2003年5月の日記帳
今どのばらが咲いているか、どんな作業をしたかを気力の限り書き綴りました。

花がら摘み+テデトール
つるばらは咲いたときは良いのですが、花がら摘みがえらく大変です。やらなくて良いという話も聞きますが、美観を損ねるのでやっています。最近定期散布をしたばかりだというのにアブラムシをはじめアオムシが散見されます。薬剤が十分でなかったのでかけ残しが出ている可能性が高いです。天気予報では土日が雨になっていたので、臨時の部分散布をしようにもちょっと困っています。取り敢えずテデトールで部分的には対応しました。
2003年05月30日 05時24分52秒

つるばら含めて花がら摘み
特にDloire de Dijonの花がらが汚いく見えるし、Altissimoの花がらには灰色カビが付いているし、La Reine Victoriaはボトで茶色くなっているしということで、高枝切り、脚立など動員してほぼ日曜日1日かけて花がら切りをしました。残った時間で新苗の鉢上げをしました(まだ残ってる!)。
2003年05月25日 22時47分30秒

定期薬剤散布
ウドン粉はなんとか治まっているようですが、アブラムシやガの幼虫が散見されるので、それから前回から2週間ということで、定期散布を土曜日の朝やりました。現代農業6月号のキュウリへの散布の記事を見て影響されたので、まず葉表→葉裏の順番で散布してたら15L作ったのですが足りなくなってしまいました。足りなかった箇所については、今週中に何らかの手を打ちたいものです。具体的散布の内容は、木酢液1000倍+穀物酢1000倍+尿素500倍+白砂糖500倍+ヨーゲン1000倍+アプローチBI5000倍+スミチオン2000倍+ストロビードライフロアブル3500倍+ジマンダイセン800倍+ニッソラン3500倍+ピカコー80倍を15Lでした。
2003年05月25日 22時46分36秒

2F無農薬コーナーでの散布
アブラムシをテデトール、黒点葉はチギリトール、ウドン粉はフキトールでこれまでなんとか来ていましたが、ニームとクララの使い方をどうしようかという状態なのですが、今年も余り早急に結論を狙わずにやっていこうと思います。2Fベランダは、昨年までに比べて、比較的病害虫に弱いと考えられる新苗(冬に接木したもの)が多くあるので無農薬が厳しい状況です。今朝は、木酢液1000倍+バイオゴールドバイタル200倍+バイオアクトTS1000倍+アグリクール1000倍で1L作って散布しました。穀物酢を入れてみたり、例によって尿素+白砂糖+ヨーゲンの葉面散布も続けるつもりでしたが、今朝は時間が無くて、単純にしてみました。花がら切りもいっぱいあるし...。
2003年05月23日 06時04分05秒

やっと雨があがりました。
風邪を引いて辛い日々を送っています。日曜の夜から雨は降ったり止んだりでしたが、今朝ようやくあがりました。風邪もピークを過ぎたようです。つぼみに支柱立てでも始めないとかわいそうです。
2003年05月21日 05時17分02秒

花がら摘み〜ばら庭拝見
午前中は花がら摘みをやり、特にLa Reine Victoriaは100以上切って疲れました。午後は、屋上でばらを全て鉢で育てている方のばら庭(ルーフガーデン)を見せていただきに行きました。鉢栽培の目指すべき姿がそこにはあり、ただ単に品種数を増やしてきたウチの状況を考えさせられることとなりました。昨年の新苗が1年で市販の大苗よりも立派になっているさまを見ると、もっと頑張らなければとやる気が出てきました。
2003年05月19日 05時40分13秒

今がピークです
もちろん遅咲きの原種系などを含めてまだ開花してない株も多いですが、派手なミニとフロリ系は今が身頃になりました。お近くの方はお出かけください。いつもオープンガーデンですのでご自由に道路からご覧になってください。そういう訳で、Gloire de Dijonなど終った花の咲きがら摘みなどをやりました。お客様がみえたり、こちらから訪問したりと、バラの作業以外の忙しさがあります。
2003年05月18日 07時36分20秒

