Rosaholicの日記帳
今どのばらが咲いているか、どんな作業をしたかを気力の限り書き綴りました。

追肥もそろそろファイナルフェーズ
秋花の前の窒素切り(肥料切りと呼ばれています)を間近に控えていますが、ウチは鉢が主体なので早々と肥料切りをやるわけにはいきません。というわけですが、さすがにもう9月が終りにきたので窒素系としては最後の有機物シリーズの施肥となります。土曜日は骨球とカニガラペレット、日曜日は木酢液500倍+花工場1000倍+海藻のエキス5000倍+EM-1活1000倍+EM-3原液1000倍で225L作って潅水しました。その後、魚粉と草木灰を撒いて、ほぼ完了です。今後は時間があればの話ですが、米糠どうしようかと迷っています。
2003年09月29日 05時29分30秒

2Fにて久々のモドキ散布
今朝は、予定では2Fの散布にEMストチュープラスの順番でしたが、前回のイオウフロアブルが雨にもかかわらず結構匂いも残っているので、それからストチュー作りには蜂蜜を湯煎しないと固まっているため面倒という理由で、思いつきで今朝は酸性水モドキVer.2を作って1L散布しました。観察を続けてきたアゲハの幼虫はユズの木から全部いなくなってしまいました。徐々に大きい固体からいなくなっていきました。虫追祭りが効いたのなら、死骸が落ちているはずですが全く見当たりません。隣の家の玄関先に大きなスズメバチの巣がありますので、アゲハはスズメバチに持っていかれたのではないかと想像しています。
2003年09月27日 07時29分02秒

台風15号のせいで
延期になっていた定期薬剤散布第14回をやりました。今回は倒れかかった鉢はありましたが風で倒れてしまった鉢が無くて、実質の台風の被害はありませんでした。定期散布の方は、薬箱を探っていたら出てきたトップジンMゾルを浸透性のある殺菌剤(黒点病の治療用として)入れたのが特徴で、あとはローテーションに従っています。木酢液1000倍+穀物酢500倍+尿素500倍+白砂糖500倍+ヨーゲン1000倍をベース(ここまでは葉面散布用です)に(以下殺菌殺虫狙いです)アプローチBI5000倍(展着剤:噴霧器詰まり防止用)+アクテリック乳剤1500倍(殺虫剤)+トップジンMゾル(治療用殺菌剤)+イオウフロアブル600倍(予防殺菌剤)+ニッソラン水和剤3500倍(殺ダニ剤)+ピカコー80倍(展着用植物活性剤)を20L作って全体散布しました。
2Fの散布は順番から行くとEMストチュープラスの番でしたが雨が降った後なのでアプローチBIを5000倍+イオウフロアブル600倍+バイオゴールド・バイタルを200倍+ピュアグリーンを500倍+虫追祭を300倍+アグリクールを500倍で1L作って全体散布しました。
庭の追肥の方は、腐葉土マルチ完了までやりました。後はつるばら系の枯れ枝切り、整枝をやりました。
2003年09月24日 06時02分18秒

夜が長くなってきました
朝5時から作業を開始していた頃がウソのようです。今朝などは、5時ではやっと薄明が始まったばかりでした。追肥プログラムは遅れに遅れていますがそろそろ打ち切りの時期が来ましたので、緩効性の肥料は止めにします。
2003年09月20日 05時11分33秒

腐葉土マルチその2
昨日の朝は、やり残した鉢のうち朝の短い時間をつかってではありますが、腐葉土マルチの続きをやりました。今朝はもう遅い時間(出勤時刻が近い!)ので水やりだけしか出来なさそうです。期末の忙しさのため睡眠時間を削る代わりに朝の作業時間を削ることになってしまっています。
2003年09月19日 05時52分09秒

1日遅れですが...
2Fベランダでの散布をしました。内容は、噴霧器の目詰まり防止用に展着剤のアプローチBIを5000倍+黒点病予防のイオウフロアブルを600倍+植物活性剤のバイオゴールド・バイタルを200倍+パラフィン系展着剤のピュアグリーンを500倍+虫追祭を300倍+アグリクールを500倍で1L作って全体散布しました。虫追祭は、特にユズに来ている4匹のアゲハチョウの幼虫に効果があるかどうかを見たいものだと思っています。効果なければテデトールでも良いのですが、バラに悪さをしないし、今年はユズ苗は花もまだ咲かなかったので葉が余りひどく減らないようであればアゲハに食べさせても良いかなと思って経過を見る予定です。
2003年09月18日 04時56分00秒

