← トップページへ戻る

スズキ・スカイウェイブ400カスタムの紹介です。

Refro

おっす!オレっちはRufaのスカブ〜、レッドフロッグだケロ!
「レフロ」って呼んでケロ!よろしくケロケロ〜!!


■ スカイウェイブ400 Ver.3 (2001/8)

ハヤブサヘッドライト、4連テールランプでスポ〜ティ〜に!
カラーリングはメタリックほおずき(オリジナル)です。

 

 

スクーターファンより転載

スクーターファン誌にて紹介して頂きました。

↑ このページのトップへ

← トップページへ戻る


■ スカイウェイブ400 Ver.2 (2001/2)

ツーリングクルーザーっぽさを出してみたのですがどうでしょうか・・・

 

 

 
オーディオシステム
 

↑ このページのトップへ

← トップページへ戻る


■ スカイウェイブ400 Ver.1.5 (2000/10)

どう見ても改造途中です・・・

  スクーターファンより転載 スクーターファンより転載

スクーターファン誌にて紹介して頂きました。
Ver.1を紹介する予定が、タイミングが狂ってしまったのでしたorz
でも改造途中なのに、なぜか見開き2面!

↑ このページのトップへ

← トップページへ戻る


■ スカイウェイブ400 Ver.1 (2000/9)

クラウザーサイドボックス装備!フロントにはカタナのヘッドライト周りを移植!
我ながら方向性の分からない無茶な改造だ・・・

HOTDOG2000バイクカスタムコンテストにて
「ホワイトハウス賞」を頂きました。ホワイトハウスさんに受けが良いらしい?!

↑ このページのトップへ

← トップページへ戻る


■ ハヤブサヘッドライト取り付け 

スズキ「ハヤブサ」。ライダーならその名を知らぬ人はいないでしょう。そう、スズキのフラッグシップ、最高速300キロオーバーのスーパースポーツバイクです。

今回、そのハヤブサのヘッドライトユニットを入手して、スカイウェイブに取り付けちゃおう!という相変わらず無謀な改造です(^^;

クリックすると画像が拡大します。

これがハヤブサのヘッドライト。上がマルチリフレクター式ロービーム、下がプロジェクター式ハイビームです。

クリックすると画像が拡大します。

裏側はこんな感じ。

さっそく、スカイウェイブの外装&メーターを外してパーツ合わせ。したら・・・ありゃ、ステーに突っかかって奥へ入りません・・・

突っかかってしまったステーはこれ。ヒューズボックスが付いてるステーです。

奥に行かないなら、ステーの下に付けてみようかと思いましたが、こんどはライトにフェンダーが当たってしまう!

うーん、どないしょ・・・えぇい!邪魔なステーは取ってしまえっ!

で、取っちゃいました(´∀`)

でもこのステーはカウル上部やらスクリーンやらメーターやらを取り付ける重要なステーなので、丸どこ取ってしまうワケにはいきません・・・

そこで、近所の板金屋さんで邪魔な部分だけをぶった切ってもらいました!(オイ

あぁ・・・もぉ、後には戻れない〜・・・

でも、おかげで広大なスペースができました!これで余裕でライトを取り付けできます!

ハヤブサライトは縦長なので、フロントカウルの前部分をちょこっと削る必要があります。青いラインをぶった切ります。

下を削ったら、上も削らねばなりません。メーターカバーの前部分もぶった切ります。なんか切りまくりです。ここまで来るとカスタムハイ(?)状態なので、怖いものナシです(^^;

とりあえず仮付け。おぉ!上手い具合に取り付けできそうです!(あれだけ切れば当然?)

前から見たり、遠くから見たりして、バランスを考えます。いい感じなので、この方向で突っ走ります!

だいたいの位置が決まったら、ステーを使って仮止めします。ハヤブサライトには、上に2ヶ所、真ん中に2ヶ所、合計4ヶ所の取り付け穴があり、それを利用します。

上の取り付け穴には、上部ステーを延長して取り付け。

真ん中の取り付け穴は使用できなかったので、ライト下にステーを追加して取り付けました。

ちなみに、このステーは長穴になっているので、ステーを前後させる事で、光軸が調整できるようになっています。

以上、合計3ヶ所止めしました。この方法でけっこう丈夫に取り付けできます。ライトをゆすっても、グラつきなし!