雨よけ取り付け
目ぼしい花に雨よけを取り付けて夕方から今日にかけての雨の対策としました。新たに開花したのは、 Editor McFarland、Tchin-Tchin、Ben Moon、朝雲、新雪です。現在開花中なのが100種類を超えました。
2003年05月15日 05時20分58秒

首直し、枝直し
第5回国際バラとガーデニングショー出品に向けて、 本当は1週間くらい前からやらなければならなかった はずの枝と花首の曲がりの矯正を、日曜日くらい からようやく始めました。どの花が開花タイミング が合うのか分からないし、開いてみないと芯の具合 などは分からないのですが、少なくとも花を真っ直ぐに 立てておかないとそのせいで芯がずれたり巻きが 乱れたりしてはいけないので、この意味からも 色づいたつぼみの大きいのとガクの降りたつぼみを 対象に支柱にくくり付けました。結構持っていける ような花なんて取れないものです。ステムが短い、 葉が強風でずたずた、開花時期が合わない(咲い、開きすぎ) など。これから当日に向けて、枝直しの矯正をかけ なかった直立性のステムを含め、更に候補のピックアップ と一方では絞り込みを同時に進める必要があります。 見過ごしていた副蕾が随分大きくなってグランディ フローラ化したステムを見つけたジェミニは候補から 脱落して悲しい・悔しい・反省です。もう手遅れなので、 この時期はグランディフローラ道を進ませます。
限られた朝の出勤前の時間のばたばたしている中でも、 一応、開花株をチェックしました。Lilac Time, Radio, Crimson Glory, Dianna Princess of Wales, Mary Magdalene, Ambridge Rose, 祭り, Celestial, Modern Times, Rosa damascena, Glamis Castle, Peace, Blue Parfum, Tiffany, Stainless Steal, Neige Parfum, 晴世, Diorama, かがやき, 光彩, Granada, Pink Grootendorst, White Grootendorst, Fashion Parade, Peach Meillandina, Mickey, Rote Roze, 胡蝶, R. multiflora, R. hirtula, R. moschata, Oklahoma, Mister Lincoln, Love, 天津乙女, Rio Samba, Sharifa Asma, 初雁などが咲きました、あるいは咲いているのに 気づいていませんでした、あるいは咲いていたのに日記に 書きそびれていました。中には、もう既に開花宣言をしたのに 重複している品種もあるかも知れません。一方、もう1番花が終わって しまったのは、Sutter's Gold, 高雄, 本当は咲かせないつもりだった Louis XIVと黒真珠(新苗)です。
2003年05月14日 05時52分09秒

定期散布4回目
定期散布の間にニームなり、バイオゴールドバイタルなりの全体散布と ウドン粉病株への個別部分散と2Fベランダのアブラムシ対策のための 20倍ピカコー散布などをやりたいと思いつつ、強風の日、睡眠不足の朝 などのためにスケジュール的に定期散布になってしまいました。 窒素を抜くために硫マグを撒いた後だったのですが、コンテストを考慮 するとまだまだステムが十分長くないなどの対策として、尿素を抜かずに 普通のメニューでの定期散布を日曜の朝に行いました。全体にウドン粉が 出かかっているのが散見されていたので、ミラネシンを入れてみました。 具体的には、木酢液1000倍+尿素500倍+白砂糖500倍+ヨーゲン1000倍+ アプローチBI5000倍+フルピカフロアブル3500倍+ミラネシン1500倍+ オルトラン1500倍+ピカコー50倍で14L作りました。フルピカはダコニール と同じ様に予防的に殺菌剤の残効性の高いものという期待で使いました。 ローテーションの中のひとつです。
2003年05月13日 06時23分10秒

