基本珠型

ここでは基本珠型の紹介と、その型の・名勝負度について載せています^^

ランク付けはA(強) 〜 E(弱) と5段階評価で付けています。
ランク付けはあくまで目安です^−^

直接打ち
名称 珠型図 説明
寒星
kansei
珠型 最強防が恒星と同型なため、直接・間接両方で同じ戦略が使える便利な珠型。必勝であるのだが実際に勝ちきるのは難しい。
先手  後手  名勝負度
渓月
keigetsu
珠型 直接・間接両方で打つことができる便利珠型。 必勝な形であることはほとんど知られてない。 しかしながら、その道のりははるかに遠い。
先手  後手  名勝負度
疎星
sosei
珠型 めいぽでも先手後手互角に対局することのできる珠型。 疎星に対する最強防の4手目は疎星横断と呼ばれている。 先手は後手を包囲してじっくり攻めていくという打ち方になる。
先手  後手  名勝負度
花月
kagetsu
珠型 ご存知先手必勝と言われている珠型。必勝パターンが複数あるのだが、 直感だけで必勝を打つのは難しい手でもある。なお後手は包囲して防ぐのが強防となる。
先手  後手  名勝負度
残月
zangetsu
珠型 渓月・峡月と似ているようで違う珠型。後手を包囲してじっくり攻めていく珠型となる。 一応必勝ではあるのだが、これで勝ちきるのは難しいとされる。
先手  後手  名勝負度
雨月
ugetsu
珠型 五目並べを始めたての人が打つことで有名な珠型。1度は打ったことがある型だろう。先手は攻め方を知らないと、後手の包囲作戦である桂馬の網にひっかかることがあるので注意。
先手  後手  名勝負度
金星
kinsei
珠型 あまり打たれることが無い珠型だが、先手が有利な珠型。
先手  後手  名勝負度
松月
syougetsu
珠型 連珠では先手後手互角の珠型だが、めいぽでは先手が有利な珠型である。松月独特の防御法は、後手の三三禁を用いれば比較的楽に先手が勝つみたいだ。
先手  後手  名勝負度
丘月
kyuugetsu
珠型 めいぽだと最強と言われている形。これと防御が同型になる形に斜月があるが、こちらののほうが防御に苦労する形になる。五目大会では禁止珠型に指定されている。
先手  後手  名勝負度
新月
singetsu
珠型 先手が有利な形だが、一気に勝ちきるのは難しいらしい。 とはいえ後手はやりにくい珠型である。
先手  後手  名勝負度
瑞星
zuisei
珠型 必勝定石とそれ以外との差が激しいことで有名な珠型。5手目しだいでは互角に戦うことができる珠型。
先手  後手  名勝負度
山月
sangetsu
珠型 直感だけで攻めるのも防ぐのも難しい珠型。特に4手目をどこにおけばいいのか知らないと苦労する。未知の局面が期待できます^−^
先手  後手  名勝負度
遊星
yuusei
珠型 かつて先手必敗と言われていた珠型だが、それは連珠での五珠二箇所打ちでの話。 実際には先手後手互角になるとも言われています。
先手  後手  名勝負度
間接打ち
名称 珠型図 説明
長星
tyousei
珠型 後手がやや有利な珠型。序盤の変化が一番多い形でもあり、かなり難解になる。間接打ちでの真剣勝負をしたいならこの珠型で決まり!
先手  後手  名勝負度
峡月
kyougetsu
珠型 渓月と同形になる形。直接でも間接でも同じ形を打つことができる便利な珠型です。
先手  後手  名勝負度
恒星
kousei
珠型 先手が必勝とも言われる形。しかしその道のりは険しい。 後手は辛抱強く守っていくしか手がない苦しい形。
先手  後手  名勝負度
水月
suigetsu
珠型 先手が有利な珠型であり後手は防御に苦労する珠型。4手目の防御法の1つに水鏡と呼ばれるものがあり、それが強防となる。
先手  後手  名勝負度
流星
ryuusei
珠型 先手後手互角、もしくは後手が有利だという話もあるが、めいぽだと先手後手互角になるのだろうか。5手目しだいでは後手の必勝にもなることがある。長星の次に難解な珠型となる。
先手  後手  名勝負度
雲月
ungetsu
珠型 形自体は雨月と同じ形になります。コチラの形も先手有利になりますが、後手の包囲作戦である桂馬の網には要注意。先手が一気に攻めるのは難しい。
先手  後手  名勝負度
浦月
hogetsu
珠型 ご存知先手必勝といわれる形。しかし必勝手順はそこそこ難しい。なお大会では禁止珠型に指定されている。
先手  後手  名勝負度
嵐月
rangetsu
珠型 先手が若干有利ともいわれる形。しかし後手の逆転もあるため油断ができない。 山月と同様に攻めるのも防ぐのも難しい。
先手  後手  名勝負度
銀月
gingetsu
珠型 先手が有利といわれる形。後手の防御は密集しても包囲しても、それ以上に先手が手が増やせてしまうため、後手は花月並みにしんどい。
先手  後手  名勝負度
明星
myoujou
珠型 先手が有利といわれる形。少なくても防御の幅は瑞星よりも狭まっている形。 先手の圧勝になることもある強い珠型。
先手  後手  名勝負度
斜月
syagetsu
珠型 めいぽでは1〜2位を争うほど先手が強力な形。大会では禁止珠型に指定されている。
先手  後手  名勝負度
名月
meigetsu
珠型 先手がかなり有利な形。序盤の攻撃力は相当なものがあるが、油断すると一発逆転で後手が勝ってしまうおもしろい形。
先手  後手  名勝負度
彗星
suisei
珠型 基本珠型からも外されている場合がある後手必勝と呼ばれている形。めいぽルールだと実際は先手後手互角かも知れない。
先手  後手  名勝負度