発酵鶏糞
燐酸を多く含む資材として骨粉が姿を消してから注目を集めているようですが、炭素と窒素の比すなわちC/N比が低くなりすぎるのが欠点なので、よく堆肥と一緒に施肥せよと言われます。昨日は1年以上ペットボトルの中で嫌気性発酵させた臭ーい鶏糞を取り出して土に埋めながら施肥して更にその上に腐葉土をマルチングのように置いていきました。腐葉土は40L入りのを買ってあったのですが、夕方に無くなり作業中断としました。その後、ホームセンターで同じのをもう一袋買ってきたので、平日の追肥プログラムの一環として作業します。
2003年09月16日 05時30分42秒

芽だし肥
一部の株には剪定直後にやったのですが、他の株にも全体的に(剪定しなかった株にも)芽出し肥をやりました。メインは硫安1000倍ですが、これに木酢液500倍+ダイエー液肥1000倍+EM-1原液1000倍+EM-3原液1000倍です。全部で300L作り、50L位余りました。余ったのは倍に薄めて今朝の水やりに使おうと思います。
ところで、これまで盲目的に安いと信じて使ってきたダイエー液肥ですが、480cc程度の容量の商品群の中では確かに安いのですがこのサイズしかなく、960cc入りになるとセールなどの場合売値ベースでは「花工場」の方が単価が安いということに気付きました。丁度ダイエー液肥を使い切った後にホームセンターで花工場960ccを見つけて乗り換えることにしました。大量に使う人はこちらがお徳です。
2003年09月15日 06時55分07秒

2F有機栽培コーナーでEMストチュー散布
最近雨が降らないので、3日毎の散布プログラムをやろうと思っています。昨日は3日前のイオウフロアブル+ニームに続いてのEMストチュー散布をしました。普通のEMストチューと違うと思ってるポイントは尿素500倍を入れて、黒点で葉を落とした株に元気になって欲しいという希望が込められていることです。EMストチューは、穀物酢300倍+蜂蜜(まだなくならない)500倍+25度焼酎100倍+尿素500倍+EM-1号1000倍で1L作りました。
2003年09月13日 07時48分18秒

定期薬剤散布第13回
10日振りの定期薬剤散布として、昨夜のうちに農薬以外の資材を混ぜ合わせておき、今朝農薬を混ぜて薬剤を20L作って全体散布としました。内容は、木酢液1000倍+穀物酢500倍+尿素500倍+白砂糖500倍+ヨーゲン1000倍+アプローチBI5000倍まではいつも通り、+バイオゴールドバイタル500倍は夏ばて防止用に(データに基づくのではなく、よかれという気持ちです)+マネージ乳剤1000倍(黒点病抑制狙い)+ピラニカEW2000倍(殺ダニ剤)+ジマンダイセン水和剤600倍(黒点病の予防用:新たに広がらないために)+ジェイエース水和剤1500倍(チャドクガが流行っているという噂もあったので...一般的な殺虫剤)+ピカコー80倍(降雨が見込まれないので80倍としました)。最近日の出が遅く明るくなるのを待って散布開始すると、出勤時刻に間に合わなくなるので大変です。今朝は起きるのが少し遅かったのが全ての原因でしたが大慌てで朝食を食べて、走って駅まで行きました。
2003年09月12日 05時49分37秒

剪定取り敢えず終り
パパ・メイアンも少し切り、長く伸びていた剪定対象でない株の枝も切り、全く日陰を作っていた黒点病の巣と成り果てたラ・レイヌ。ヴィクトリアの枝を特に古い枝を結構ばしばし切りました。随分明るくなりました。新しい枝と途中シュートは麻ひもで束ねて支柱にくくりつけました。後は最近の定番となった黒点葉取りをやりました。
今朝はコレコレを切らなければ...という束縛から逃れられたようで少しホッとしています。
2003年09月07日 07時12分08秒

朝の剪定(9/5朝の作業)
ついにやってしまった痛恨の寝過ごし。パソコンに向かう時間を削り(9/4朝の作業のアップロードが遅れた理由がここにあります)、朝食をかきこみ何とか剪定の時間をいつもより10分ほど短いながらも確保して朝の剪定をやりました。という訳で多くは出来ずに明日に持ち越しとなりましたが、今朝やったのは、高雄、コロラマ、ロイヤル・ハイネス、マダム・ヒデ、ヘレン・トローベル、シージャック、天津乙女、ラブです。今朝の予定だったパパ・メイヤンなどは明日の朝としますが、その他のHTで剪定候補に上げなかった品種は整枝くらに留めようかと思ったりしています。今から切っても見頃の時期に咲かないかも知れませんから。もともと剪定候補にしなかった品種は剪定日から開花日までの日数データを取るという意味合いも余り無いので気が向いたら切ってみるかも知れません。
2003年09月06日 06時56分10秒