今日の開花
新たに開花したのは、アンクル・ウォルター、ガーデン・パーティー、オーバーナイト・センセイション、ヨーロピアナ、イレネ・ワッツ、チャールストン、芳純、フリュイテ、デインティ・ベス、フランシス・デュブリュイです。
本当は今週のどこかでウドン粉病対策の全体散布を追加したかったのですが、天候と時間が取れなかったせいで早くても明朝となりそうです。アブラムシに関してはヒラタアブの数も増えてきたし、テントウムシも増えてきたのでテデトール(と言っても作業はビビたるもの)のみで来ています。
2003年05月09日 05時56分38秒

今日の開花
新たに開花したのは、レディー・ヒリンドン、スイート・アフトン、フリージア、ヴィリディフローラ、テディー・ベア、ホワイト・ラン、オーバーザレインボウ、ショートケーキ、リトル・アーティストです。続々と開花してきています。なのに何だよこの風の強さは!!予定していた作業が全く出来ません。
2003年05月08日 06時17分17秒

残りの作業も終了
草木灰を撒き、自動水やりノズルの増設を完了して、更に実生の原種たちを2号素焼き鉢に鉢上げしました。これでゴールデンウイーク中に予定していた作業は概ね終了です。あとは、追肥スケジュールを途中省いて硫酸マグネシウムを撒きました。来週カルシウム剤をまけば拮抗作用を利用した窒素無効化の施策が完了です。
新たに開花したのは、つるブルームーンとロズマリン(Min)です。
2003年05月06日 05時18分31秒

EM-1活性液1000倍+レインボー液肥1000倍を潅水
先週、風呂の残り湯を雨水たまる君に取っておいた水に4/30に雨が降って満杯(100L)になっていました。これにEM活性液100ccとレインボー液肥100ccを入れて潅水に使いました。全部の株に100Lでは足りないのは分かっていたのですが、どれだけ足りないのかを測ってみようと思い立ち、まずバケツで50Lの水道水を空になった雨水たまる君に入れて、ここで塩素系の対策として木酢液1000倍を入れた後、レインボー液肥1000倍+EM活性液1000倍を入れたものを残りの株の潅水に使ったところ、あと10L足りないことが分かりました。次回より雨水100Lを使い終わった後には60L作ることにします。
昼はバーベキューをやったので灰と木炭の破片が出ました。これを適当に鉢土に撒きました。全部の鉢に行き渡らなかったので、残りの鉢は草木灰を撒こうと思っています(今日の作業予定です)。
後は、自動水やりのノズル増設を予定の2/3終え、後1箇所のみ今日に持ち越しました。
本日の開花状況:新規に咲いたのは、Blanc Double de Coubertと黒真珠、Red Minimo、Easter Morning、Remember Meでした。
2003年05月05日 06時53分03秒

米糠追肥
今年の施肥計画は全く予定通り行えず、やりそびれている資材が残っている内に開花期を迎えてしまいそうです。既に開花は始まっているので全く間に合っていないと言わざるを得ません。燐酸系でもやっと米糠まで到達していて、過燐酸石灰まで来てやっと窒素無効化施肥の石灰、硫マグなどに移行するはずでしたが、窒素も十分やれないまま、窒素無効化へ今週後半あたりから移行する予定(希望)です。
実際の作業としては、米糠を撒いてから自動水やりの系統を変更する工事までやり終えました。本当は、自動水やりの増設もやる予定だったのですが、系統変更工事の際に要修理の箇所を見つけてその対応をしていたために時間切れとなってしまいました。水道用のY型分岐とホースバンドなどを買いにホームセンター回ってみましたが、今年はなぜか新苗の扱いが極端に少ないのが特徴ですね。
2003年05月04日 06時35分51秒

酸性水もどきVer.2を散布
昨日は2F、今朝は1Fでもどきを全体散布15Lしました。前から少しずつ塗っていたウッドフェンスのキシラデコール塗りがようやく終わりました。
昨日から今朝にかけての開花は、Louise Odier、Golden Showers、高雄、Princess de Monacoでした。Mutabilisも開きかけていて美しいです。
2003年05月03日 06時58分22秒

私のホームページへ | PowderRoomのページへ | メイン | 今すぐ登録