按摩・指圧・マッサージ・柔道整復・ボディワーク

スポンサードリンク

日本の整体療法

大正から昭和初期にかけて盛んになったさまざまな手技療法
明治時代に伝わったカイロプラクティック、オステオパシーなどの
代替療法や、古来の日本的な民間療法などの療術家が集まり
それらを統合した新しい手技療術の体系を創ろうと、整体が生まれたのです。

スポンサード・リンク

整体記事一覧

大正時代には、霊術と呼ばれるブームが日本を覆いました。その中で催眠療法や健康法が世の中を席巻します。一部は野口整体の源流に繋がります。操体法の源流は正体法・正體術矯正法と呼ばれる整体法です。大正から昭和初期の頃です。その他にも平田内蔵吉氏の触手中心健康法と呼ばれる触手療法も発表されます。また肥田式強健術は、同じ時期の昭和初期に世に出ます。天才が3人も4人も同時期に出た興味深い時期でもありました。整...

野口晴哉(1911-1976)先生が創始した整体法です。大正時代に12歳の少年が手当をしたことから始まったと言われています。野口整体の他の運動療法と区別するために野口整体との愉気という手当と活元といわれる自発動功を使った操法です。体癖という体の歪みと修正現象という原理で自然体な調整を行います。活元運動は、古神道に伝わる霊動法を基に、生理学的動きでカラダを調整する操法です。野口整体は、日本の民間療法...