ホームページ立ち上げの趣旨
 子供の頃から植物、動物を育てるのがすきでした。
沢山の植物を育て、枯らしながらだんだんと育てる骨を覚えてきました。大学に入り蘭と出会い、
その魅力にはまり蘭の栽培を始めました。きれいに咲いた蘭の花をひとりで見るのはもったいないですね、興味のある方には是非見て欲しい、そして蘭談義をしましょう!
この10年は蘭に加えてバラにも興味を持ち育てています。
  ところで、日本の食糧自給率40%はひどいですよね、独立国家として恥ずかしいとは思いませんか?地産地消と健康維持を目標に家庭菜園も始めました. 最近のむやみな地面の舗装に憤りを感じています。大雨の時の洪水被害は天罰ですよ!高度成長前のように一人一人が家の周囲の空間で家庭菜園を始めれば、少しでも自給率アップになると思うのですが如何でしょうか?私はさらに欲張って菜園の周囲に柑橘類等の果物も植えて無農薬の収穫物を楽しんでいます。 

所属団体リスト

四国蘭科協会America Orchid Society(AOS)
四国バラ会 香川洋らん友の会,日本蘭協会(JOS)
日本フラワーデサイナー協会(NFD)、マリエ花塾,

Topic

2014.1.7.
ランの開花シーズン開始。この冬はなかなかの出来だけど、異常気象か開花が例年に比べて早く展示会には
咲き終わりそうだ・・・・
ランのページへ
2013.10.31.
10月はじめに娘の結婚式でハワイにいきました。父の手作りのブーケを花嫁に!アレンジのページへ
2013.7.10.
今年は猛暑!暑い中での最近の収穫と蘭の開花
2013.6.26.
6月の蘭会合の人気投票で入賞、すてきな紫のカトレア、蘭のページへ
2013.6.12.
訳本’チェルノブイリ:放射能と栄養がアマゾンの方から割引で入手できるようになりました(下記参考)。

2013.5.30.
かなり更新に時間があいてしまった。先週の土曜の蘭会で持参した2株が人気投票に選ばれた。
綺麗なはなで切り取ってアレンジしてみた。
蘭のぺージへ

2013.2.18
2月も香川洋ラン会と四国蘭科協会の二つの会で入賞だ!、蘭のページへ
2013.1.14
ひさしぶりに更新、香川洋ラン会の人気投票で初めて入賞した。蘭のページへ
2012.9.30.
8年ぶりにカトレアが咲いた! 蘭のページへ
2012.8.7
キュウリの二期作に成功した。野菜のページへ
2012.08.25.
週間金曜日8月24日号 580円
特集 台所で減らす放射能: 食品からの内部ひばくを防ぐには”が掲載されました。ページ16−19.
摂取からの被ばくに心配の方、参考にしてください。20ぺーじから境野米子さんの放射能じょせんレシピーも載っています。
9月のはじめのサンデー毎日にも関連記事が掲載されます。

2012.07.10.
来週は梅雨開けのようです。七夕の日は東京は大雨、大地を守る会に招待され講演に行ってきました。
  放射能連続講座の2番手の講師です。タイトルは"正しい食事こそ最大の防御”です。私の現役時代の経験と最近の汚染状況をまとめてみました。
  Ustreamとかで約 2時間録画が見れますからHPに訪問してみてください。

2012.06.26.
読売新聞のホームページ、シリーズ"食べ物の放射能を測る”から取材、掲載されました。
2012.05.26
.四国蘭科協会の会合、人気投票2位に!(ギャラリー、蘭のページへ)
2012.05.11.福島原発事故、内部被ばくの真実が長崎新聞新書として出版されました。柴田義貞編集、長崎新聞新書、文庫版1200円です。
1部;福島・チェルノブイリ原発事故による食品汚染:白石久二雄
2部:福島原発事故におけるリスクコミュニケーション(座談会)から校正されています。
 1部は私、食品放射能の研究の一部からまとめたもの。日本人とウクライナ人の摂取状況など、・・・・
 2部は6人の専門家の本音で喋った座談会の様子をそのまま書いたもので、とても興味のある内容です。是非一読を!