クリックすると画像が拡大します。

取り付けできる事が分かったら、いったん取り外して配線をします。

上側のロービームはH7タイプの12V55Wです。ノーマルのコネクタはH4用ですが、写真のように改造すればH7にも取り付けできます。ただ、コネクタのローとハイが反対になるので、配線し直します。ちなみに、上がプラスで下がマイナスです

下側のハイビームはHB3タイプの12V65Wです。 こちらはコネクタがないので、写真のように汎用端子を利用しました。ちなみに、左がプラスで右がマイナスです。

配線終わったらまた取り付けて、ステーの取り付けを調整しながら、光軸合わせをします。適当な車(セダンがいいかも)の後部に光を当てて、後方のリアウィンドウガラスの下側の少し下に、ライトのカットラインを合わせるようにすると、やりやすいかも。いい加減な方法でアレですが、要は迷惑をかけない光軸なら良いのです

光軸合わせが終わったら、その場所で取り付けネジを本締めします。

ライトの取り付けが終わったので、後は周辺を処理していきます。

ライト上部とメーター下部の隙間に硬いスポンジシール貼り付け。

ライトカバーとメーターカバーの隙間には、薄いスポンジテープを貼って隠しました。このテープは、ウィンドウシールド保護テープの役割もあります。

クリックすると画像が拡大します。

お次はウィンドウシールドを取り付け。もはや従来の取り付けはできないので、上側2ヶ所のネジだけの取り付けになります。少し後に傾斜するので、ハンドル位置も干渉しないように調整します。

・・・しっかし、まだまだ隙間がアリアリです。フロントグリルも取り付けできないし・・・

そこで、お得意(?)の自作カバーを作りました。素材は加工しやすいPP板。

色を塗って完成。折り目などは色を塗る前に作っておきます。

取り付け完了〜!

↑ このページのトップへ

← トップページへ戻る


■ クラウザーサイドボックス取り付け 

1999年のモーターショーに出品されていた「スカイウェイブ400ツーリング」 私はこれを見たとき、ビビビっと電気が走りました。 そうだよコレだよ!あたしゃこーいうのが欲しかったんだよー!!うがー!!ってな感じ。

で、市販されるのを楽しみにしてたのですが、結局お蔵入りになってしまったようです・・・ う〜ん、FB−Sといいこのツーリング400といい、なぜに私が気に入ったビッグスクーターは市販されないのじゃー!!  もうこうなったら、自分でツーリング400を作ってしまいましょう(´∀`)

注文したサイドボックスは、その筋(?)じゃ有名なクラウザー製。箱でっかーい(^^;

いやはや、思ったより大きくてビックリ!!1ランク下の30リットルが2千円安くあったのですが、2千円の差なら大きいのにしちゃえ!と、実物も見ずに、この40リットル買ってしまったのですが・・・ちと後悔シテマス(^^; でも片側だけでもヘルメットが入る大きさです!凄い容量! ちなみに左右セットで7万円なり。高いだけのことはあり、造りはしっかりしてます。

無謀だなぁと思いつつも、取付けてみました。
どどどーん!と、すごい迫力デショ?!

できる限り全幅を詰めるために、カウル類をすべて外し、シート下トランクまでも削って、ボックスをフレームに直付けしました。 そして、ストップランプ、ウインカーとも丸目タイプを新しく設置。ほんのりスポーティに!?

さて、いくら全幅を抑えて取り付けたとはいえ、この大きさです、普通車の間はなんとかすり抜けできるのですが、トラックやバスの間はすり抜けできず、みんなでツーリングする時などは置いてきぼり必至デス・・・ 

ステーやランプが剥き出しなのもナンなので、スモークアクリルカバーをつけました。さらに迫力増デス!!・・・でも、剥き出しの方もカッコいいかな?? ちなみに、アクリルカバーは下のネジ×2を外せば、上に開けます。

リアサイドカウルは、トランク手前でブッた切りました。「ちょっと切っては合わせ」の繰り返しで、ピタっと合わせるのに苦労しました。リアショックの調整ダイヤルも、ボックス手前に移動しました。

シートを開けるとこんな感じ。防水のため、ゴムパッキンをいろいろ追加。中央のステーが邪魔くさいですが、強度アップのためです。・・・よく見るとレフロ君がいます。

ボックスを開けるとこんな感じ。赤い○がフレーム直付け、黄色い○が中央ステー取付け、計5箇所ネジ止めして、頑丈に取付けしました。 逆にいえば、簡単に取り外しができなくなりました。

クラウザーのサイドボックスは、取り外し可能な専用ステーもありますが、全幅を抑えるために見送りました。

ちょっと実験〜! サイドボックスに、キャンプ道具を入れてみよう!!
(寝袋、テント、イス、食器等)

結果・・・ 用意したアイテム全部、片側1つのボックスにすっぽり収納可能!!
しかも前方には、まだカッパが入るくらいの余裕あり。さすが40リットル!!スカイウェイブ400ツーリングに、収納では(たぶん)勝ったぞ!わはははっ!

ちなみに、サイド片側40L×2+本体トランク33L+フロントトランク3Lで、合計116リットルの収納!これでトップボックス付ければ、ゴールドウィングにも勝てるカモ?!

↑ このページのトップへ

← トップページへ戻る


(C) 1999-2006  Rufa ( Kouji Oda )

メールアドレスの公開はしていません。
連絡等は こちら のメールフォームへ投稿下さい。