倉敷は、ポカポカ陽気ですっかり春めいて
桜の木には、花が咲き始めました。
今日は倉敷市内をウロウロと回っていて、車の中は暑いぐらいでした。
寒い寒いといっては、ヒーターの前で着替えをしたりしていましたが
季節は、確実に巡り回ってきます。
日々過ぎるのが少し怖いぐらいです。

今日、4月4日 地元紙山陽新聞朝刊にて。

キムさん著書 児童書 「きみの町にコウノトリがやってくる」が紹介されました。

さすが地元紙の強みです。
大勢の方達が「見たよ」 とメールや電話をくれました。
前日の夜、山陽新聞の大橋記者が明日朝刊に掲載します。
と、連絡がきました。 

正直、あまり大きく掲載されないだろうと思っていましたが
想像以上に大きく掲載されていてびっくりしました。

反面、取材を受けた日は風があり髪を整える時間もなく、
こんなに大きく掲載されるのだったら、整えていれば良かった... と恥かしい思いです。
私一人が気にしているだけで、誰もそこまで気に留めてないのは分かってはいますが...当然です!

さて、
3月30日、キムさんはFM豊岡にラジオ出演されていました。
もちろん「きみの町にコウノトリがやってくる」の本の紹介です。

私も突然とFM豊岡から電話があり、携帯電話での出演となりました。
キムさんは私のゲスト出演の件は知らされてないようで、
サプライズだとびっくりしておられました。

環境問題の象徴はコウノトリだけに限るわけではありませんが
この本を読んで、人間の身勝手で絶滅に追いやられたコウノトリの事
もっともっと知って欲しいと思います。





最近、日高町にいる筈のロクちゃん情報が、あまり来なくなりました。
果たして元気で過ごしているのだろうか、とても気になっています。
まだ日高町で悠々と過ごしているのだったら、心配はしませんが
どうしているだろうか...

まぁ! ロクちゃんはずっと単独で生きてきたコウノトリだから
逞しく生きているだろう。

その内に、私が会いに行くからね。




TOP 戻る 次へ MENU