2012.04.17.
NFD香川県支部講習会(アレンジのページへ掲載)

2012.4.6.
セシウム日常食調査デー追加(下記の表)

2012.3.23
先月に”食品と放射能問題 検討共同テーブル”から講演依頼をうけた。そのときの様子が大地を守る会の戎谷さんのプログに掲載されています。
是非とも目を通してみてください。


2012.3.7:
毎日新聞、3月6日朝刊に”再生への提 言 ”として、私の意見が掲載されました。食品の専門家としての意見がよく取材・掲載されていますので
是非よんでみてください。10人くらいの専門家のシリーズのようです。


2012.3.6 洋ラン展はじまる。高松三越店で3月6日から11日まで、会員の義務として3鉢出品した。カトレアに朝日新聞賞を受賞した。ラッキー!
 (ギャラリーのページへ)

2012.2.25:香川グリーンフェスタで入賞(アレンジのページへ)

2012.2.18:東京ドーム世界蘭展へ(ギャラリのページへ)


 最近、待ちに待ったトータルダイエット法(日常食調査法)による放射能の摂取状況がわかってきました。私が現役なら一番に調査したかったことです。下の表にこれまで私が知っている情報をまとめて見ました。いま、福島原発事故由来の放性セシウムの摂取の実態は被災地周辺では簡易型測定器の検出限界ぎりぎりの一桁のベクレルを摂取しているようです。表によると1日1人当たりの摂取量は最大220ベクレル(年間線量1.3ミリシーベルト)です。このケースは汚染された玄米食等をたべた結果です。

 4月からは規制値が一般食品100Bq/kgになりますが、一人2キログラムの食事を摂ったとすると200Bqですね。
つまり、キログラム当たり1桁から2桁のベクレル数を摂取する期間はしばらく続くものと思います。 
小さなお子さんや妊娠されてる方は念のために食材には注意された方がよいと思います。
 
 1960年代から継続されていた日常食の放射能調査(文科省ー日本分析センター実施)が2008年に中止されています、今こそ復活すべきと思います。これによるとフォール・アウトの影響を受けていた時、つまり1960年代の放射性セシウムの最大値は約5Bq/日ですから、現在の福島周辺の平均的な摂取量に相当しています。ちなみに事故前(2000年代初期)の値は0.05Bq/日です。ストロンチウム−90も同じ0.04Bq/日と報告されています。(2012.1.19)

チェルノブイリ事故後に共同研究の中で行ったウクライナやベラルーシで陰膳法調査の結果(セシウム−137)を参考のために記載しておきます。
下の写真は現地、キエフで私が食べたもの、もう一人分を準備してもらい1日分を瓶に集めてもらう。肉料理が多い、特に豚カツはおいしい!魚はまれにサーブ
量的にはかなり多かったですね。傾向としては甘い、油っぽい、塩辛いの健康3悪を踏襲している料理です。 放射線防護には和食の復活を薦めます

右端のカッターはチタン・ブレード製で食事を均一化するために日本から持参した


ウクライナ全国調査(1997-2005年)0.5-570Bq/人 /日 (メジアン8.8、試料数 約300)、
ベラルーシ(ゴメリ地域2000年調査)2.4-91Bq/人/日 (メジアン7.1、試料数 約30)でした.
事故は1986年でしたから15-20年後に住民が食べていた食事のデータです。事故直後はかなり高かったということですね。
ウクライナで事故後15-20年のセシウム摂取量が今の日本の値と同じレベルです。(2012.01.23)

