按摩・指圧・マッサージ・柔道整復・ボディワーク

あん摩マッサージ指圧師になるには

国家資格のある整体手技療法は
「あん摩 指圧 マッサージ師」の資格です。

 

あん摩マッサージ指圧師は、医師や歯科医、鍼灸師、
柔道整復師のように開業権のある国家資格です。

 

医師や歯科医と違う大きな特長は
看護師や衛生技師のような協力者がいなくても一人で
開業、治療し運営することが出来ます。

 

 

年に一度実施される国家試験

あん摩マッサージ指圧師になるには、文部科学大臣か厚生労働大臣が
認可した学校か養成所(専門学校)に決められた期間
(専門学校3年・大学4年・盲学校は3〜6年)学習し
試験に合格することで受験資格を得ることが出来ます。

 

年に一度実施される国家試験に合格してはじめて
有資格者として開業する資格が出来ます。

 

有資格者となればすぐに開業は出来ますが、治療が出来きたり
開業で盛業になるかといえば、そう簡単ではありません。

 

 

資格を取ってからがスタート地点といってもいいほどです。
学校で習った知識や技術は、入り口です。
この入口から人が治る、または癒えるという技術を学んでいくことになります。

 

鍼灸もツボにただ刺したりお灸を据えたりすればカラダが治るかといえば
それほど単純な世界ではありません。

 

実際には勉強は一生続くと行っても間違いではありません。。

 

 

卒業後の進路など

あん摩マッサージ指圧師の資格は、開業権があります。
私はそこに大きな魅力を感じています。
また世の移り変わりの中で様々な形態の活躍の場が出てきています。

 

治療院

一般的なマッサージ院やクイックマッサージや等があります。
雇用形態は、本採用と見習いバイトの場合があります。
本採用でも歩合で給料がもらえる場合と月給でもらう場合があります。

 

見習いバイトの場合は歩合や時給でもらう場合がほとんどです。
会社形態でない場合は保証はほとんどありません。

 

 

スポーツクラブや業団といってスポーツトレーナーで雇われる場合があります。
スポーツトレーナーの仕事は、組織に入っての仕事となることが多いです。

 

 

開業

 

訪問専門

 

または出張マッサージと呼ばれる形態。
都市部でよくある形態開業です。
メリットは家賃がいらない。
需要がある。
家賃の発生する治療院よりリスクが少ない

 

治療院を持つ開業

治療院を持つまでには技術と資金と経営センスがいります。
私は卒業と同時に訪問マッサージで開業し3年目に治療院を持ちました。
友人などを見てもほとんどは5年以内に開業しています。
約30人のクラスメートがいましたが、2008年現在 分かっているだけでも開業は15人はいます。

 

ホテル・温泉地での訪問出張マッサージ

このスタイルの訪問出張マッサージはホテルや温泉旅館と契約するか
または契約している業者との契約となっています。
その業者に登録するか雇用される形になります。 
ほとんどは歩合給となります。

 

 

医療

病院関係では整形外科やリハビリ科での活躍があります。
あん摩マッサージ指圧は身体機能の維持や回復で医療施設に取り入れられています。

 

福祉関係

近年多いのは、福祉介護施設での求人募集です。
機能回復や機能維持や体調維持という目的で
あん摩マッサージ指圧が利用されています。

 

雇用形態はほとんど社員としての雇用です。
給与自体は低いのですが、安定や保険等の保証を
加味するとけっして低いものではありません。

 

 

閑話休題

入学者の中には病気であったが、鍼灸指圧で回復したという経験者もいます。
体調が悪いので入学して鍼灸マッサージの学校で体調を整えるという強者もいます。
入学金と思わず治療費と考えている人です。
いろいろな友人が出来るので楽しい学園生活です。
おそらく脱落する人が少ないのも特徴のひとつです。
私の知り合いで途中脱落した人はいません。


スポンサード・リンク