We .
当サイトに投稿して下さった皆さまをご紹介します。(敬称略)
doncpoti 06/ 4/ 8
アメリカには行ったことがありませんが、とてもたのしいホームページですね。
Googlet地図と照らし合わせて見ながらたのしんでいます。
03/05/01 その2の「この橋を渡ってしばらく行くと、カンサス州に入ります」の写真を
Googlet地図で特定できなくて苦心しています。
やっとオクラホマのところまできました。ちょっと休憩。しばらくたのしく遊べそうです。

石戸谷 悠
先月(2006年2月)、ルート66を車で横断してきました。
シカゴからロスまで、寄り道の多い旅だったので走行距離は5750キロになりました。
初めてのルート66なので徹底的に勉強して行こうと思い、多くの本も含め、
「旅行記」も活用させていただきました。

多くのルート66の書物は地図的な要素が全くないため、
このホームページによって非常に助けられました。
自分達の旅行を思い出しながら、これからも拝見させて頂きます。

すきやねん
私が住んでいるStillwaterという町はルート66からも離れて いるので、
郊外のArcadiaからEdmondを通ってオクラホマシティまでしか走ったことがないんです。
オクラホマ内のルート66の制覇はできなさそうですが、タルサに出た時に、
近辺のルート66を走ってみたいと思っています。

ルート66も含めてオク ラホマなど、今まで住んだ地域の情報をHPに載せています。
お暇な時にお立ち寄りいただければ幸いです。

こちらをご覧下さい。

山本 喜一
当方は列車でルート66を辿りました。
シカゴ〜サン・バーナディノ (1997、1999)
ロス〜フラッグスタッフ〜ウィリアムズ〜グランド・キャニオン
〜ウィリアムズ〜フラッグスタッフ〜サン・バーナディノ
(1998)
サン・バーナディノ〜シカゴ (2000)
ロス〜ウィリアムズ〜ウィンズロー〜サン・バーナディノ (2002)
ルート66に嵌ったきっかけは1996年3月に列車撮影の為に渡米して
連れていかれた場所がカリフォルニア州ブルー・カットでした。
ボビー・トゥループのルート66の歌詞にキングマン、バーストゥ、サン・バーナディノとあり、
バーストゥとサン・バーナディノが 鉄道の町で有る事とルート66の歌詞に出てきた事で、
カホンの列車撮影にはルート66は不可欠なものとなりました。
ルート66と鉄道は大部分並行していました。
線路際で列車を撮るためにはルート66を走る必要が有ります。

スカイハーバー
私も海館長さんと同じく「R66」に魅了された一人です。
しかし、一度に走破は難しく、休みを使ってはの「コマ切れ実行中」です。
それもサンタモニカからの「逆出発」です。 ただ今NMのサンタ・フェまで到達してます。
ここまで3回に分けて到達したという わけです。

そもそものキッカケは、東 理夫さん著、菅原 千代志さん(写真)の
『荒野をめざす―魂のハイウェイ・ルート66 』という本の1冊の出会いからでした。
この中で「光る海」っていう章があり、NMのアルバカーキーの話でした。
この街はR66が街のド真ん中を走っており、現在ではセントラルAvという名前に変わっていますが、
今でもメインストリートとして、多くのR66関連の建物が
現代風にアレンジされて賑わっている街です。

そのセントラルAvとI−40が合流する場所がちょうど中心街から9マイルの地点で
その場所を「9マイル・ヒル」と称して紹介していたのです。

続きはこちらでご覧下さい。




[みんなの旅行記][ルート66目次][HOME]