食事、丸ごと調査というのはNHKの朝いちが名付けた言葉で陰膳法(陰膳方式)という日常食調査法のことです。


場所 調査時期 核種 濃度 摂取量 年線量 調査法# 期間 調査機関 ソース
Bq/kg Bq/日 mSv/年
目黒(東京) Cs-137 8.5 7.2 0.034 陰膳法 3日間 NHK、朝いち、全国7ヶ所 NHK
札幌ー福岡、6県 2011.10.? Cs-134+Cs137 ND 陰膳法 3日間 NHK、朝いち、全国7ヶ所 NHK
福島県4市 Cs-134 <7.2 0.050 マーケット・バスケット法 50日分 京大、小泉研 NHK
(50日分) Cs-137 <7.0 0.033 マーケット・バスケット法 50日分 京大、小泉研 NHK
福島県 2011.9 &11 C-134+Cs-137   3.39 0.019 マーケット・バスケット法 国立医薬品食品衛生研究所 朝日新聞
東京都 2011.9 &11 C-134+Cs-137   0.45 0.0026 マーケット・バスケット法 国立医薬品食品衛生研究所 朝日新聞
宮城県 2011.9 &11 C-134+Cs-137   3.11 0.018 マーケット・バスケット法 国立医薬品食品衛生研究所 朝日新聞
郡山 2011.11. C-134+Cs-137 <220 <1.3 3食+米+水 3日間 毎日新聞、全国11ヶ所 毎日新聞
高崎 2011.11. C-134+Cs-137 <81 <0.46 3食+米+水 3日間 毎日新聞、全国11ヶ所 毎日新聞
白石 2011.11. C-134+Cs-137 <33 <0.19 3食+米+水 3日間 毎日新聞、全国11ヶ所 毎日新聞
札幌ー福岡、8県 2011.11. C-134+Cs-137 <45 <0.26 3食+米+水 3日間 毎日新聞、全国11ヶ所 毎日新聞
宇都宮市 2011 C-134+Cs-137 <1.3 <3.6 <0.020 3食+水(陰膳法) 1日 下野新聞、一人 下野新聞
全国53家族 2011.12.04 C-134+Cs-137        
福島(26人) 2011.12.04 C-134+Cs-137 17.3(4.0) 0.099(0.023)* 陰膳法 1日 朝日新聞 朝日新聞
関東(16人) 2011.12.04 C-134+Cs-137 10.4(0.35) 0.059(0.002)* 陰膳法 1日 朝日新聞 朝日新聞
西日本(11人) 2011.12.04 C-134+Cs-137 0.62(ND) 0.004 (-)* 陰膳法 1日 朝日新聞 朝日新聞
東京 2011.03.12 C-134+Cs-137   0.002/0.003/0.007(乳児/幼児/大人) 膨大な飲食物中の濃度 事故?2011July 東大,村上道夫特任講師 NHK&HP
18都県(237件)(うち福島96件) 2011.11.14-3.23 C-134+Cs-137 福島 <12 (n=11) 福島<24   (n=11) 福島0.02-0.14 (n=11) 福島以外はDL値から  <0.02 陰膳法 2日間 日本生活協同組合連合会 NHK
*最大値(中央値)
#丸ごと調査はNHKの朝いちが言い始めたもので本当は陰膳法(方式)と言う。


2011年12月26日早朝のEテレでチルノブイリの映画が放送されました。
たまたま私が放射能の専門家として字幕の監修を頼まれたこともあり、この映画の存在をしったのです。
昨年のNHK映画祭の優秀賞の受賞作品だそうですよ!、90分ものです。
年末に、録画ビデオをみた所、なかなかの内容です。是非放射能汚染のある地域の方や周辺の方に見て欲しいと思い
HPに開始画面をのせました。
できるならこれからは1年に一度くらいは全国の小学、中学生には地震、津波、放射能事故の映画は
教育の一貫として見せるべきだと思いますが、どうおもわれますか?
 大人にも必要かな?忘れやすいから・・・・

