ホザ−リオは広島県福山市で、青空と笑顔を愛する
仲間たちが結成したサンバチームです




●Rosa-Rio(ホザ−リオ)の由来

Rosa-Rioには3つの意味と思いが込められています。

  1. Rosa(ホ−ザ):
    福山市のシンボル=バラの花
  2. Rio(ヒオ):
    ブラジルのカーニバルのメッカ=リオネジャネイロ
  3. Rosa'Rio(ホザ−リオ):
    数珠、一連の輪=サンバを愛する仲間との友情の輪

Rosa-Rioのポリシー

その一、出会いは宝じゃ
そのニ、音楽は本物を追求
その三、踊れば晴れる


2004年結成、広島県福山市とその近隣在住12人組(男5、女7)サンバチーム。通称「ホザ−リオ」。地元福山に拠点を置き、それぞれ仕事や家庭を守りつつも案外本気でサンバ活動を営む。月2回のペースで練習を行い、最近では神戸まつりに初出場をとげたホザ−リオ。メンバーの年齢差は22歳!ばりばりの広島弁(若干奈良弁)を使い、全員揃うとまるで町内会の会合のよう。アットホームで田舎臭さ満点な性格が、そこはかとなく音にも反映され、土着的音楽「サンバ」と相性ピッタリ。


■メンバープロフィール 現在12名で活動中。もっともっと仲間よあつまれ!
CHI HIRO MIWA ETSU BABE
ARI TAKA AI OME NAKA
OGA MOR EGU BOSS EKI