   京葉少年野球連盟

ランチャーズの歌   作詞  水島 正行
   泣きたい時は笑うんだ
   すべって転んで泥だらけ
   それでも幸せつかんでいる
   俺は天下の若者さぁー
   二度とないぜー 若さと夢は
   いくじがないぜぇ メソメソするなー
   やるんだ、やるんだ、やるんだぁ
   なにがなんでもやりぬこう!