12月15日に小学館のEduにお酢と緑黄色野菜と海草を主体としたレシピ−とかみさんが調理した写真が掲載されました。是非みてください。
 私の福島原発、放射能と食品の本(宮帯出版)が5冊懸賞で着いてます。ふるって応募してください。



最近出版された本、専門家8人の・・・・は解り易い本です。農の歳時記の方は園芸と放射能の両方にに興味の有る方に最適です、農協の出版です、農家の方にも推薦します。


放射能の影響はまだまだ長いつきあいになるでしょう。大人に比べて子供には3−10倍の影響が在ると言われています。子供の出版社から依頼されて書いた物です。参考にして下さい

日刊スポーツ誌の切り抜きです。ついにスポーツ誌も放射能汚染の問題をとりあげました。
11月1日から私の記事が6回掲載、現在40回くらい連載されています。時々怪しい内容もありますが、知識はふかまりますよ!




11月27日のNFD講習会の作品はお花のページにあります。

下記の
姉妹本福島原発事故:放射能と栄養”、白石久二雄著
宮帯出版社から9月8日に全国で発売されます(手直しが入り予定より2週間遅れました。すみません。定価935円
印刷部数が多いので自費出版に比べてかなり易くなりました!バンザーイ!

下記の訳本、『チェルノブイリ:放射能と栄養』の内容を基本にして日本の事情に合うように書き換えました。以前からリクエストがあった料理のレシピはロシア料理から日本料理の物に入れ替えました。栄養学と放射線防護学の2本の柱は揺るぎなく貫いていますから、内容は決して軽い本では有りません。理念、基礎、応用と『良書』で有ることを、著者の白石が保証します。  
放射能汚染はこれから全国規模で広がります、被災地域の方々、全国の食品による内部被ばくが心配な方々は、
是非、下記の訳本(自費出版)と共に手元に置いてください。
本屋さんで訳本と同じリンゴの絵の表紙(下の図)の本を捜してください。





***************************************
訳本 ”チェルノブイリ:放射能と栄養
V.N. コルズン、I.P. ロス、O.P. チェストフ、 白石久二訳
 

紹介と入手方法について。

 
汚染食品の摂取に興味がおありの方は無論のこと、お友達や御親戚の方が福島近辺にお住まいの方は是非この本を購入してプレゼントしてみては如何でしょうか?きっと喜ばれますよ。

福島原発による放射能汚染は残念ながら周辺の住民に決定的なダメージを与えているようですね!11年前に私が翻訳したこの本はチェルノブイリ事故後に周辺の住民に配布された小冊子です。一読してその内容に驚き、自費出版したものです。
 原著者の趣旨ー持ち歩いて何処でも見られるーに従いコンパクトな物にしあげました。従って字は少し小さめになりましたが・・・・
 今回の福島の事故に関連してこの本は新聞やインターネットなどで紹介されています。困ったことに何故か絶版扱いになっていますが。内容的には現在の汚染地域周辺に住んおられる方々、これからも住もうと予定されている方々には必読と思います。特に49ページ以降は他の本には見られない汚染食品の調理法に関して書かれているのが特徴です。参考までに本の表紙と目次などを掲示しました。 翻訳者より 

       
  原本の表紙



御必要な方は下記のメールアドレスに在庫状況をお問い合わせ下さい。


rose0878orchid@yahoo.co.jp (ホームページのtopにメールアイコンがあります

*************************************
自費出版ですので本屋さんでは入手できません。
初版の在庫は切れました。増刷分をお送りします。
印刷所を変更したら少し安く出来ました。
1100円(送料込み)
でお譲りしております。入金確認ができ次第に発送いたします。
送付先を忘れずに記載してください。住所不明で遅れない方があります。
振り込み先:郵便振替口座番号:01670-7-124279
        銀行からはゆうちょ銀行 169店 当座 0124279です。