朝の剪定(9/4朝の作業)
毎朝何かしらのやり残しがあるもので、昨日剪定の予定だった晴世から初めて、ダイアナ・プリンセス・オブ・ウエールズ、朝雲、芳純、ジェミニ(1号)、ティネケ、リオ・サンバ、パレオ90、シャルル・ド・ゴール、ディオラマまでで時間切れになりました。大物が多かったせいか時間の割には昨日に比べて剪定できた株数が少なかったです。
2003年09月06日 06時55分24秒

朝の剪定つづき(9/3朝の作業)
昨日の予定だったピースから始め、ガーデン・パーティー、メルヘン・ケーニギン、黒真珠、レディー・ラック、コンフィデンス、王朝、スイート・アフトン、リメンバー・ミー、そどおり姫、インビテイション、キャンディー・ストライプ、ダブル・ディライト、マドリガル、化粧坂、ストリーム、ソニア、モダン・タイムズ、彩雲を剪定しました。
2003年09月04日 04時45分18秒

朝の剪定(9/2朝のことです)
今日(9/2)の予定だった大文字、ノービー、デイム和子、ヘンリー・フォード、アドミラル・ロドニー、ブラック・ティー、春芳、ファースト・プライズを剪定し、追加でノーデータのマリア・カラス、ラ・マルセイエーズ、初雁をデータ取りのために剪定しました。本当はピースも今日の予定でしたが、時間が無くて明日に延期しました。当初はコンテスト向きの株のみを剪定の対象にしようと思っていたのですが、やり始めてみると、剪定株の横に置いてあるHT種にも手が出てしまい、結局HTは何だかんだと言っても剪定してしまいそうです。
2003年09月03日 04時49分33秒

定期薬剤散布第12回
10日に1回のペースに上げました。まだ黒点病が治まらない株があるので悩みの種です。本当の悩みの種は時間がないことです。だって黒点病葉を取り除く作業もHT系ではほぼ完了して正常状態(病葉=黒点病菌の巣が取り除かれて予防剤とか保護膜で守られている状態)に戻りつつありますが、病葉の巣となったつるばら(La Reine Victoria, Uncle Walter等)の葉っぱ取りまで手が回っていないのです。黒点病葉を残したまま薬剤散布をしてもダメよという話は頭で分かってはいるのですがなかなか別の作業の都合もあって病葉取りが完了していないのです。でも殺菌だけでなくホソオビアシブトクチバを中心とした害虫も目立っているので、と考えて薬剤散布をしました。その前が随分間が空いてしまったことも手伝い、定期散布として「やらないよりもやった方がマシ」と考えています。さて、内容は、木酢液1000倍+穀物酢500倍+尿素500倍+白砂糖500倍+ヨーゲン1000倍+アプローチBI5000倍+バイオゴールドバイタル500倍+海藻エキス10000倍+鱗翅目への効果が高くかつハダニの天敵には作用しない新薬のアファーム乳剤2500倍+予防殺菌剤のダコニール2000倍+黒点病治療用にラリー水和剤3000倍+殺ダニ剤のオサダン1500倍+アブラムシ等の殺虫用にジェイエース(オルトランと成分=アセフェート50%というのは同じ、界面活性剤が別物で水に溶かすと青い、ベニカエース液剤みたい。しかもオルトランより安い)1500倍+ピカコー80倍で20L作って全体散布しました。
計画では9/1に剪定する品種は決めてなかったのですが、自分にとって開花期ノーデータのモノを中心に剪定しました。ライラック・タイム、光華、ラジオ、サッターズ・ゴールド、クリムゾン・グローリー、ウイミイ、ニュージーランド、チボリ・ガーデン(ポーデュース)、武蔵野、ラブ・アンド・ピース、ビクトル・ユーゴを剪定しました。あと、EMぼかし肥を土に穴を掘って埋める作業(追肥)を時間の限りやっておきました。残りは今週末にやる予定です。久し振りに追肥らしい追肥です。梅雨から8月は雨のせいで追肥プログラムはメタメタです。
2003年09月03日 04時48分08秒

本剪定開始(日記の投稿が遅れてしまいました)
予備剪定したのもしなかったのも、超遅咲き種から遅咲き種へと剪定を開始しました。黒点病葉取りに追われて、剪定開始が遅れました。8/26予定だったドルチェ・ビータ、ブルグント81、武州、フロージンと8/29予定だったレッド・ライオン、熱情、ロージ・クリスタル、8/31予定だったプリンセス・ド・モナコ、マダム・ビオレ、クリスチャン・ディオール、乾杯、清涼殿、コルデス・パーフェクタ、丹頂を全部まとめて8/31に一応この順番で朝から夕方にかけて剪定しました。剪定した株を対象に硫安1000倍で芽出し肥として潅水しました。
2003年09月03日 04時47分20秒

私のホームページへ | PowderRoomのページへ | メイン | 今すぐ登録