2004年11月の日記帳
今どのばらが咲いているか、どんな作業をしたかを気力の限り書き綴りました。

少しずつ硫酸カリ撒き
平日暗闇作業での硫酸カリ撒きをやりました。昨年はお湯に1000倍で溶かしたのを与えたのですが、硫酸カリは溶けにくい(砂糖や塩と比べての話し:もちろん水溶性です)のでばら撒きで昨日は与えました。量はひとつまみが基本で大鉢には少し増やしたりしました。今朝もこれから続きをやります。
2004年11月30日 05時23分

レンガ作業
タネ蒔きのポット上げが終わってバラの作業が出来ると思った矢先に始めたレンガ作業ですが、やっと土台となる1段目が土曜日、2段目が昨日の日曜日に終わりました。このペースでは今週末も全部費やしてやっと終わるかどうかと言う感じです。まだ11月だからと思ってバラの作業を延ばしていますがもうそこまで12月は来ています。慌てて昨日の夜、2Fは全部に硫酸カリを撒きました。平日暗闇作業で埋めるしかなさそうです。これから庭で硫酸カリを与えます。
2004年11月29日 05時38分

タネ撒きその後
秋撒きタネの内、まだポット上げが終わってなかったキャンディー・ドゥフトとクリサンサマム・ノースポールとルリタマアザミのポット上げがやっと終了しました。キャンディー・ドゥフトは完全モヤシ化していたので茎がすぐ折れてしまい、また発芽率も高かったので絡み合って作業が大変でした。
その後は落ち葉の掃き掃除と黒点病葉のちぎり集めをいつものようにやりました。やっと長かったポット上げの作業が終り、バラの作業が再開できるのでまずは、買ったままになっていた株の植付けをやりました。引き続き予定ではハイポネクス粉末を液肥にして潅水しようと思っていたのですが、家族と約束してあった花壇作りの工事を始めてしまったので、花壇完成までハイポネクスはお預けです。花壇とは、壁際に並べてあったつるバラ系の鉢を見栄えが悪いのでレンガで囲った大きなプランターを製作してそこに植えるというプロジェクトです。レンガで枠を組むのには、長さ調整のためにいくつかのレンガを切る必要があるのですが、ノコギリで回りに切り目を入れて木槌で叩いて割るというやり方で部品を作り終えた所までできました。セメントの乾燥を待ちながらの作業となるので、しばらくかかりそうです。
以上が先週末と祝日だった昨日の作業でした。黒点病で葉を随分落としたので庭が少し明るくなった気がします。夜の長さは驚くほど長くなりました。朝は6時でようやく薄明が始まるし、夕方は5時では真っ暗です。
2004年11月24日 05時58分

暗闇の中、第20回定期薬剤散布
治療中の歯が治療後にまた痛み出しました。日曜は歯医者が休みなので休日診療所に行き応急処置をしていただきました。前の時のように痛みが引かず、月曜日の朝にようやく治ってきたという感想を持ちました。あごの腫れが少しまだ残っています。そんな状況の中、普通に生活できたのは休みの内、土曜の午前中だけでしたので、落ち葉の清掃とキャンディードゥフトのポット上げ途中で作業は止まったままです。このままではいけないと、昨日の朝、3週間くらいやってなかった薬剤散布に踏み切りました。
害虫がいる雰囲気ではなかったので、ダコニール1000倍とサプロール1000倍をパンガード1000倍に混ぜて、あとキトサン2000倍と白砂糖500倍を加えたもので20L作って真っ暗闇の中、散布しました。いつも使っていた蓄圧式4Lのプラスティック製噴霧器は、加圧するときにハフハフ音を立てるので早朝散布では近所迷惑だ(周りが明るいと今まで気にしてませんでした、ご近所様ごめんなさい)と安眠妨害を訴える家族から言われたので、噴霧器をいつものA社製のからR社製のに替えて散布しました。ゆっくりと加圧するとハフハフ言いにくいものの、やはり少しは鳴ります。R社の景品でしたが初めて使ってみました。いつものツインノズルじゃないので時間が倍近くかかってしまって焦りました。加圧時にハフハフ鳴らない蓄圧式噴霧器ってないでしょうか、ステンレス容器のは高価ですが高圧(プラ製のが4kgf/cm2のに比べて7kgf/cm2位でしょうか)にできるので初めにポンピングしておくと散布中は加圧足さなくても行けると言う文言を見て買い替えを検討始めています。あくまで音の小さいのが欲しいので、動噴は対象外です。経験のある方、ご推奨などありましたらお知らせください。お願いします。
2004年11月18日 06時02分

予定作業が進みません
治療中の歯が木曜日に痛み出しました。木曜は歯医者が休みなので金曜日に急患ということで行こうと思いました。元々金曜日はバラ展に行こうと休みを申請してあったのでそれは良かったのですが。丸1日以上痛みを我慢していて辛い思いをしました。悩んだ挙句、バラ展に出品してから歯医者に向かいました。治療を受け、土曜日に経過を診察してもらいにいくことにしてバラ展会場に戻りました。金曜日は、歯の痛みの方がひどくて、花は出すだけ出した状態でした。
その夜、またも歯が痛み出し、歯医者の予約時間まで何もする気が起きませんでした。歯医者で治療を受け、その後は痛みは引いていきました。でもほっぺたが腫れていて違和感が残っています。そんな状況の中、本来3連休にしたのに、バラの世話はほとんどできず、窓辺でもやしになりかかっていたスイートアリッサム(先月タネを撒いたもの)とワスレナグサとオキシペンタラムブルースターをポット上げしました。まだまだある。こんなに一体どうするの?と言われながらももくもくとポット上げをしました。
2004年11月8日 06時00分

予定変更してバラ展へ
昨日は上の子の文化祭に行くと言う約束だったので、日本ばら会の秋のバラ展には行けないと思っていました。ところが間際になって、下の子との連携が効を奏して、バラ展に行けることになったのでした。その連携とは、次のようなものです。上の子が受験の前に学校説明などを母親と一緒に出かけていた時、下の子もついて行ってたそうです(平日のため私は職場)。ですからどうやら「上の子の学校=つまらない話を椅子に座っておとなしく聞いてなければならない退屈な場所」という印象が強くて文化祭のイメージは下の子にとっては未知の世界。ぼやいた一言が「ポケモンセンターに行きたい」でした。冴えていた私はすぐさまポケモンセンター=八重洲=バラ展という図式が浮かび、連携が成立したので、私と下の子は文化祭行きを免じられ、八重洲行きとなった訳です。祭日だから出品は多いのかと思っていましたが、意外にもアンティーク咲きの方は出品者も少なく寂しい感じでした。文化の日で逆に私たちのようにイベントが計画されていてバラ展に来れなかった人も多いのかなと想像しました。ただやはりさすが日本ばら会。大輪一輪花などのハイブリッド・ティーは思わず「スゴイ!」と思ってしまう花がずらりで驚きました。やはりたまにはこういうすごいのを見て目の保養をするのも必要だなと思いました。
2004年11月4日 05時59分

日曜日は黒点葉取りしました
日曜日は早くから雨が上がったので、気になっていた黒点葉取りをしました。かけてあった傘は月曜日朝に雨が降ると言うのでそのままにしておきました。でもどれにかけるかは難しいところで、開きすぎてしまいそうなのにかけても仕方ないし。今朝はこれから傘を取り込むつもりです。
2004年11月2日 05時31分

私のホームページへ