最近、アマゾンの方からも購入可能になりました。
*************************************
20 Nov 2011
久しぶりにお花のレッスンに出かけました。今回はX-masも近くなったことだし、リースでした。
何年ぶり、3年?のリースづくり、少し肩が凝りましたが何とか満足できる状態にしあがりです。

22 Oct 2011
このところ講演に出かけることが多くて、HPの変更も一ヶ月してなかった様ですね。
秋も深まり、澄みきった夜の空気に漂うキンモクセイの香りは格別です。春に剪定しすぎて葉がしげりませんでしたが花は逆に良くさきました。野菜の苗も暇をみつけて防虫のトンネルの中で順調に育っています。



18 Sep 2011
今年の中秋の名月は見事でしたが、又台風が来てます。植木の水やりをせず済むのでラッキーですが、この気候の変化に年よりは付いて行けません。来週からは関東方面で講演依頼が沢山来ており、健康管理とできない気候の管理がです。今月のお花のレッスンは老人の日アイテムでした!
15日から家族が増えました。この5月に原発関連で忙しくて水替えできずに病気で死んだ(私が殺しようなもの)、ピンポンパールの稚魚たちです。今度こそは世話をしなくては・・・・

まだ、2cm足らずです、今回のは既に色が付いてます。餌くれくれとすぐ近寄ってきます。
2 September 2011
今朝から台風12号の影響で風雨が強くなっていますが、その分涼しので、カッパを着てキュウリの蔓とネットを片付けました。石灰を撒いて半ばにはダイコンを植える予定です。種まきの時期を外すと上手く育ちません。夜半に台風の目が上を通過するようです。洪水注意報は私が知る限りにおいて始めてです。蘭の鉢もバラバラと倒れてますがそのままです。台風一過にナメクジの活動前に起こさないといけません。
3 July, 2011
しばらくぶりに更新です。
ご存じの方もおられるかと思いますが、福島原発事故以来、食品の放射線専門が少なく
ノンビリと余生を送っている私のところへも雑誌やTVから取材依頼が殺到して、ついにTVに生出演になりました。最近はこんどは講演依頼と出版依頼で自称園芸家もお休み状態です。
ま、蘭の植え替えは今がシーズンなので早朝にはやってはますが・・・・・。
と言うことでテレビで元気な顔をみたら安心してください。感想なども下さい。
なんとかやってます状態です。


25 May, 2011

所属する瀬戸内バラ会の展示会が5月21-22日に高松ANAホテルにて開催された。私の庭のバラはシーズンが過ぎて、残り物の小輪のバラでブーケを作り参加した。良いできだと思ったのに入賞は出来なかった。審査は内々でアレンジメントが解らない人が決めるのだから仕方ないかな!多忙の中で出品したのでドット疲れた。
花材は全て私の家から調達した。バラはアンジェラ、桃アイスバーク、アンクルオーター、リトルウッドなど使用。
 ちなみに入賞作品は大型の育ちの良いバラばかりだ!同じ土俵で勝負するにはまずはすばらしい大輪のバラを育てることから始めないといけない・・・・・




NFDの講習会に(2011.4.17)
日曜日の午後に香川支部の総会と講習会があり参加した。今回の講師は高木優子先生、5つのデモがあった後に”かんなくずのクルクルブーケ”を作る。まずは先生の檜のかんなくずを使った大きな作品と講習で私が作った小さな作品。今回は好きな蘭の花が使っての作業でにっこりだ!残りはアレンジのページをみてね!


