美味しいグリューワインの作り方
GLUEHWEIN


材料
ROTERGLUEHWEIN(赤グリュー) WEISSGLUEHWEIN(白グリュー)
赤ワイン(ライトボディ)
ボジョレーは不可(激すっぱいから)色々試した結果どーもフランスワインとは相性が悪いよう。
安いテーブルワインで充分です!
白ワイン
当然だけどドイツワインで作る方が美味しい!
日本産でもぶどうの品種がリースリング種ならOKッス!
スパイス
グローブ・オレンジの皮(乾燥)・レモンの皮(乾燥)・スターアニス・シナモンスティック(少量)。全部揃えるのが大変ならグローブ・シナモンスティック・ポッカレモン100(少量)のみでもOK!

ワインと同量。計るのが面倒な人は、ワインをあけた後のビンに水を入れると便利。ビンも洗えて一石二鳥(笑)!
砂糖
適量。ワインの味で量が左右されるので、こ〜としか書きようがない(^_^;)
すっぱめのワインなら大さじ3杯は必要になるが、作る前に、ワインの味見をするべし!
作り方
本当に美味しく作るなら、専用の電気ポット(沸かせるタイプ)が必要。一度でもグリューを作ってしまうとポットに思いっきり匂いがついてしまうので、普通のお湯は沸かせなくなります(苦笑)。
そんなんできるかー!っとゆ〜方は「鍋」でもOK!ただしすぐ冷めるので早めに飲むべし。
尚、電子レンジでチンは不可!激不味い液体が完成するだけッス(実証済み)。
このHPでは、専用ポットを使った作り方を紹介します♪(鍋でも基本的に同じ)
1)ポットにワインをあけ、同量の水を入れる。
2)スパイスを市販の「お茶パック」に少量(ほんのひとつまみ)入れ、ポットに入
  れる。(「お茶パック」入れないとポットは間違いなく壊れます)。
3)砂糖を適量入れる。後で味の調整をするので最初は大さじ2杯ぐらいでOK!
4)ワインに酸味が足りない時は、ポッカレモン100を1〜2滴たらす。
  酸味が強いワインのときは不要。入れすぎるとすっぱくなってしまうので要注
  意!(すっぱくなりすぎると、後からフォロー出来ないんだも〜ん)
5)一度目の沸騰をさせる。
6)味見♪ここで、お好みによって砂糖を足したり、レモンを足したりする。
  この後もう一度沸騰させる事を念頭に置いて足すべし。(砂糖は足し過ぎると
  激甘になる危険あり)
7)最後の沸騰をさせる。これで美味しいグリューの完成♪
グリューの効果
赤グリューは身体が芯から暖まる♪
とドイツ人は言います。
白グリューは頭がスッキリする♪
とドイツ人は言います。
どちらも美味しいGLUEHWEINGuten Appetit!