岡山の蘭屋さんに(2011.4.8)
今日はあいにくの小雨模様だけど、この日しか空いて無くて行きはJRで岡山駅(約1時間)ーバスで蘭園に。1時間程度蘭園を見て4鉢苗を購入した。蘭は展示即売のPhap. hynaldianum "Khotaro"6万円。これは高価で買えず。帰りは時間があるのでバスで岡山ー宇野港へ宇野港からは四国フェリーで高松港に、時間は2倍掛かったが、料金は400円安い。瀬戸大橋が出来、宇高連絡船が廃止されてから何年ぶりの船だろうか?小雨ながら最高の気分でした。今このフェリーは稚拙な民主党政権の高速道路無料化のあおりで経営状況悪化、廃業寸前です?島国日本が海運をなくしたら将来困ります。皆さん時間の許す時は橋を使わずフェリーを使いましょう!環境に優しく、安く、瀬戸の島々の良い景色が楽しめる。最高ですよ。


まだまだ春が来てます。(2011.4.7)
庭のシュウカイドウと椿(枝替わり)の花もさきました。この椿は特にお気に入りです。同じ枝替わりのサツキと違い世話が入らなくて最高です。サンルームの基礎のコンクリートが余り味気ないので基礎に添って植えたチューリップも無事開花しました。

春がきた(2011.3.15)
東北では震災に震えている人が沢山いる中、長い日本列島の南の我が家では梅の花も散り始め、今度はコブシ(?)の白い花が咲き始めました。側にあるカリンの木も芽吹き始めています。やはり春の到来には格別の喜びがあります。 メキャベツが寒波で背丈が何故か縮み、今年の収穫は無理かなと諦めてました。昨日、片付けようとネットを除いたら見キャベツが育ってました。早速収穫して食べました。美味しいことこの上なしです。

高松フェスタ(2011、2.26−27)
2月の末に高松フェスタで園芸の展示即売会がありました。蘭の即売もあるとの事で朝一番に行ってみました。
蘭の展示物の中で気に入った(レリアの交配種)とフラワーアレンジの賞をもらった物の一部の写真を掲載します。良く行っていた千葉の幕張メッセの展示会のイメージがあるので、この会場は狭い、暗い、寒いの3悪で、全体としてやはり田舎!と言う感じでした。がっくり!!



野鳥の餌付けに成功(2011.2.2)
リビングの前のサザンカの木にミカンをおいた所、メジロと名前不詳の鳥のえづけに成功しました。
メジロは一匹で来る子、ペアで来る子、子供連れなのか5羽で来る3グループあり。メジロの3−4倍ある野鳥(右端)は色が褐色と黒っぽいのが2匹、メジロと野鳥が交代で来ます。メジロは野鳥が大きいので恐いみたいですね。朝一番にミカンを半分に切って木にぶら下げると1日中ガラス越しに野鳥が楽しめます。


高松空港蘭展(2011.2.8.)
2月4−7日高松空港のロビーで洋らんの展示即売会がありました。性懲りも無く出かけて、4鉢買ってきました。展示会の気に入った写真を掲載します。素敵な色のカトレア、育種家上原さん(先日蘭の事でNHKの”美の壺””に出演した)の作品です(Rlc. Taiwan Sunraise " Orchis"。大株は名前を書いてくるのを忘れました。変わったパステル肌色(?)のカトレアです.パヒオはPaph. White Queen " Mishima Snow BM/JOGA), 最後の写真は1m位の背丈で珍しい花です。エピデンドラムとカトレアの交配種のようです。温室に一鉢欲しいところ。Epc. Rene Marques " Flame Thrower"


くすだま作成(2010.2.10)
所属しているバラ会(日本バラ会四国支部)が訳あって解散して新規のバラ会(瀬戸内バラ会)が発足することに、発足会のくすだま担当になりました。リースも可能ですが、直径30cmの粗末な物のリース代が3500円とか!それならばと工作好きな私は百円ショップで材料を集めて作ってみることに(作成の手順はフラワー・アレンジのページ参照)。始めての事で時間はかかりましたが、過去に習ったフラワーアレンジの腕を使い何とか満足したものができたと思います。裏面は材料がなくなりグリーで隠しましたが、地肌が出た状態で終わりです。材料代は中身のリボン等全て含めて4000円強でした。皆さんも手製のくす玉は如何でしょうか?


2010.11.14.NFD秋の講習会
能村敏幸NFD本部講師の下に”クリスマスの誘惑”と銘打った花束づくりに行って来ました。タイトルが良すぎて参加者はどんな物をつくるのかと疑心暗鬼!私の作品は右の方、上からの写真です。講師の先生は”きれいきれい”と誉めて過ぎ去りましたが、さて誘惑できるかな?  他のデモ作品はフラワーアレンジのページにあります。

2010年11月10日 蕪の間引き。
昨年、テレビの料理教室で蕪が美味しい物だと知り(これまでは余り興味の無い野菜でした)、種をまきました。虫よけのカバーもしたおかげでしっかりと発芽、生長。
少し、いえいえかなり間引きました。間引いた菜はけっこう美味でした。蕪は大根より発芽率も良く育てやすいようですね!収穫が楽しみです。

11月28日 蕪が右の写真の様に収穫サイズ(径約5cm)に成ってきました。昨日生で食べたら香りと食感が最高でした。ヤムヤム!



2010年10月30−31日に四国バラ会の秋の展示会が高松ANAクレメントで開催されました。私のバラは運悪く咲いてなくて出品できませんでしたが、日頃から会員の方々が育てたバラとバラを使ったアレンジが展示され、約200名の来客がありました。以下に金賞、銀賞、銅賞の作品を見てください。この猛暑の中でも上手い人は葉の色も花もちゃんとできているのには脱帽です。私のバラはうどん粉病にやられてまともな葉などついていません。私としては銀賞(中央の作品)の何とも言えないうす紫のバラ、スパイスカフェに魅了されました。トップのバラはヘテイジ、小花はローゼンライゲンです。



 ピンポンバールと言う我が家の新しい家族を紹介します。やっとリビングの温度が30度を下がり始めたので、水槽と水草を準備して待ってた金魚、お腹がプンプクリンの卓球玉にちなんだ名前の稚魚を購入してきました。日に3度の餌を食べ、食欲旺盛ですがなかなか緑の色から変わりません。予定では橙色に変わるはずなのですが、どんなきっかけで体色の変化が起こるのでしょうかね?我が家の山の神と体型がにてるので何とかJr1号2号・・・と呼んで餌をあげてます、 笑!



 10月21日のお昼前から我が家の駐車場に小鳥がやって来ました。キーキーキーキーとやけに騒がしいので外を見ると、この子、盛んに私の車の中に興味があるらしく、まるで中に子供か?恋人がいるらしい感じでホバリングしています。疲れたら近くで休みまた車の窓に何かに取り憑かれたようにバタバタバタと、日暮れまでやってました。
翌日も同様に飛んできてたのにはビックリ、どうしたのでしょうかね?スズメより少しばかり大きい尾の長い鳥ですが人が飼うような種類でもなさそう。なんと言う名前なのでしょうかね?
念のために鳥の気持ちになり車の中を確認しましたが特に興味深い物は発見出来ませんでした・・・・

 

 9月にNFDの3日間の長い講習会に参加しました。日本のトップクラスの講師の先生の指導の下で”構造的” と”非対称形の花嫁の花束”というタイトルの作品を作りました。修正無しの1発合格でした(写真)。我ながらも良くできたと思ってますが



 2010.Jun:今年の夏は暑いですね、育てている花も野菜も猛暑のせいでダメージを受けましたが、蘭の1種パフィオの王様と言われている原種のPaphiopedilum rothschildianumに花芽が付き、3輪の花が咲きました。ガーデアンケースで栽培しているのでこれまでは2輪が最高でしたが、一歩前進ですわ、来年は5−6輪の花を目指して世話を頑張るつもりです。5輪付いている方はPaphiopedilim Lebaudyanum. 6月の四国蘭科協会の会合に持参したところ、人気投票で3位に選ばれました。 hynaldianumとphylippinenseの交配種で温室も入らず低温に強い品種です。



トップページ